読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

日本茶の好み

家庭訪問で先生にお出しする、という大義名分で
高級なお茶を買おうとスーパーの中にあるお茶屋さんへ行った。
そこのお茶屋さん、私が知る限り、いつも同じ年配の店員さんで
悩んでいるとお茶の試飲をさせてくれる。
二つほど試飲させてもらい、
「こっち!」という決め方をここ2,3年してきた。

残念ながら、私が行ったときは若いお姉さんで、
「来客用で」と話すと、「おすすめはこちらです~」と
紹介してくれたお茶を試飲することなく購入。
そして、本日、わくわくしながら飲んでみて、
ショックを受けた。

おいしくない、とは言うまい。
このお茶だって、スーパーで買うお茶より高いし、
きっとこういうお茶が好きな人もいる。
ただ、いつもの淹れ方では薄い。
とーってもあっさり。
このお茶を飲んで和菓子を食べたくなる、なんてことにはならない。
飲んだ後に苦味もなければ、甘みもない。
私の求めているお茶ではなかった。

スーパーでちょっと高いお茶を買ったら、どうなのかしら?と
スーパーで買っていた日本茶を開封し、淹れてみた。
断然、スーパーで買ったお茶のほうが私の口に合った。

去年、おいしかったお茶と同じ産地のお茶を買ったのに・・・
何がダメだったのか全くわからない。
日本茶の世界も奥が深そう。

好みの日本茶を正しく店員さんに伝えるって、
もしかして、とても難易度が高いのではないかと
いまさらながら気づいた。
何度も同じ店員さんから買っていたから、
店員さんも私の感想で私の好みをわかってきていたのか、
それとも店員さんと私の好みが近かったのか。
ちょっと修行しなければ。