ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

物価高を嘆く

ロンドンのパルと物価高に嘆いた。
月末になるとお金が尽きて本当にしんどい…と彼女が語っていた。
最近、再就職をしてストレスは減るはずがなぜか増えて
ついでに彼女の娘ちゃんのストレスも増えて
疲れた自分と娘ちゃんに”ご褒美”も増えて、
それでも収入が増えたハズなのにストレス…という話だった。

物価高は本当に恐ろしい。我が家は週に10本以上の牛乳を消費するので
この物価高についに週5本は調整牛乳に。
そのほかにも「もやし率が高すぎない?」とこどもたちに指摘されようと
「こんにゃくも増えたね」と言われようとも
「豆腐…また?」と言われようとも、聞こえません!

そんな話をロンドンのパルとしていたら、彼女が我が家の世帯は
どこの階級かと聞くので、下流でも上流でもない中流…だと
多くの日本人同様に思っているのだけれど、と話したところ
ロンドンのパル家の世帯収入、上位5%だとか。
前にも聞いた気がするけれど、すっかり忘れてた!
そうだ、彼女のパートナーは超高収入だったんだ。
そんな家と食費節約だとかローンの話をしたけれど…。

彼女一家が日本に来た時に数日我が家に泊まった。
全身ブランド服だったりするのかしら?と思ったら、
超よれよれの下着でびっくりしたんだった…。
(気にならないなら、洗濯するよ、と伝えると気にならないということで
洗濯した)
そうか!日本で捨てて帰る方式か!と思ったら、持ち帰ったらしい。
上位5%なのに、下着はそれなのか?!
私の家庭料理や中流の我が家が行くレストランで口に合うのかしら?と
思ったけれど、絶賛…。あまりにもふつうのところでも絶賛するので
舌が肥えていないのでは?疑惑まで浮上。
お土産を買い過ぎていると妻に注意する彼は超高収入なのでは???
上位5%とは聞くけれど、ふつうだったね…と言い合う。
(結局、その人の性格?)
そういえば彼女たちは往復に格安空港のエコノミー利用だった!
彼女たちの家はいま、1億数千万円…(円安のため)
それでも、ロンドンのパルは「生活が苦しい」と言う。
うん、うん、と聞きながら、上位5%で生活が苦しいって、
残りの95%はどうなるわけ?と喉まででかかって止める。

収入があればあるほど幸福になれると思いがちだけれど、
実際は年収800万円が幸福度の限界点だといわれている。
それが真実かどうかはわからないけれど、
上位5%にいても「リッチだと感じられない」と
ロンドンのパルが言ったことは衝撃だった。