ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

土産話

ロンドンのパルの夫は出張で別の国へ行っていた。
彼は先日、13時間のフライトを終えて帰ってきたばかりで
たくさんのお土産話があるに違いない!と、
ロンドンのパルに話を聞くと「面白い話があるわよ」と言う。

ロンドンのパルの夫さんは、とてもまじめな
日本人が”イギリス人紳士”と想像するようなアメリカ人男性。
いつもはバスで会社とホテルの日々だった出張期間、
最後の日に同僚とパブに行ったらしい。
そのパブでの出来事。

A lady there apparently was really really into him,
and wanted to give him a 'personal massage'.
(一人の女性が明らかにすごくすごく彼に夢中で、
彼からの”個人的なメッセージ”を欲しがった。)

このpersonal messageが直訳の個人的なメッセージなのか
携帯間でのショートメッセージのようなものなのか…は不明だけれど
異国の地で女性からお誘いがあったとは!!

まぁ、それを妻に報告するくらいだから、
真面目な彼は「僕には妻がいるんで…」と断ったのかと思った。

Which really freaked him out, and he ran away.
(彼はすごく動揺して、逃げた)

・・・逃げた?!
そうか、あのシャイな彼は「僕には妻が…」ということもできず
走り去ったのか!とあの彼なら予想できるけれど、
まさか逃げたとは…とロンドンのパルと爆笑してしまった。
なんだか情けない彼の走って逃げる姿を想像したけれど、
「好きです、そういうところ。」と告白しておいた。
もうちょっとスマートな断り方はなかったのかいな、
とも思ったりするけれど、断るのにスマートもなにもないか。

我が家の小5の息子、太郎も5日ぶりに自然学校から帰ってきた。
すごく疲れたらしい。
自然学校ではハンバーグ、焼き肉、鴨鍋、
すき焼きとごちそう三昧だったらしいけれど
「家の粗食が恋しくなった…」と夕飯を食べながら言っていた。
誰かこの10歳に日本語を教えてあげて!
”粗食”って、なんやねん!
家庭料理って言うんです。
間引き菜がおいしい季節なのに…。

 

とってかわる

I'm hoping you haven't replaced me with a new pen pal yet.
(あなたがまだ私を新しい文通相手にとってかえてないといいけれど)

というメールがアメリカのインディアナ州の仲良しパルからきた。

replace A with B: BがAにとってかわる

インディアナ州のパルは「あなたからの手紙は途絶えているけれど、
私はこれからクルーズ旅行で家族でメキシコ観光だから、
お土産を買って送るわ~。」というメール。

手紙…そういえば、久しく書いてなかった。
ぴーちゃんとかぴーちゃんとかぴーちゃんで忙しくて…。
毎日4回の体重測定に挿し餌に…
中間テスト3日前でも「ピーちゃんのおもちゃを作る!」と
ふと思い立ち、弟を従えて山へ木の枝を取りに行く花子。
桃太郎のおじいさんか!とつっこみそうになった。

テスト前なのに帰宅が遅かったと花子、
部活がない期間なのに、なんで?と聞くと、学校生活アンケートについての
面談があったらしい。
「学校生活は楽しいですか?」という回答を5段階で答えるもので
「5:最高に楽しい 4:まあまあ・・・1:全く」の中で
「4」と答えたところ、
「楽しくない原因は?」と聞かれたらしい。
その後も
「いじめを見たことはありますか?」
「いじめを見たら、誰に相談しますか?」
「頼れる人はいますか?」
「友達の数は?」と質問されたとか。
すっごく楽しいとはいわないけれど、それなりに楽しんでいるのに、
なんて答えればよかったと思う?と花子に聞かれた。

答えに窮したときは、そのまんま質問を返す。
「先生は職員室でいじめを見たことがありますか?」
「相談できる人はいますか?」
「職員室に頼れる人はいますか?」
「相談して改善されそうな職員室の雰囲気ですか?」とか…。
それ、笑えないやつ!と花子に言われた。

大人がいじめをする、いや、実際にはあるけれど…
それが”学校”で”先生”がするとは。
写真まで流出しているのを見ると、
SNSの危険性を身をもって教えたね…としか言えない。
聖人君子たれ!とは言わないけれど…せめて、
児童や生徒のお手本になってほしい。
報道されるのはごくごく一部のレアケースだとは思いつつも
溜息しか出ない。

 

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 以前、この本を読んだとき、いろんなことが書かれていたけれど
記憶に残っているのは、アメリカで教員免許を持っていない
先生たちが教える学校が教員免許を持っている先生たちが教える学校と
同等または素晴らしい実績を出した、というもの。

大学を卒業して、そのまま教員になる先生たちが多く、
「ん???」と思うことは多々…多々…多々…くらいある。
「それ、学校の中だけで通用するやつね。」と言いたくなるような。
または、「先生、専攻は何だったの?」と聞きたくなるような
不十分な、または偏った知識の披露が児童や生徒の前であったり。

学校での問題の窓口になるカウンセラーも
「言ってみるけれど…」くらいの力しか持っておらず、
教務主任、教頭、校長、教育委員会…といったところで
それほど機能していない、と正直、思う。
いじめられた先生も訴えていく先がなかったのだろう。
学校や教員と関係のない第三者的な組織があれば、
もっと学校は開かれていくだろうなと思う。

 

一週間…

ピタゴラスのピーちゃんがきて、ほぼ1週間。

f:id:bitter-chocolate3:20191010181840j:image

かなり慣れて、花子の手の中で眠る…。

ピーピーとコザクラインコらしく鳴くこともあり、
「なに?!」と家族で驚いて見に行くと寝言…。
思いっきり寝ていたりする。
熟睡具合も素晴らしく、私がこどもたちにお説教していようと
ピアノをこどもたちが弾いていようと寝ている。
「この環境で、眠れる?!」と人間のほうがびっくり。

人間の赤ちゃんと同じで、
食べたら眠る。
食べている途中でも眠る。
食べながら眠る…。
ほぼ眠っている。立ったままで
くちばしが床に突き刺さってません?
首、折れてません?というような格好で眠る。
たまに足を折りたたみ、くちばしを羽にうずめていると
「おぉ、鳥っぽい!」と、こどもたちから歓声が上がる。

最近の流行はこどもたちの頭まで飛ぶこと。
くちばしにくっついた粟玉を花子の髪の毛で拭くこと。
部屋着を「着替えて」と言わなければ着替えなかった花子が
「ぴーちゃんに粟玉を飛ばされた」
「ぴーちゃんにウンチされた」と服を着替え、
髪の毛を洗うのは面倒くさいといっていた自称、女子が
「粟玉ついているかもしれないから」と髪を洗い…
ぴーちゃん効果すごい。

朝6時起きで体重測定にケージの掃除に挿し餌に…と
毎日やっているから、ぴーちゃんは私になついている!と
小鼻を膨らませて言っている花子。
我が家に遊びに来たママ友に挿し餌をされ、
そのままその手の中でぴーちゃんがうとうとしていたことは
花子には言えない…。

育児は大変…

久しぶりに会ったママ友に「やつれてない?」と聞かれた。
わかる?から止まらない。
育児ノイローゼかもしれない…あっ、正確には育鳥ノイローゼ。

日曜日から飼い始めたコザクラインコのピーちゃん。
生後30日で、ペットショップでは挿し餌を一日3回だった。
ペットショップで見せてもらったときは、「ドリル?採掘機?」と
思うような勢いで食事をしていたんだけれど…
我が家では小食。

来た時が57g。
次の日の朝には50g、挿し餌を4回に分けて55g。
でも、ドリルのような食いつきではなく、ほぼ強制…。
「食べて、お願いだから食べて」と花子の懇願を聞きつつの
ピーちゃん食事タイム。

ピーちゃんの食事や世話に花子は朝から40分かけ、
自分の食事は5分!流し込んだ!もう花子も鳥のよう。
「朝は戦争だわ!!」と働くママみたいなことを言いながら
「温度をキープして!たまに体重はかって!
母さんになつかない程度に世話をして。」と各種、注文を
私につけて出勤…ではなく、登校。

4時間おきにぴーちゃんの体重測定して…
なんで、食べないのだろう。
餌の温度か?ヒナの箱の温度か?一人餌近いとか?と
保温電球買ったり、挿し餌の温度やスプーンの角度をYouTubeで研究し、
ネットで検索をして…
「うちのこはよく食べる」なんていう鳥の飼い主を見ては、
食べる子はいいわね~とため息。

そんな話を花子が赤ちゃんのときからのママ友に話すと、
「メイはいままで食べない子の苦労を知らないからね。」と
いわれて、目から鱗
そうだった、我が家の3人はとにかく赤ちゃんのときから
好き嫌いもなく食べる赤ちゃんたちで、
食べない赤ちゃんたちのママ友たちに「何を食べさせている?」と
よく聞かれたものだった…。
「食前と食後に何g増えたか知るために体重計乗せている?」と
聞かれ、満腹で満ち足りた顔で眠っているんだから体重計いらない、
なんて言っていた私が、
いまは育児書、正確には飼育本を片手に右往左往。
食べないって、生死を左右するからね!と花子とドキドキ。
毎日、「あぁ、今日も生きていた…」とほっとしていて、
まさに花子の赤ちゃん時代。
日々、記録更新の気分で生活していたのを思い出した。
花子を含め、うちのこどもたちの赤ちゃん時代より育てにくいぞ!と
ピーちゃんに思ったり…。
いつも新鮮で適温な母乳を与えれたことがきっと大きかったのだろうなぁ。
粉ミルクのママさんたち、大変だったのね…と今更気づいたり。

きっとこれも一人餌になるまで、長くてもあと1か月!と
花子と慰めあいながらピーちゃん育て中。
人間の赤ちゃんなら母乳→離乳食→一人で食べる…ところまでほぼ1年。
それに比べたらあと1か月くらい…花子、がんばれ!

ピタゴラス

花子が欲しがっていた実体顕微鏡…。
学年1位を取ったら、ということだったので
購入予定だったけれど、
花子は実体顕微鏡よりセキセイインコを飼いたい!と。

そうはいっても、セキセイインコの寿命は5-10年と長く
その間に花子が大学生になって下宿したときは
一体、どうするんだ?という話もしたところ、
「家から大学に通って世話をする!」と…言う中1の発言に
どれだけ意味があるのだろうかと思いつつも
日本野鳥の会の会員の花子の鳥への愛は紛れもないことも
知っているので、つい甘く許可してしまった。

家族全員でペットショップに見に行き、
セキセイインコの雛もたくさんいる中で、家族全員で
一目ぼれしたのはコザクラインコ
なに、この青い鳥。
人懐っこくてかわいい~!
店員さんがケースから出して触らせてくれ、
花子はうっとり。
「これ、飼います!」と宣言していた。

コザクラインコの寿命は10-15年だそうで…
これから長い付き合いになりそうです。
我が家のこどもたち、「長生きしてね…」と今から言っている。

飼うなら、名前がいるということで、
フェルマーか、ガウスか、ピタゴラスか…と花子が言い出した。
数学者ですか?
コザクラインコに数学者の名前?!
じゃあ、アルキメデスパスカルニュートン…と
知っている数学者の名前を列挙して、
結果的にはピタゴラスになった。
なぜかって、コザクラインコはやっぱり”ピーちゃん”というのが
呼びやすいから。
本当はピタゴラス。愛称はピーちゃん。。。

ピーちゃん飼育セットにインコの本(3冊)に…
実体顕微鏡の予算とほぼ同額になった。

こどもたちの学力

 

カナダのパルから手紙が来た。
「今回の私からの返事、すごく早いでしょ?」と自慢げに
最初に書かれていた。
ええ、びっくり。
半年に一度のペースなのに私が手紙を書いたのは先月。
早すぎる手紙に一瞬、「文通、やめようかと思っている。」
という手紙かと思った。

そんな彼女が手紙の大部分で書いていたことは
「3人こどもがいて、みんな同じ学習レベル?」と。
彼女は学校の先生なのに、自分のこどものこととなると
やっぱり不安になるのか、と思いながら読んだ。

彼女の一番上の息子君は勉強が苦にならないタイプで
学習時間の割によい成績をとるらしい。
真ん中の息子くんはお兄ちゃんのほぼ3倍でふつうの成績。
そして、末っ子くんもまだ低学年ながら、
長兄と同じ感じらしい。

メイのところはどう?と聞かれた。
我が家も同じ感じだと思う。
一番上の花子は「頭良いのね」とよく言われるタイプ。
がり勉でもコツコツでもない気がするけれど、
それでも「わからない」なんてことはなくできる。
中学校でも平均点より30点上をとっている。

真ん中の小5の太郎は「まずい…」と、花子に比べると危機感を感じる。
性格の違いもあるけれど、花子は難易度の高いひねった問題を
好んで解くタイプだったけれど、
太郎はほめてほめて伸びるタイプで、おだてておだてて…と
地味に私のエネルギーを使う。
勉強はできないわけではなく、平均的レベルよりちょっと上、
くらいだと思う。
花子より学習の理解に時間がかかる。

末っ子の次郎はいまはZ会の中学受験コースをやっていて、
3年生より上の学年の算数がカリキュラムに入っているときもあるけれど
算数で躓くことがないどころか添削問題で満点記録更新中。
花子が難しい!とギブアップした難易度の高いドリルも
一人で終わらせたりしたので花子より賢いと思う。
市販のドリルでは算数の1学年上まではふつうに解ける。
次郎に私が算数を教えることはまずない。
次郎のやっている算数がむずかしそうで、「頼むから質問しないで!」と
思うことはあるけれど。

理解に時間がかかる、という点はあるけれど
太郎には花子や次郎にはない長所もたくさんある。
その一つは、やっぱり群を抜いて周囲をよく観察する観察眼。
花子や次郎は他者なんて関係ない、気にならないという人たちだけれど
太郎は周囲をよく見ていて、「今日はAくんが元気なかった。」とか
クラスメートが泣いていたとかをよく見ている。
そして、ものすごく損得勘定が早い。
夫のDNAか私のDNAかで毎回もめるけれど。

カナダのパルには返事をまだ書いていないけれど、
こどもたちにはそれぞれの長所を生かしつつ、
でも、学習も抜かりなくいってほしいと思っている、
と書こうと思う。

間違える


中学1年生が習っている基礎の基礎…の英語は
へんてこりんな例文がてんこもり。

I am Hanako.を疑問文に直しなさい、とか。
答えは、Am I Hanako?(私は花子ですか?)だけれど、
それを使う状況はいつやねん!
記憶喪失か!と突っ込んでしまう。

先月、花子が「これはもう末期だと思う。」と言っていた英語は
"Are you my mother?" -あなたは私のお母さんですか?

大分、記憶喪失が進んだね…という話をした、という話を
アメリカのパルに手紙で書いたら、
「いま、まさにその絵本をこどもたちに読んでいるわよ!
アメリカでは有名な絵本よ。」と返事が来た。

記憶喪失の本かと思えば、そうではない。
幼鳥がお母さん探しの旅に出る絵本で、
古いけれど、語り継がれているという。

www.youtube.com
多分、これ。 

Are You My Mother? (Beginner Books(R))

Are You My Mother? (Beginner Books(R))

 

 語り継がれる古い本、日本でいうところの『いないいないばあ』かな。

 

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

 

 

習いたての英語は失敗の連続。
習いたてではない英語でもいまだに失敗しているけれど…。

過日、娘は国語の時間にもやらかしたらしい。
”あたかも”を使った例文を言いなさい、と。
すぐに言える?さっと出てくる?と聞かれ、
「うちの夫はあたかもお金持ちのような言動をする。」
「娘はピアノをあたかも巨匠のような態度で弾く。」とか。

どうやら花子はそもそもの”あたかも”を知らなかったらしい。
「彼は野球選手であたかもしれない。」と言ったらしく、
怖い国語の先生が低く笑ったとか…こわっ!

「野球選手であたかも」…いや、それを言うなら
「野球選手であったかも」で、意味違うし!!と散々突っ込み
花子の国語力に溜息が出た。