ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

『ベーシックサービス 「貯蓄ゼロでも不安ゼロの社会」』

”ベーシックサービス”という言葉を目にした。
ベーシックインカムは聞いたことあるけれど、”ベーシックサービス”は
初耳だったので調べてみると、
「医療、介護、教育などのサービスを収入の多少にかかわらず
すべての人が使えるようにする」という提案らしい。
財源は?と、すぐに思ってしまうけれど、ちょっと興味があったので
発案者の本を読んでみた。

『ベーシックサービス 「貯蓄ゼロでも不安ゼロの社会」』

著者の経歴、ラサール高校→東大→慶応教授、
母子家庭で「母と叔母が借金にまみれながら学費を捻出」という経歴に
そうか、だから”ベーシックサービス”なのかと
すでに本を読んだ気になってしまいそうになった。
私の経験では、高学歴(大卒と言う意味ではなく高い偏差値の大学卒)の
人々は往々にして自分の学歴や学力を”自らの努力で得たもの”と
思っている。
いや、それは確かに正しい。でも、完璧ではない。
親の世帯年収文化資本といった環境要素も大きいし、なによりも
”運”も大きい、と私自身は年々、思うようになってきている。
大黒柱を大学卒業するまで失わなかったこと、
不景気の中でも大黒柱が失業しなかったこと、
(上記の理由で大学を去った友が数人いる…
私立大学なら同窓生による奨学金もあるけれど、国公立大学にはない、と
教授たちが言っていた時、衝撃を受けた。…20年前の話だけれど)
それはもう”努力”ではどうにもできない”運”があった。
彼らと私の違い、それはもうただの”運”だと思った。
ただの幸運。
その一方でただ不運に見舞われなかっただけの人たちが学歴がない人を
”努力しなかった”とみなすことに私はどうにもやるせない憤懣を抱えていた。
いつ不運に見舞われるかもしれない、と私は怯えているので
ベーシックサービスという考え方には賛同できる。

本書で出てきた「恥ずべき暴露」(shameful revelation)
哲学者、ジョナサン・ウルフの言葉で、生活保護申請者が
申請に際し、いかに自分が貧しく、弱い存在であるかを告白しなければ
いけない感情を見事に言い表している、と出てくる。

最近ではお店などでよく見かけるようになった女子トイレに置かれている
”生理用ナプキン”。
我が家のこどもたちの中学校では”保健室の先生に申告すればもらえる”
と子どもたちが言っていて、私は「はい?」と呆れ、
ママ友たちに「どう思う?!」と、同じように怒るだろうと思ったら
「それでいいんじゃない?」と言われて驚いたことがある。
えっ?そうなの?「生理中なのにナプキン忘れました!」レベルから
「経済的に困窮を極めていて今月はナプキンを買えそうにない」レベルまで
先生に報告するの?
なんのために?ナプキン1つか2つもらうために、そこまでの
自分の状況を語らせるの?そこに違和感は感じないの?と驚いた。
生理用ナプキン、1枚3000円するわけでもないのに?
そのナプキン1枚に払わせる精神的代償に見合っているのか?
話を聞いて、その後の対応を学校は何かしてくれるのか?

ベーシックサービスとはなにか、の入門書に最適な一冊。
とても読みやすいやわらかな文章。
この本を入り口に多くの人が政府に求めるものは?
自分の幸運さや公平さとは?について考え始めるだろう。

性別

中2になった息子が「書類に不備があった!間違えている!」と
憤りながら帰ってきた。
えっ?もしかして、またやってしまった?
子どもたち3人の生年月日をよく間違える…。
太郎の生年月日に花子の生年月日を書いたり、
次郎の生まれ年を花子の生まれ年にしたり、
花子の生年月日に太郎の生年月日を書いたり…
「もう誰も合ってない」と子どもたちに呆れられる。
こどもたちが小さい時の健診票に出生時刻まで正しく書けていた。
「誕生日を間違える親なんて、信じられない!」と思っていたのに
いまはもう「誰一人あってないから」とこどもたちが自分でチェックする。

そんな私が書いたこどもたちの書類、戻ってきた?
生年月日、チェックしたんでしょ?と中2の息子に聞くと、
「生年月日ではないところが違う」と。
まさかの自宅住所?(3年前に引っ越したので)と確認、
まさかの電話番号?(3年前に引っ越したので)と確認、
合ってる。
生年月日も!
どこが問題なの?と聞くと、「ココ!!」と息子が指さした先は
まさかの性別。”女”に〇をつけてた。
・・・あら。
でも、これ心臓健診の問診票で、性別により心臓の位置が違うわけでも
心臓の数が違うわけでもないのに
性別を記入させる必要があるのか?というところから
ちょっと聞きたい!と言ってみたけれど、息子は
「間違いをさっさと認めて修正して」と冷たかった。

そんな”性別”、春から高校生の息子の入学説明会で生徒指導の先生が
制服について話していた。
「わが校でも女子生徒がスカートかズボンを選べるようになっています。
男子生徒でもスカートが着用したい場合は‥‥検討します。」

息子とは違う高校に通う娘の高校も制服にズボンが導入され、
ズボンを選んでいる女子生徒も多く見かける。
「男子生徒のスカートも検討する」という発言に生徒指導の先生の年代の
限界を垣間見た気がした。
男子生徒のスカート着用は”検討”案件なのか?と。
「制服にはスカートとズボンがあります」でよかったのでは?
そこに”性別”による区別をする必要があったのか?と
ずっと心に引っかかっている。だからきっと中2の息子の性別欄も
誤記入したに違いない…ということにしたい。

私ならいろいろと引っかかって、結構、厳しい高校生活を送ることになる、
と思っているので息子の高校生活を心配していた。
「クラスに同じ中学校からの人は一人もいない」という状況の中、
すでに教室でグループは出来上がっていて(同じ中学校出身の?)
「お弁当を食べる相手がおらず、椅子もなく、校舎をさまよって
お弁当を食べることなく昼休みが過ぎた」なんていう状況に
息子と同じ中学校出身の友達がなっているという話に心配で仕方がない。
毎日、息子が帰宅すると「Bくんはお弁当食べれたのか?」と
心配で息子よりも先にBくんのことを聞く。
「今日も校舎をさまよったらしい」と聞くと、お弁当が詰まったままの
お弁当箱を夜に見るママさんの気持ちを想像し、私が泣けてくる。
初日は「教室でがんばれ!友達を作るんだ!」と伝えていたけれど、
3日目にもなると、「一緒にお弁当を食べてあげなさい!」にした。
ランチタイムに見知らぬ校舎をさまよう新1年生の心細さを
想像するだけで泣けてくる!お昼になると息子ではなくB君の心配をしている。
他人の私でこれなら、Bくんのお母さんはどれほど心配だろうか…と。

まさかうちの太郎も同じ状況なのか?と聞くと、
太郎は出来上がったグループの中で一番大きいところへ初日から
入れてもらったらしい。
「友達を作るのに効率良いやろ?1日で10人や!」と。
その10人の中でまた別の中学校の友人を紹介され…と倍々ゲームらしい。
楽しい高校生活を送ってほしいと心から思う。
自分のこどもたちだけではなく、すべての高校生たちに。

『蜩ノ記』

蜩ノ記』(ひぐらしのき)

ほぼ半世紀、年上の女性から借りた本。
「時代小説を読むなら、この人をぜひ!」
直木賞受賞し、映画化もされていた。

あらすじは、藩主の側室との不義密通により切腹
命じられている武士が家譜編纂をする。
家譜編纂を終えてからの切腹ということで10年の期限付きで
幽閉されて家族で山にある村に住む武士一家とそれを監督する侍。

武士たるもの…という武士の矜持や清貧さ、
筋の通ったところなど時代小説満載。
ラストはこうするしかないだろう、と思いつつも
やりきれなさを抱える。

「時代小説として完璧なの!」とおすすめされたときに
聞かされたけれど、確かに古き良き武士が身分社会で、
しっかりとした縦社会…という昔の時代劇感を楽しめる時代小説。
その一方で、かなり身分が上の家老の前で鯉口を切る
(つまり、刀を抜刀しようとする)なんて切腹ものではないのか?と
江戸城松の廊下事件を思うと思ったり…。
あくまでもファンタジーということで、こっちが切腹ではないなら、
あっちも切腹せんでええやん~とか
そこであの人を殺す必要はないじゃん…と思ったり。

時代小説、毎回、思う。
時代考証とファンタジーの境目がむずかしい!
水戸黄門』のように全国歩き回って、印籠出せば解決で
もう明らかにファンタジー、とするか
大河ドラマや『ダウントンアビー』のように時代考証を徹底するか…
もしくは現代人も納得できる程度の結末を迎えてほしい。

私は時代劇の『大岡越前三方一両損程度の
時代劇感のある時代小説が一番好きだなぁと改めて思った。

本を紹介されて憂鬱になる

久しぶりに読書家に出会った。
もうすぐ80に手が届く女性。
「今年はどのくらい読んだの?」と友人に聞かれた女性が
「今年はまだ50冊よ。」と。
50冊?4月で?!すごいペース!!と、つい驚いて
ジャンルは何を好んで読んでいるのですか?と聞くと
”時代小説”とのことだった。

時代小説…御宿かわせみとか?

私はあまり読まないジャンルだなぁと思いつつ、
宇江佐真理さんの時代小説なら私もすべて読みました!

と話したら、彼女ももちろん宇江佐真理さんを知っていて
「亡くなったのは残念よね」と話していた。
ほかにはどの作家の時代小説を読むの?と聞かれ…
私が読んだことのある時代小説、永井路子平岩弓枝山本周五郎くらいで…
と話すと、「おすすめの作家の本を今度貸してあげる!」と
話した数時間後、家まで本をもってきて貸してくれた。

全く見たことも聞いたこともない作家だったので、
ついアマゾンでチェック。
映画化もされていた。
そして、薄々、いやな予感もしていたけれど…
ラストは時代小説というか、その時代らしい”不条理”な
結末らしい。
つまり、アンハッピーエンド!

「あなたはどんな本を読むの?」と聞かれ、
どんな本でも読む!と、つい答えてしまったけれど、
忘れてた。
「ハッピーエンドが好きです…というより、
本の中でまでアンハッピーエンドを望んでいません。」と言うのを。

日本語で、物語も面白いのでぐんぐん進む…けれど、
折り返し地点からため息しかでない。
いや、だって、この先には”不条理な結末”が待っているんでしょ?
いやだなぁ…いやだなぁ…あぁ…不条理って…
誰がそんなものを好き好んで本の世界でも読みたいわけ?
現実にゴロゴロ不条理なアンハッピーエンドあるのに?と悪態つく。

こどものときはハッピーエンドが大好きで、
とんがっているときはハリウッドの大団円やご都合主義の
ハッピーエンドを小馬鹿にしていた。
いまは1周回って、ビバ!ご都合主義のハッピーエンドです。
現実世界ではちょっと厳しいような展開をいかに無理やりにでも
ハッピーエンドにもっていくか、
読者に”ご都合主義臭”を感じさせずに、というところが
作家の手腕でしょ?誰もリアリティなんて求めてない、
ファンタジーでいいから、とにかくハッピーエンド!と思っているのに
いま”不条理な結末”へ一直線の物語を読んでいる…。
登場人物の一挙手一投足に、「やめとけ!そこでやめとけ!」と
結末にすでにハラハラ(まだ折り返し地点だけれど)。
全くもって読書が楽しめない。
この不条理な結末を好んで描くような時代小説が好きって、
どういう心理なの?と不思議にすらなってきた。

今度、読書家に会ったときには、はっきりと言おう。
真の読書家ではないと思われてもいい。
「最後はとりあえずハッピーエンドの本しか読みたくないんです!」と。
とりあえず、ビール!がいいなら、
とりあえず、ハッピーエンド!もヨシとしてほしい。

『ザ・ホエール』

『ザ・ホエール』

死期が近い男性が8年前に捨てた娘との絆を取り戻そうとする話、
というあらすじだけだとよくある映画なのだけれど、
実際は情報過多だった気がする。
処理できないモヤモヤがたくさん残る。

主人公は結婚して妻も娘もいたけれど、8年前に恋に落ちて
妻と娘を”捨てる”、と字幕になっていたけれど、
英語では”left"(去った)だった。どちらでも同じか?
いや、捨てる、と去る、の差は大きいけれど…。
しかも、恋に落ちた相手は”男性”。
実は同性愛者だったと気づいた男性とその家族の苦しみ…。

相手の男性は新興宗教の牧師の息子で、熱心に宗教活動をしていたものの
同性愛ということで入っていた宗教から嫌悪され、教会を去ったものの
自らの育ってきた環境や価値観とのギャップなどもあり亡くなる。
救ってくれるハズの宗教により破滅する…。

パートナーの死から主人公の男性は過食に陥り、自暴自棄になる。
医療も宗教も拒否して。
医療も宗教も拒否する人に”救い”として、
8年前に捨てた娘との絆を取り戻そうとするのだけれど、
さすが映画!なハッピーエンドではなく、
現実的な着地点。
つまり、人は医療も宗教も拒否すれば救いはなしなのか?

これはなんだ、どう受け止めればいいんだ?えぇ?と思っている間に
映画は終わる。スッキリしない結末に宙ぶらりんな登場人物を残して。
私も一緒に取り残された気分…。

家族愛に救いを求めた簡単なお涙頂戴の話に終わらない。
救いがない…と思ってしまった。

『幸せな独りぼっち』

『幸せな独りぼっち』

スウェーデンの映画。
ロンドンのパルから「メイの好きそうな映画だと思うんだけれど、
観たことある?」とlineがきた。
観たことはないけれど、AmazonPrimeにあったので視聴。

妻を亡くした男性が近くに越してきたイラン人女性や
その家族と仲良くなり、孤独を解消する話。

あれ?これはあの本に似ている。
"The Brilliant Life of Eudora Honeysett"

孤独を感じ、自殺を試みる高齢者…。

そうなの?高齢者になったら孤独を感じて自殺を試みる、
このあらすじがもう既読感いっぱい、既視感いっぱいなんだけれど
世界の高齢者たちはこの王道になっているかのようなあらすじに
異議を唱えなくていいの?とすら思えてきた。
人生後半戦、エンジョイ勢やパーティー勢がいたって
悪くないと思うんだけれど。
仕事も早起きも必要ないから若者が「うるさい!寝れないだろ!」というまで
BBQをして夜中に花火打ち上げる…とかしてもいいのに。
「私も、年取ったらあんな高齢者になりたいぞ!」とか
「いいなぁ~、仕事もこどもの学校もない生活、うらやましすぎ!」とか
言われてもいいのに。

北欧の某国の友人(60代)から、日本人のおばあちゃんが子育てを手伝わないから
私から一言伝えるのって、ありだと思う?と聞かれた。
これは、国とか文化とか関係なく、その人の価値観によるものが
大きいのだろうなぁ~と思うんだけれど…と話したら、
「あなたは孫の祖母同士でのそういう会話はどう思う?」と聞かれた。

・・・「なしで!」
子育てに祖母の参加を強要するのも変な話で、
基本は夫婦でするものでは?と思っている。
助けてもらえるのはありがたいだろうし、多くの人が助けてもらっている、
それなのに文句も言う人たちが多いけれど…
というのも知っているけれど、それを夫婦以外の人に頼まれると
ややこしくならないか?と。
いや、正直に言おう!
私は子育てが終わった後に孫育てなんてしたくない。
自由時間を満喫したいんだー!残り少ないお金と時間を自分に使いたい!
と今は思っているので、その日本のおばあちゃんの気持ちのほうがわかる。

しかも、まずはパパが子育てをもっと主体的にするのが当然で
パパがしないから、パパのおばあちゃんやってよ!って、
おかしくない?とは言えないので…
「夫婦で話し合って解決策を考えてって、言うしかないんじゃない?」と
オブラートに包んで言ってみた。

北欧なので、子育て世帯には手厚いサポートがあって
共働きは当然で、だからこそ日本のサポートのなさが気になるのかと
質問したら、
「私がフルタイムを諦めたのは保育料が高かったからよ。
手伝ってくれる人はいなかったしね。」と彼女は語っていた。
30年以上前の話だけれど、いまもあまり変わってない、と彼女は言う。
だからこそ、娘には仕事を持ち続けてほしい、と。

彼女の話を聞いて私も告白。
「私は、こどもたちが順番に水ぼうそうになった。
2週間ずつずれて、上二人は予防接種していたのに、
3番目は予防接種する前に上の兄弟からもらった。
ほぼ2か月間、順番に登園禁止で自宅に誰かいないといけない状況になり
両祖父母はまだ働いていた。」

誰かが犠牲にならないと成り立たない子育てをしたいと思う人は
どれほどいるのだろうかと思う。
そして、犠牲にしてきた人たちが子育て後に自分を優先したときに
私は何も言えない。

 

"UNLIKELY PILGRIMAGE HAROLD FRY"

面白そうな映画を見つけた。 
『ハロルド・フライの思いもよらない旅立ち』
6月7日全国公開!

movies.shochiku.co.jp

面白そう!だけれど、6月7日まで待てないので原作本は
ないのかしら?と探してみたら、あった!
すでに翻訳済み。
『ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅』

もちろん原書も。
"UNLIKELY PILGRIMAGE HAROLD FRY"

サンプルを読んでみたところ、引き込まれたのでそのまま
kindleで購入し、読んだ。

あらすじは、昔の同僚から手紙を受け取ったハロルド、65歳。
彼は定年退職して半年ほどで、家からほぼでない生活をしている。
その手紙には何十年も会っていなかった同僚がいまホスピス
いることが書かれていた。
彼女に返事を書き、その手紙をポストに入れる…つもりが
1000キロもの旅にでる。スマホも持たず!
ホスピスには「僕が歩いて行く間、彼女も生きるように伝えて」と
電話で伝える。
歩きながら人生や家族について自問自答する。

これは、イギリス版の『走れメロス』と同じだと思いながら読んだ。
靴が破れようと、足が絆創膏だらけになろうとも、
”僕が歩き続ける限りは、彼女は生きる”と信じながら歩く姿勢には
尊さを感じずにはいられなくなる。
その一方で、”巡礼”風な出来事も各種、起きてきて
ユダがいる…と思ったり。
キリスト教の巡礼がどのようなものかを私は知らないけれど、
日本人としてはお遍路さんをしているように読める。
ハロルドがうまく関係を築けなかったと何度も悔いる息子もでてくる。

出会いと別れを繰り返し、家族がいて…壮大な物語で、
これをどうやって映画にまとめたのだろうか、と改めて映画も観たくなった。
ただ、本では続編がすでにあるものの、続編を読みたいかと聞かれると
もう十分かも…と思ったり。

洋書を読んでいて面白い表現に出会うと調べてノートにメモする。
英語の意味を日本語でどういう意味なのか調べて、
その日本語の意味を調べる、ということを久しぶりにした。

Good heavens!
若い女性のところへ泊ったハロルドに友人が言った)
「やったね!」みたいな訳で十分だと思いつつ、調べてみた。
Good heavens; 南無三宝

・・・南無三宝???南無三宝ってなに?
仏と法と僧の三宝に呼び掛けて仏の救いを求めること、
転じて驚いたときや失敗したときに発する言葉。

知らなかった…。いや、「南無三」って聞いたことはあるから
知っているといえば知っているのだけれど、
今度から「あちゃー」の代わりに「南無三宝」と言おうと思う。
すごい敬虔な仏教徒みたい。

55冊目で500万語を読み終えた。
知らなかった熟語はまだまだたくさんあるけれど、
最初は2週間かけて1冊読んでいた洋書がいまは3,4日で1冊。
日本語の本ならば半日で2冊くらい読み終えるので、
まだまだ日本語に比べると読む時間はかかるけれど。
500万語の成果…本の中に出てきた表現を海外のパルたちに使って
「超フォーマル!!」と言われたり、
「いつの時代の人?今時言わない」と言われたり。

最近読んでいる本が60代より上の主人公や登場人物たちなので
言い方が古くて丁寧らしい。それも面白いけれど。
丁寧すぎて問題にはなることはないでしょ?と話すと、
「いや、本当に最近の若者たちときたら…」とどこの国からも
若者の無礼さや不躾さの不満がでてくるようになった。
そうか、みなさんもうそんな年齢か…と私は若者サイドのつもりで
話を聞きたいところだけれど、私も平均寿命の折り返し地点を過ぎたので
「いや、本当に今時の若者は…」と参加している。