ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

通訳がいる…

我が家、いまだピアノバブルがはじけておらず、
こどもたちがすごい勢いで合格していく。
バイエルの前半は早くて一週間で1曲合格だったというのに
後半になってのまさかのアクセル全開で週に3,4曲合格。
…どういうこと?!と先生と口あんぐり。
なんだかわからないけれど、いま勢いに乗っているみたいなので
このままゴー!!となっている。

発表会の曲選びはどれほど先生に任せるか、
という話に子どもにピアノを習わせているママたちと話になった。
同じピアノ教室でも
「これとこれ、どっちがいい?」と先生が弾いてくれている子が
結構、多いことにびっくり。
我が家は、「花子ちゃんはコレ!太郎君はこれ!次郎くんはこれね!」と
有無を言わさず…。
ほぼ毎回、その楽譜を見て私は絶句している。
無理…!!って、言いたいけれど、すぐに言うのはダメだろうから
一か月頑張ったけれどダメでした、曲を変えてください、と
毎回、言う気満々です!
そして、毎回、なんとか…なんとか…なっている。

そんなこどもたちのピアノの先生の言っている意味がたまにわからない。
あれ?全部日本語だったんだけれど、半分も理解できなかった!?と
いうことがあった。
例えば、先生にこどもたちがこれから練習していく曲や傾向、
花子の得意とする曲を聞いたときなど。
(花子の得意とする曲を素人の私と音大出の先生では違う?と
発表会の課題曲で思ったので)

イギリスの疑問はロンドンのパル、アメリカの疑問はアメリカのパル、
そしてピアノの疑問に答えてくれる助っ人を最近、見つけた!
音大出のママさん!!
「花子ちゃんはベートーベンね。ドビュッシーはきびしいけれど、
メンデルスゾーンはいける。」って先生が花子を評価していたけれど、
どういう意味???と教えてもらった。
いやぁ…深かった!音楽史から解説してもらって、
なんとな~くわかったけれど、人様に発表できるほどわかってない…。
「あぁ、ブラームスとかね」と音大出のママさんに言われ、
謎の森が余計に深まったような気がしないでもないけれど
高校のときの数学と一緒で、なんとなくわかった気にはなった。
他人に説明できてこそ、理解したっていうことや!という人がいるけれど、
本当だわ~としみじみ気づく。

先生の教本の進め方や花子の発表会に与えられる曲が「あれ?」と
思うことがたまにあったけれど、
音大出のママさんに「うまいこと考えて教えている先生だと思う!」と
褒められ(先生が…)、鼻が高い。
「そんな良い先生に師事しているのね!」と言われ、
すいません…それなのに、こんなレベルで、な気分になったり。
音大出のママさん曰く、「先生はいま花子ちゃんに色付け中ね!」と。
なに、そんなピアノ用語あるの?色付け?とまた謎を増やし…
通訳いる~!!と思ってしまった。

英語で始める

小学生のこどもの学級通信に英語が書かれていた。
意味は…えーっと…うーんっと…
「よい出会いに挑戦しよう」が直訳だから、
きっと言いたいことは「一期一会」?
いやいや、「新しい出会いに乾杯」?とママさんたちと議論…
がいるような英語だった。
文法が違う…もうどこから突っ込めばいいのかわからないレベルで
文法が違う!と思ったけれど、
もしかしてこれは何か別の意味がある言い方なのか?
とロンドンのパルに聞いてみた。

「文法が違っても、言いたいことが伝わるときもある。
文法があっていても、伝わらないときはある。
この文章は文法も違うし、意味が全くわからない」と
バッサリ斬られた。

「っで、 日本語ではなんて言いたかったわけ?
言いたかったであろう英語は何?」と、ロンドンのパルに聞かれ
多分、「良いスタートを切ろう!」という類のことを
言いたかったのですよね?と先生に確認しないと真意は不明。
それを英語で言うなら…とロンドンのパルが言ったのは
"Let's get off to a good start!"
get off to a good start:良いスタートをきる

get offに始めるっていう意味があったのか~と聞きつつ、
ん?そういえば、アメリカのパルはkick offを始めるっていう
意味で使っていたけれど…と聞くと、kick offはイギリスでも使うらしい。
スポーツ大好きな人が使うならいいけれど、
あなたは違うでしょ?と言われた。おっしゃる通りです…。
(kick offはサッカーの試合開始が語源)

ロンドンのパルは芸術ホールのようなところで働いていて、
何度か"What time is kick off?"(何時に始まる?)
と聞かれたらしいけれど、
「そういう発言は低い階級の人に見られて、見下されるわ。」と…
でた!!イギリスの階級社会。
単語で階級が低いと見下され、発音が上品だとそれはそれで
上流階級(posh)って…と嘲笑され…怖っ!!

安心してください!
外国人はそもそも同じ土俵で考えられていないので多少の失敗にも
相手が外国人なら寛容よ。日本も同じような社会よね?と
にっこりとロンドンのパルに言われた。
…私もそう思います。

それにしても…学級通信の英語レベルの低さにロンドンのパルと驚いた。
ロンドンのパルも夫も「その先生に英語を学校で教えてもらっているの?」と
心配していたけれど、今年の英語の教科書は見てないけれど
去年の教科書は曜日や時間、色と、どこまでいっても基本だったので
間違えることはないハズ。
「早くロンドンに花子を送りなさい。
低い階層に見えない英語を教えるから!」
とロンドンのパルに言われる始末。
超心配性の私、こどもをロンドンに行かせるのはまだ無理…。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

家庭訪問終了ー

家庭訪問が無事に終了しました~。
長かった掃除週間…家庭訪問当日に我が家を訪れたママ友が
「…ここ、どこ?!」と例年のごとく、呆然として帰っていったので
今年もなんとかきっちり掃除できたもよう。
家庭訪問対策の寄せ植えやプランターの数々も
息子たちの担任の先生は「素敵ですね~」とおっしゃってくれましたが、
花子の担任は
「お母さん、聞きましたよ。花子ちゃんが寄せ植えしたらしいですね。
家庭訪問対策に!」と…にやり顔で言われた。
おほほほ…筒抜けですか、そうですか…やっぱり。

今年は久しぶりに私より年上のベテランの女性の先生が
太郎と次郎の担任。
特に太郎の先生は「待ってました!!」と言いたくなるような
私の想像する小学校教諭でした。
これよ、これ!これが小学校の先生よ~!!とママさんたちで
やんややんやの大騒ぎとなっております。。。
こういうベテランで、女性で、
こどもたちへの温かい目をもつ先生って久しぶり…。

そんな先生たちには今年度も家庭訪問では
「せっかくなので学習環境を見てください」とリビングへお通しした。
10日ほど必死に掃除した普段通りのリビング。
次郎の先生は兄弟関係が気になるようで、
兄弟仲などを聞かれたり。
前年度、花子のクラスの授業を担当したことがあるようで、
「花子ちゃんは本当にいい子ですよ~」とお褒めいただいた。
手のかからないっていう意味で良い子なんだろうなと
思いながら聞いてしまった。

そして、一目見て、「職業は小学校教諭ですね!」というような
おっとりのベテラン女性教諭が担任になった太郎。
気になることは?と聞かれ、
「太郎は漢字が苦手です」と伝えたところ、
太郎が毎日、日記を先生に提出していることを知る。
「週2くらいは書いてほしいとみんなに渡したら、太郎君はせっせと
日記を書いてきてくれるんです。」と。
それが聞くと6割増しな内容で…
「お母さんにピアノをさせられて指が痛くなった」
→20分ほどの練習ですけれどね!!指痛くならないって!
「友達と4人で勉強会をした。」
→持ち寄りのお菓子で机いっぱいになって宿題できないな、わははは!!
ってやっていたあれを勉強会って日記に書いたのか?!とか…
突っ込みどころいっぱいの”日記”でした。

太郎の担任も本が大好き、読み聞かせも大好きで、
「読み聞かせをしている絵本を見つめるきらきらのこどもたちの
目を見るのが好きなんです!お母さんも読み聞かせをしているようですが…」
と聞かれた。
「きらきらのお目々云々」の話の後で、
うんちやおならの絵本ばかり読んでいるなんて言えず…おほほほ。
あまんきみこ(『ちいちゃんのかげおくり』が有名)の絵本を
読み聞かせしたなんていう正統派の小学校の先生に
「私は谷川俊太郎を…」と話した。
『おならうた』ですが…。 

おならうた

おならうた

 

 題名聞かれなくてよかった。
聞かれたら『でんでんむしのかなしみ』を言おうと思っていたけれど、
『でんでんむしのかなしみ』は新見南吉でした。

でんでんむしのかなしみ

でんでんむしのかなしみ

 

本好きの先生は花子や私の読むジャンルにも興味津々のようで、
「どんな本を特に読まれるんですか?」と聞かれ、
これ!!というジャンルもなく、
最近は美術関連の本、歴史、辞書関連の本…本棚が迷走気味で
先生もつい聞きたくなったのだろうなぁ。
でも、その赤川次郎は私ではなく花子です!と、つい私の趣味ではない
アピールをしてしまったけれど。
ずらずら~っと並ぶ10冊の辞典にも驚かれてしまった。
おほほほ、趣味です…。

そんな先生に「お母さんは芸術の方面がお好きなんですね。」と言われた。
多分、家にあったピアノと絵から…?とママ友に話すと、
「芸術…うん、まぁ、そう言えなくもないけれど…
そんな一面もあるっていうくらいで…」とやっぱり腑に落ちてなかった。

連続3回目の家庭訪問の花子の担任を除き、
初めて担任してもらった太郎と次郎の先生、
我が家のリビングを見て、「やっぱり玄関とは違って、
いろいろわかりますね~」と改めて感心しながら帰っていった。
なに?なんですか、その含みを持たせた言い方は!
本棚まで掃除機かけたんです!
エアコンのフィルターもチェックしてください!
電気の傘まで埃ないんですよ~!
ブラインドの掃除が大変だったのに、それだけ~?!と心の中で叫びつつ、
今年も大掃除は4月で終了。
次の大掃除はまた4月で…。

『ダメ男に復讐する方法』

恋人の自宅を訪問して既婚者だと知り、
妻と一緒に復讐を計画し、さらに別の愛人の存在を知る。
三人で結託して、裏切り者の恋人、あるいは夫をとっちめる。
ドタバタコメディ…。

『The Other Womea』

 

 

キャメロン・ディアスが出ている2014年の映画で
邦題は『ダメ男に復讐する方法』。
この映画、感慨深いのはキャメロン・ディアスが年増役ってこと。
そうか、キャメロン・ディアスが若い胸の大きい女性に
嫉妬して怒る役なのか、
そんな年でしたか…と感慨深い。
私のイメージはチャーリーズ・エンジェル(観たことないけれど)とか
メリーに首ったけ』(観た!!)
ベスト・フレンズ・ウェディング』(大好きだった!)の
若いちょっとおバカな女の子だったのに…と
年齢をしみじみと感じさせられてしまった。

ストーリーは随所にプハッと吹き出してしまう笑いがあって、
楽しめる映画だった。(最後の夫のやられ具合は
ダメ男にしてもひどすぎる…とちょっと思ったほどだったけれど)

夫の愛人に嫉妬して愛人と殴り合ったり、罵りあったり、
というのをドラマや映画でうんざりするほど観てきたけれど
正直、全く共感できない。
友達でもなければ知らない人が夫の愛人だとして
怒りが夫の愛人へ向かう?信頼関係もなにもない人に?
私なら信頼を裏切ったな~!!と怒りはすべて夫にぶつけるけれど
と常々思っていたので、
裏切られた女性たち、ということで団結し、
変わった友情の元で復讐する映画、面白かった。
いや、それにしてもキャメロン・ディアスが年増役のなだめ役?!と
いままでの役との違いっぷりになかなかついていけなかったけれど。

 

『人生リセット留学。』

 

人生リセット留学。 (ソノラマ+コミックス)

人生リセット留学。 (ソノラマ+コミックス)

 

人生から逃げたくなってロンドンへ半年留学した漫画家の
コミックエッセイ。
ロンドンで玉の輿!!なんてこともなく、
ロンドンでモテてモテて、英語ペラペラで
某大手企業に就職!!なんてこともなく、
普通に留学を終えて普通に日本に帰ってきて、
そのままの生活を送ったところがとっても好印象!
そうそう、現実はそんなものでしょう、と。

本の中で「ネイティブを目指すのが間違い!」という意見に
私も激しく同意。
ラテン系のマシンガントークに入っていけない等は
とても面白かった。
スペイン語の早口って、もう本当にすごくて
どこで単語切れてます?と思うほど。
日本人が英語を話そうと性格が変わらないように
ラテン系の人たちに限らず、何語を話してもその人の素が
でるのよね~と思う。
言語を変えただけで性格を変えられるわけではないので当然といえば当然。

日本では友人たちに「どS」と褒められる私、
ロンドンのパルは「あなたの皮肉、大好き!」と言う。
イギリス人も負けず劣らず、皮肉好きだからかと。
ただ、”皮肉”は高度な言語で相手を選び、小4の息子はたまに
「いまのほめた?皮肉?」と聞いてくる。
小6の花子に「嫌味やって!!」と教えてもらっている。

ミッドライフ・クライシス、中年の危機。
ふといままでの人生を振り返り「私って一体…」と思い返し
理想と現実のちがいをまざまざと感じる、
そんな大人の思春期だと本の中では語られていた。
私の知り合いのママさんたちはちょうどその年齢だけれど
こどもが小学生ということもあり、身動きできない人も多い。
子どもが中学になったら!高校になったら!と夢を語っているけれど
きっと子どもが大きくなったときに、
ミッドライフ・クライシスが来るのだろうなぁ、と
ふとそんな気が本書を読んでした。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

暗唱の効果

小2の次郎の先生は暗唱をさせるのが好きらしい。
国語の教科書はほぼ暗唱、
本読みではなく暗唱!という噂を聞いていたけれど
始業式の宿題は早速、短い詩の暗唱だった。
小6の花子が「ある年齢を超えた先生って、
暗唱させるの好きよね~」と言っていた。
教師ではないけれど、花子のいうある一定の年齢には
きっと私も含まれているんだろうと思う。
幼児の英語教育には疑問を抱かずにはいられなかったけれど、
幼児への暗唱はなんの疑問も抱かなかった。

公文のカードで季節の俳句を子どもたちに覚えさせていた。
私の記憶では、2,3回やって飽きた…私が。
しかし、三つ子の魂百までは事実のようで、
意外に根強く子どもたちの記憶に残っている。

隣家の梅が咲いているのを見て
「梅一輪 一輪ほどの あたたかさ」と花子が詠み、
隣家のおじちゃんがいたく感心したり。
服部嵐雪松尾芭蕉の弟子の句。)

兄弟喧嘩をした太郎に「過ちは…」と言っただけで
「過ちて改めざる、これを過ちという、やろ」と言われた。
いや、だれでも間違うことはあるって言おうとしただけなのに
”過ち”って聞いただけで、条件反射で『論語』が出てくるのか!
と驚いたり。

「しっかり勉強するんだぞ!」と近所のおじちゃんに言われた次郎、
「学びて思わざれば則ち罔し。
思いて学ばざれば、すなわちあやうし。
勉強するだけではなく、自分で考えることが大事なんやで。」
なんて言い出し、
「次郎君、論語知っているんか!」と驚かれたり。
過去に教えたはずの私が「ど・・・どしたん?!」と驚いてしまうほど
こどもたちの頭の中には残っていることを改めて知った。

そんな我が家の最近は、
”Mistakes are proof that you are trying"
(失敗はきみが挑戦した証だ)
という紙を貼っているけれど、
「いや、挑戦せんでも失敗するのが人生ってものよ…」と
花子に言われた。11歳、人生にお疲れ中か?

 そのときには「意味がない」と思った暗唱、
意外に後で芽を出してくる。
暗唱と種まきって似ている。
芽がどういう形で出てくるかは未知数で、
忘れたころに芽が出てくる。

 

外の世界

ヨーロッパの某国で妹が出産予定。
母が産後の手伝いに行くらしく、そのときに花子を連れていきたい!
というラインがきた。

「花子にも世界を見せてあげたい」と。
母が毎回いう、お決まりのセリフのようなもので
「あなたが小学生の時は海外に何度行った?」と。
私が小学生の時、日本はバブルだったもので…。

百聞は一見に如かずという言葉がある、
海外に行ってこそわかるものもある!という言葉、
一理あるとは中国に行って私も思った、
すでに20年ほど前ですが…。

私の小学生時代と違い、日本から一歩も出ていない、
花子を筆頭に我が家の子どもたち。
小学生の時の私より世界を知らないのだろうか。

我が家の子たち、各国のチョコレートとお菓子を食べている。
イギリスやアメリカ、ドイツにフランスは
「あぁ、このチョコか」というほどに食べ、それ以外にも
アルジェリアやインド、イラン、ドバイ、フィンランド、オランダと
「材料は何?!なんの味?!」と叫びたくなるようなものまで。

日本語や英語以外にも世界にはいろんな言語があることを知っていて
インド人、フィンランド人、オランダ人、カナダ人、ベネズエラ人、イラン人
もちろんアメリカ人にイギリス人とSkypeやLineで会話したことがある。
英会話はほぼできないので、
身振り手振りを多用しての会話になるので「10分話しただけで疲れた…」
なんていうのは日常的に経験。
世界の人が英語を話すとは限らない!と知っているので、
会話する相手の言語にまず悩んで、
「Hi!(英語) Hola!(スペイン語) モイモイ(フィンランド語)」と
3つセットであいさつをしているのを聞いたとき、
「国際的だわ~」と感心した。

どれもこれも日本という世界に身を置きつつ…
PCを閉じれば日本語があふれる世界なので”外の世界を知らない”と
言われれば、そうなのかもしれないけれど…と思いつつ、
では、一体、誰が世界を知っているのか?と思ったり。
そんなことを考えている横で、花子はイギリスの女の子からもらったラムネを
口に入れつつ、「これはさすがにおいしいとはお世辞でも言えない」と呟き、
イギリスの男の子(元女の子)からもらった便せんに
アザミが描かれていることに
「これ、日本の私が使う便せんじゃない?
私はイギリス国旗の便せんでも使うべき?」と突っ込んでいた。

Cirsium texanum

アザミ(Cirsium)、スコットランドの国花でした!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村