ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

化学の塾、半年目

化学の塾の帰りに花子から塾で学んだことを毎回、聞く。
理解できる話は2割くらい…。
なにがどうわからないのかもわからない、という
壮大な迷子になった気分になる。
落ちこぼれの子って、こんな感じなのだろうか。

今週は先週に引き続き、化学グランプリの過去問、
有機化学をしたらしい。
家で11問解き、2問間違えていた、と。
「盛大に勘が冴えていた箇所もあった」と先生が笑って
教えてくれたけれど、そもそも高校生でもできないでしょ!
と言いたくなる難易度だったらしい。
「それでも、花子ちゃんは骨格構造を理解していた!」と
先生は大層、感心してくれた。

へぇ~っと、先生の話に相槌を打ち、
帰りの車中で花子に聞く。
「今日は有機化学よね?骨格構造って、なに?生物みたい。
それとも漢字が違う?」と質問し、
「骨格構造、炭素の。」という話から、ぺらぺらぺら~っと
骨格構造だとかシスだとかトランスだとかの話をされた。
一緒に聞いていた夫と
「英語のほうがまだわかる…8割わからない!」となった。
残りの2割は”見栄”です。

今回、教えてもらった有機化学の中で、先生ですらわからない、
教科書にも書いてない、マクマリー有機化学にも載っていない!と
花子が興奮して教えてくれた問題があった。

2015年出題の有機化学
化合物Bの13CNMR(核磁気共鳴)スペクトルを測定すると
(え)本のシグナルが観測される。13CNMRとは、有機化合物の
構造決定に使われる機器分析であり、化学的環境の異なる
炭素原子を別々のシグナルとして観測することができる。
炭素の同位体として、天然には主に12Cと13Cが約99:1の比で
存在するが、圧倒的に多い12CはNMRでは原理的に観測することが
できない。

この(え)にあてはまる数字が今回の問題だったらしい。
正解は5.

高校の化学教科書はもちろん、マクマリー有機化学にも載っていない。
そして、そこから問題は1990年にノーベル化学賞を受賞した
コーリー(Eris James Corey)のプロスタグランジン類の
合成の話へとうつっていく。

30分ほど、計算式の話をしたりと先生と考えて結論が出たらしい。
「これ、捨て問だ…」と。
そこまではすらすらといけたのに、(冴えた勘も含み)
花子は「もうだめだ…」という気分にさせられたらしい。
その集中力の切れ方が天晴だったようで、
先生に「難しい模試でも受けて、テスト慣れいるかもよ。」と
花子は言われていた。
さらっと模試のことを口にする先生を
「なんてことを親の前で…」と花子は先生を呆然と見ていた。

化学の塾に入塾した当初、実際、いまの花子で化学グランプリに
挑戦したら、何点取れると思いますか?と
先生に花子がいないとき、聞いたことがある。
「100点くらいかな?(300点満点)ふつうの化学の得意な
高校生くらいだと思う。」と言われた。
確かに化学グランプリの平均点は毎年100点前後で、

高校生(化学が得意なこの)平均点。
今回、「花子ちゃん、いまは150点は取れると思う。」と
300点満点の半分くらいまでは得点できると言われるようになった。
花子は「冴えわたる勘で20点ほど上乗せできる気がする。」と
変に勘に自信をつけていた。

約半年の学習の結果で50点か。
これが多いのか少ないのかはわからないけれど、
半年前はちんぷんかんぷんだった有機化学
いまは興奮気味に嬉々として語っている花子を見ると、
学習成果は見てとれる。
それが化学グランプリの点数に結び付くかどうかは
正直、どっちでもいい。
知的好奇心を刺激し続ける化学とその先生に出会えたことがよかった。
そして、その意味不明な単語の羅列を私が必死にネット検索して
花子に解説しなくてよくなって、ストレスが減った!
「先生に聞いて!」って言えるの、最高に楽ちん。

無機化学を学ぶためにおすすめの本も先生に教えてもらった。
1冊がまた高い…上下巻か。 

 

ドイツのカルテスエッセン

「今日の夕飯は何~?」とこどもたちに毎日聞かれる。
今日は暑い…暑すぎるので、
今日はドイツのKaltes Essenでいこうと思う。
こどもたちにも「今日はカルテス エッセンよ~」と言うと、
「なにそれ?」と聞かれたので、
「ドイツ語」と答える。

ドイツ料理?!とわくわくでいっぱいのこどもたちの前に、
ドン!とサンドイッチ。
キュウリとハムの。
ブドウもつけて。
ついでに冷ややっこも作ります?けれど。

Kaltes Essen、ドイツ語で”冷たい食事”を意味する。
ドイツ人の夕食は火を使わない、とか。

Dinkel-Roggenbrot mit Wilder Bernd und Grinkenschmied belegt

「伝統的にはそう言われている…」と大学時代にドイツ語の教授が
話してくれた。
ドイツでドイツ人家庭に夕食を招待され、
ドイツの家庭料理にわくわくして行ったら、カルテスエッセン、
パンとバターとハムだった…と。
別のドイツ人家庭で夕飯に誘われた時もカルテスエッセンだろうと
レストランで食事をして行ったら、
今度は普通にたくさんの家庭料理が出てきて苦しんだこともあるようで、
カルテスエッセン、というよりドイツ人の夕食が読めない…と話していた。

夕食に火を使わない理由はドイツ人女性の高い就業率や
寝る前には軽食が健康にいいからだと聞いたりしたけれど
いまはどうなのだろう。
やっぱり夕飯はカルテスエッセンで火を使わない料理なの?と
ドイツのパルたちに聞きたいところではあるけれど
私のドイツ人のパル、数人いるのにメールの返信が
1週間ほどかかったり、whatsappでつながっていない人ばかり。
うーん、知りたい!
私はいますぐ知りたいのに!ドイツ人に直接聞きたい!と
思っていて思い出した。
今日、ポスクロでだした私の絵葉書がドイツに着いたようで、
「絵葉書、ありがとう~」というメッセージを受け取っていたわ。
ドイツから。
ポスクロでは基本的に届いてID登録するときに
「絵葉書ありがとう~云々」というメッセージもセットで送る程度。
私が送った時も受け取った時も。
きっとほかの人も同じはず。
しかし、今回は違う。

「私のカードを受け取ったドイツ人のあなたに
質問があるの!」と登録メッセージを
送ってくれたドイツ人女性に聞いてみた。

「いまでもまだカルテスエッセン、やってる?
いやなに、日本があまりにも暑くて今日我が家では
カルテスエッセンしたんだけれど…ドイツの文化って
習ったんだけれど、いまでも実在するの?」と質問。

ドイツ人の37歳の女性が返信してくれた。
「この30数年でドイツの食事も劇的に変わったのよ。昼休みが短くなって、
働く時間も長くなったから
家に帰って昼ご飯を食べることもなくなった。
だから、ほとんどの家庭では温かい食事を夕飯に食べ、
冷たいものをランチに食べているわ。
でも、私の両親は年を取って退職してからまた昼に
温かい食事をたくさん食べ、夕飯は軽く食べてってしているわ。
私の仕事はドイツ中を旅行するから日中にしっかりと
食事をとる時間がなくて、夜にゆっくりたっぷりってなっているわ。
あなたの質問の答えになっているといいけれど。」
と、とーっても丁寧に答えてくれた。

時代の流れなのね…。

『45歳からの恋の幕アケ』


特に何も起こらなくていいから、ドキドキもせず、
ハラハラもせず、主人公に感情移入しすぎない映画を観たい、
と思う時がある。
そんなときにぴったりの映画だった。

『45歳からの恋の幕アケ』
原題は"The English Teacher"  

45歳からの恋の幕アケ!!

45歳からの恋の幕アケ!!

  • メディア: Prime Video
 

 

独身の高校の英語教師、ただ淡々と日々を過ごす。
ブラインドデート(知らない相手とデートをすること)を
するくらいで、特段の何も起きない日々。
そんなとき、卒業生の男子学生が帰ってくる。
劇作家だったけれど、挫折して。
その脚本にほれ込み、高校の演劇部で上演しよう!という
学園映画…かと思いきや、その卒業生と1回だけしてしまう。
”失敗”を。
その後は女子高生に彼をとられると嫉妬したり、
彼との”失敗”が高校で広まったり…アイタタタな展開。

ジュリアン・ムーアの知的な英語教師ぶりが素敵だった。
上品で洗練された服装や本に夢中で思春期に異性どころではなかった
なんていうところもよかったのに、
なんだか途中から大人がかかった麻疹か?みたいに
恋でダメになっていく様子は観ていて、ちょっとしんどかった。
恋に盲目になるのに年齢はないと私の周囲でも
見たことがあるからか。。。

こういう大人になりたいわ~というような
素敵な大人の女性がでてくる映画が観たい!

『さようなら、ビタミン』

手帳の読みたい本リストに書いたまま、買うこともなく
そのままだった本をついに読んだ。

『さようなら、ビタミン』 

さようなら、ビタミン

さようなら、ビタミン

 

 アルツハイマーの大学教授を父親にもつ娘、ルースの日記形式で
書かれたお話。日記形式で最後まで読ませる本って、意外に少ない。
私は日記形式やブログ形式、絵文字満載の本が苦手で
ブリジット・ジョーンズの日記』ですら本は最後まで読めなかった。 

 最初の2,3ページで挫折した。
日記形式で書かれた本には近づかない私が、”日記形式の家族小説”
というよくわからないキャッチコピーに惹かれて、買った。

特に何か重要なことが起こるわけではない。
婚約者に捨てられた主人公が実家に帰り、アルツハイマーの父親や
破綻しかけた夫婦関係の両親を見る。
父親本人はすっかり忘れているけれど、同僚の教授と不倫したり、
女子大生(教え子…)と不倫したりと父親がしていたことを
主人公は知る。その秘密を持ち続けることができずに母親にも話し、
冷たい修羅場にもなる。
年の離れた弟は父親が不倫し、それを母親が知り悲しんだ状況を
多感な時代に知り、父親を軽蔑している。
(主人公は大学生になり、そのとき、家を出ていた)
どこにでもある、ありふれた、家族のお話だと思う。
完璧な家族なんていないし、なんとかそれでもやっていく…
それが家族なのよね、と思いながら読み終わった。
結末はない。日常は続いている、そんな終わり方だった。

ドキドキ、わくわくさせられるお話でもなければ、
読み終わったときに幸福感に包まれるわけでもない。
でも、読む価値はある!そう思える本。
ただし、30代後半以降、家族のややこしさをわかってきてからが
おすすめの読者層。

いやになる

アメリカのパルたちにいまのアメリカの状況やニュースを聞いた。
返ってくる感情は”怒り”に違いない!と、
どうやら私は思っていたらしい。
彼女たちの反応に拍子抜けしたことで気づいた。
"depress"(落ち込む)だとか”disappointed"(失望)や
"sad"(悲しい)だった。

私はもっと ”あの白人警官はどうなってんの!!”みたいな怒りの
メッセージを想像していたけれど、私のアメリカ人のパルたち、
白人やヒスパニック系のパルたち、
「肌の色の違いは問題ではない、と私たちは現代のいまでも
学んでいないことを思い知らされて、失望した」とか
「これがアメリカの現在っていう状況に落ち込む」という
返信が返ってきた。
そして、仲良しのインディアナ州のパルは
「落ち込むだけだから、ニュースを見ることをやめたわ。」と。
私も彼女と同じで、このごろはあえてニュースを見ない。
スマホニュースも避ける、と。
それでもインディアナのパルも略奪行為や暴動については知っていたようで、

What complete nutcases and Trump is the leader of idiocy.
(完璧に頭がおかしい人たち(略奪行為をする人たち)と、
トランプは白痴のリーダーよ。)
I absolutely loath that man.
(あの男を本っ当に嫌悪するわ。)

と、トランプへの怒りは健在だったけれど。
それでも、”怒り”とかより”失望”が先立つ気持ち、
すごくよくわかる。
我が家にもついにアベノマスクが到着して…
歓喜の声よりも、ため息がでた。
これ、あと3か月早かったら、きっと違ったんだろうけれど、
いまか…。もうマスク売っているけれど。

アメリカのパルではないけれど、
私もニュースから距離をとろうとしている。
もう十分だわ…と。外出もできないまま、
いやなニュースしか入ってこないって、どうなの?
ストレスが溜まるだけじゃないの!とオランダのパルに愚痴った。

オランダのパルは友人に外出できるようになったのだから
外でランチしようとレストランでのランチを誘われたらしいけれど、
「まだちょっと怖い」と断ったらしい。
ところで、どんなレストランに行くの?と聞くと、
彼女はパートナーの彼と日本食レストラン探しをよくするらしい。
なかなかおいしい和食レストランを見つけられない、と。
彼女のパートナーは年に数回、仕事で訪日しているので
「これは日本の味ではない」とうるさいらしい。

でも、オランダでしょ?ヨーロッパといえば
美食の国として有名なフランスもイタリアもあるEUなんだから、
フランス料理のレストランやイタリア料理のレストランのほうが
おいしいものに出会う確率が高そう…。
遠いアジアの和食レストランより
そっちのほうが店の数もオランダには多いでしょ?とつい聞いた。

「まず、フランスは肉だけではなく、臓器とか食べるのが無理!
イタリア料理のパスタソースが苦手で、
ドイツ料理って、全部、ブラートヴルスト(Brautwurst)

Brautwurst


(ブラートヴルスト:ソーセージ)
イギリス料理って、フィッシュアンドチップスでしょ?」

Mr Fish and Chips

どれだけ偏食家なのよ!と呆れたけれど、
日本食でもなんでもいいわけでもなく、オランダの
スーパーのお寿司はプラスチックの味がするらしい。
・・・プラスチック食べたことあるのか?と突っ込んでしまったけれど、
「メイだって、タイヤの味がするって、言っていたじゃん!」
と言い返される。
ええ、リコリスはタイヤ味。。。

Nostalgia Liquorice

タイヤ食べたことないけれど。
そんな彼らが絶賛する日本のお肉がある。
”神戸牛”。
すごいな、神戸牛!と感心した。
アメリカのパルもロンドンのパルも「神戸牛が一番おいしい」と
言っていたけれど、オランダのパルまで虜にしていたとは。
但馬牛や瀬戸内牛もなかなかおいしいですよ~とアピール。

そんなオランダのパルが最近、お気に入りの中華料理店で
見つけたおいしいメニューがあるらしい。
中華料理名なら私もわかるので、なになに?と興味津々で聞くと
「Babi Pangang」
バビ パンガン???それ、中国語っぽくないけれど…と
googleで検索をかけてみたら、インドネシア料理だった。

オランダのパルと二人で爆笑してしまった。

 

『骨を彩る』

『骨を彩る』を読んだ。 

骨を彩る (幻冬舎文庫)

骨を彩る (幻冬舎文庫)

  • 作者:彩瀬 まる
  • 発売日: 2017/02/07
  • メディア: 文庫
 

 中2の花子が先に読んだ本で、「面白かった」という感想通り、
面白かった。
小川洋子に似ている世界観だと思ったけれど、
解説があさのあつこで意外だった。

短編集ながら、少しずつ関係ある人たちがでてくる。
物語自体は面白かったけれど…けれど…
途中から、「いや、ちょっと、これ先に花子が読んだわ!!」と
焦って、なんだか物語が頭に入らない。

チャットで会話をする男女の物語がある。
恋愛相談をしたり、何気ない会話をしたり…
という物語の中で、セックスやら処女云々やら乳首云々
風俗の話題もでてくる。
性描写はないけれど、これは中学生が読むことは
セーフか?アウトか?と
読みながら気になって仕方がなかった。

正直、もし、私が先に読んでいたら、花子には読ませなかったな、
と思った。
しかし、花子は先に読み、「面白かったから友達にも貸す!」と
友達にも貸し、返ってきたのを私が読んだ。

迂闊だったというか…この最初の短編から
(最初の短編だけ、花子が読む前にさっと読んだ)
セックスに関するものが物語に出てくるとは思わなかったわ!と
やってしまった感がある。

小学生時代に娘の花子より、もっと性描写のある本や漫画を
「ふーん」という程度に読んでいた気がするけれど、
それを自分のこどもにさせることにはものすごく抵抗がある。
一方で、性教育はきっちりしたい派なので、
そういう絵本を幼いころから見せてきたし、
そういう話をすることには抵抗がない。
この二重基準はなんなのだろう。
なんて思っている私の横で花子は友達同士で貸し借りした漫画などで
私の想像や許容を超える性描写や暴力の描写に
出会っているのかもしれない。

私もそうであったけれど、本好きの中学生はもう大人と同じ物語を読む。
そのむずかしさを感じた最初の一冊。
(ただ、大人が読めば「…性描写でもなんでもない!」と思う程度。)

もやもやと自由と

アメリカのミネソタ州の白人警官による黒人を圧死させた動画、
恐ろしすぎて言葉がでない。
これはもう犯罪だし、これが犯罪ではないなら
アメリカはどうなっているんだ?
40近い都市で夜間外出禁止令が出されている。
そして、デモはアメリカだけにとどまらず、オランダでも
行われたとオランダのパルが教えてくれた。
f:id:bitter-chocolate3:20200602111455j:image

www.dutchnews.nl

日本でSNSによる指殺人が問題になった。
そのことについて、うまく考えがまとまらない間に
今回のミネソタ州の事件が起き、その上にツイッター
トランプ大統領のツイートに”暴力賛辞”とラベルを
つけたこと、それに対し、Facebookはなにもしないこと…。
どうなの?それってどうなの???と考えが追い付かない。

それでも、私が一番に引っかかるのは”自由”。

ザッカーバーグCEOは「この件についての大統領の話し方には
強く異議を唱えるが、人々はこれをありのままに見ることが
できるべきだと私は思う。なぜなら権力者の説明責任はその発言が
オープンに詳しく検証されるときにのみ生じ得るものだからだ」と主張した。

トランプ大統領の投稿、警告を注記しなかった-フェイスブックCEO - Bloomberg

フェイスブックは、人々のオンライン上での発言が真実であるかどうかを判断する裁定者になるべきではない」とザッカーバーグは発言した。

ザッカーバーグがツイッターを非難、「真実の裁定者になるな」 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

 フェイスブックの創設者でCEOのザッカーバーク氏のこの発言には
私も賛同する。
するけれど…なんだか、もやもやが残るのは私だけか?
性善説を採用する人にはいい。
理想として掲げるにもいい。
私もそれが理想だとはわかっているけれど、SNSの暴言で
自殺に追い込まれる人たちやフェイスブックなどのSNS
銃乱射から影響を受けて犯行に走る人々に対してストッパーはないのか?
と思ったりする。
(規制をしているといいつつも、NZの銃撃映像がライブ配信されたりと
すり抜けられている。)

言論の自由も選挙権も生まれた瞬間から私たちは持っているけれど、
持ってない国に住む人々もいるし、もぎ取ってきた権利の一つだと思う。
だからこそ、その上にあぐらをかいている場合ではない。

世界の問題から、日本の片田舎の小さな家庭の問題にすることに
いさかかの抵抗があるけれど、我が家の中2の花子はiPad
使用時間が長い。
iPadに制限をかけることはできる」ということは知っている。
我が家ではインターネットへの規制もかなりゆるい。
それは夫が「道具は使いよう」だと思っていて、
どう使いこなすかも含めて学習だという価値観だから。

インターネットを規制する?包丁は?カッターは?はさみは?
どこで線を引くんだ?それこそ20歳になった瞬間に道具が突然、
うまく使えるとは思えない。
失敗も含めて練習がいる。道具をどう使うかはその人次第、
というのが夫の教育論。
私は”自由”を最も大切だと思っていて、”自由に調べていい”と
いつも言っている。
ただし、そこには変な使い方をしないといった期待がもちろんあって、
自由に使うということは自分を律することでもあると
こどもたちに言っている。
自由を制限されないために、どうするかも含めて自分で考えてほしい、と。

規制はしようと思えばいくらでもできる。
テンピンもオッケーらしいし。
その中で自由にできるという意味を考えてほしい。
701年、大宝律令、日本で史上初めての本格的な律令ができた。
「日本が進化したわけではない。
法律が必要な世の中になったということだ。」と言った中学校のときの
歴史の先生の言葉が忘れられない。

その時代の人々の言動が後に歴史家や専門家によって
検証されることを望む。
その時は最善だと思ってしたことでも後に新しい事実により
失敗や間違いも判明するだろう。
それでも、その検証に耐えうるだけの文書はいると思う…。
議事録ないって…。検証する気もないんだろうなぁ。