ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

tripと古い言葉

インディアナ州のパルと久しぶりにメールの往復を楽しんだ。
我が家の息子は現在、インフルエンザA型で、クラスの半数以上が発症中。
月曜日は学級閉鎖しているかも。
インディアナ州のパルの娘さんもいまは肺炎になっていて
自宅療養中のようだけれど、抗生剤が効かないようで、
しんどそうにしているらしい。
そんな娘ちゃん、去年から書店で働き始めたらしい。

She came home the first day smiling and said it is definitely the job
for her and that she is finally with 'her people' lol!
(彼女は出勤初日に帰宅して笑顔で、
私のためのような仕事だわ、
それについに”同じ人たち”に会えた!と言ったのよ、笑)

インディアナのパルの娘ちゃんも本好きで、近くに本が好きな人がいない、
とさみしがっていたけれど、ついに、ついに出会えたらしい。
おめでとう~!!というような娘ちゃんの近況報告を教えてもらったり、
息子君のクリスマスプレゼント、昆虫を見せてもらったり…。

インディアナ州のパルと家族の話をしていて、妹の話になった。
近況報告をしたところ、
”Man oh man,she is a tirp!" と返信があった。
Man oh man, 「うわぁ…」とか「あらあら」みたいな感じだけれど、
次のShe is a trip!のtripが「旅」を意味することではないのはわかる。
辞書で調べると”つまづく”とか”薬でハイになる”なんていう意味もあり、
・・・どういうこと?と別のアメリカのパルに聞いてみた。

In the 1970's in America, some drugs were very popular.
Those drugs were so strong,
that the feeling was like traveling somewhere.
(1970年代のアメリカでドラッグが流行ってて、
そういうドラッグはとても強かったのよ、
それはまるでどこかに旅行していたみたいにハイになった)

というところから、tripという表現が”ハイになっている”という意味で
使われるようになったらしい。
まぁ、ハイになっている、という意味よりも
「ぶっ飛んでいるね!」という良くも悪くも「すごいわね…」
というニュアンスで言われたんだろうなぁ、と納得。

こんな言い方をイギリスでもする?とロンドンのパルに聞くと、
私なら、”She sounds like hard work."って言うわね、と。
そして、tripの話をアメリカ人の夫君に聞いたら、
彼は「昔の人の言い方だよ。」と言ったらしい。
確かインディアナのパルは四捨五入して50で、
ロンドンのパルのアメリカ人の夫君は四捨五入して40いかないくらい?
そうか、年齢がでるのね~、単語に。

そういえば、前も「メイさんは、本当に年上の人とよく話しているんですね。」と
しみじみとアメリカ人のメル友に英語で話していたら言われた。
はい?と聞き返すと、「久しぶりにそんな言い方を聞いたよ。」と。
すごくしみじみ言われたんだけれど、一体、どの単語のどの言い回しで
彼はそんなことを思ったのかしら?とロンドンのパルに話した。
「確かに、メイが年上とよく話しているんだなぁというのを私も感じる」と
ロンドンのパルにもいわれた。
「でも、年上の人と丁寧な話し方をしているのがわかるだけで、
失礼な言い方になっているわけではないから、気にしないでいい」と。
一体、私の英語はどうなっているのかしら…。
とりあえず、みなさま、ごきげんよう、ということで。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

友情は甘い

数日前から頻繁にメッセージのやりとりをしている人がいる。
インターネットの世界は怖い世界で、みんな”自称”だと思っている。
ええ、自称女子高生も自称社長も自称金持ちもいるんです。
そんな中、自称”医者”の人に会った。
へぇ、自称独身の男性医師(海外の)…。
専門は?とか聞く気にもならないけれど…話をしていたら、
結構、面白い人だった。
ロンドンのパルと女子(と書くのが憚られる年齢だけれど)トークの中で
結構、面白い人だと思う、という話をした。
しかし、ネットで探す”なにか”は人それぞれで、
私は文通相手やメール相手以上は求めてないし、
求められても困るわけで、
「既婚で子持ちのため、それ以上は求めてません」と先にお断りを入れた。
そして、”ただの友達”としての会話をしていて気づいたことを
ロンドンのパルに報告した。

「私、やっぱり男性が苦手だったかも。
しかも、年齢の近い男性って、本当に嫌になる」と
ロンドンのパルに告白。

ロンドンのパル、爆笑して言った。
「つまり…彼はあなたにアドバイスしたのね?」と。

なんでわかった?!
そうなの、アドバイスしたのよ!
医師として…。
本当の医者か?と疑う私に名前をググれといい、
ググったら某病院の医者が顔写真入りで登場した。
メールアドレスもその名前で、プロフィール写真も同じ顔写真。
彼の語った出身地も出身大学も同一だったけれど
いろいろ、頑張って作ったのね~と猜疑心の塊の私は思っただけ。

そんなことより、「わかる~!!」の一言でいいのに…と
ロンドンのパルに愚痴り、
「わかるわよ、あなたの性格は。
アドバイスされたら、上から扱われた気分になるんでしょ?
あなたは敬意をもって対応されないことが一番いやなのよ」と言われる。
あら、いま私、まさか分析されてます?
それともずっとロンドンのパルに分析されていたの?というほど
ロンドンのパルに性格を当てられた。

そして、ロンドンのパルは
「私はあなたに敬意を払っているし、
私たちの友情を価値あるものだと思っているわよ。
そして、これがその証拠よ。」と私に送るチョコレートの画像を見せてくれた…。
私たちの友情はチョコレートか!!と突っ込み入れそうになったけれど、
そういえば、私も私の友情ロンドンのパルへ送るチョコを注文したわ!

私がパルたちに”友情”を示すとき(バレンタインデー)がきたわ!
日本酒好きのパルには日本酒ボンボン、
アルコールが苦手なパルには繊細なチョコ!
私たちの友情は”甘い”ということで。

それにしても、なんで男性って、アドバイスしたがるんだと思う?と
50代のアメリカ人パルにも愚痴った私。
「紅茶とチョコレートがあれば、私たちには何もいらないのにね」と
彼女は言っていた。
Chocolate cures everhthing.(チョコレートがなんでも治す)
その通り!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

ロンドンからの小包

ロンドンのパルから小包が届いた。

ラベンダーを見れば、買っているの!と買い貯めたラベンダーの品々らしい。

f:id:bitter-chocolate3:20190117141525j:image

すごくいい匂い!!

私はお返しに”ぐでたま”グッズを送ることになっているので、

ぐでたまグッズを箱いっぱいに詰め込もうと思う。

f:id:bitter-chocolate3:20190117141435j:image

そして、チョコレート。バレンタインには私もチョコレートを贈ろうっと。

昨日、以前登録していた文通募集サイト経由でメッセージをもらった。
相手は自称オーストラリア人で元妻がいて、こどもがいて、
私が既婚で子持ちでっていうのを知ってて、
その上で、

「僕たちが語り合ったら、もっと素敵な化学反応が起きると思わない?」的な
メッセージをもらった。
読みながら、「この人、大丈夫か?」と思ったけれど、
もしかして、「ちょっと話が合うね」のニュアンスなのかしら?と
ロンドンのパルにメールを転送して読んでもらったら、
”He is being a bit full-on.”(強烈な人ね)
full-on:強烈、感情が激しすぎる
と言われた。
やっぱりか…。

その後も今度は自称イギリスの18歳から
「お姉さん、既婚でもすっごいきれー!俺、超タイプ」的なメッセージを
受け取り、それもロンドンのパルに転送。
今日は厄日か…。
”It's a bit of a creepy message.”(ちょっと気持ち悪いメッセージ)
と、ロンドンのパル。
へぇ、これはcreepyになるのか、とロンドンのパルの反応で勉強になった。
この18歳のぼくちゃんには「ありがとう」と返すべきだと思う?と
冗談で言うと、
「もし、あなたが彼といちゃつきたいならね。」と。
いや、そういうわけではないから…
「(私が美しいって?)知ってるわ、そんなこと」と返そうか、
と話すとロンドンのパルが爆笑していた。
大人なので無視一択で。 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

英語の発音と告白

マレーシア航空の録音された機内アナウンスをはじめとする
マレーシア人の英語、結構、聞き取りにくかったよという話を
ロンドンのパルやコロラドのパルにした。
「それぞれの国で英語のアクセントに違いがあるわよね。
私はやっぱりヒスパニックの英語のアクセントが抜けない」と
メキシコ出身のコロラドのパルは言っていた。

ロンドンのパルは、
「私が一番びっくりするときは、どこからどう見ても外国人なのに
強いアメリカ英語を話す人に会ったときね。毎回、驚かされるわ」と。

ちなみに私の英語は”日本のアクセントが残っている”そうで、
強いアメリカ英語というわけでもないけれど…と、まぁ、
ジャパニーズ・イングリッシュになってますよ、と。

「でも、あなたは日本人なんだし、その英語でいいと思うの。
それとももっと発音をアメリカ英語かイギリス英語にしたいの?」と
ロンドンのパルに聞かれた。
うーん…発音がいい人になりたいか?と聞かれたら、
「もちろん!!」だとは思うけれど、
私の英語はコミュニケーションの道具に過ぎないわけで、
正直、それほどのこだわりや強い信念がなく…な結果がコレなんだと思う、
とロンドンのパルに話した。
それとも「アイリスというイングリッシュネームにふさわしいような
イギリス英語を身に着けるべきかしら?」と冗談っぽく言ったら、

あなたの英語は理解されているから、大丈夫。
”That is all you really need,
you aren't trying to pretend to be British or American.”
(それ(英語でのコミュニケーション)があなたが求めていることだし、
アメリカ人やイギリス人のフリをすることもないのよ)と。

”I think you should be yourself,
you are a wonderful person as you are.”
(あなたはあなたでいるべきよ、
あなたはそのままで素晴らしい人だわ)

あら、なんて素敵な言葉…と聞いていたら、話はロンドンのパルの
アメリカ人夫の話に。
彼はアメリカのアクセントを限りなくゼロにしようと奮闘中らしい。
アメリカ人アクセントも彼のアメリカ人らしさ(ロンドンのパルからすれば)も
どんどん指摘して!直していきたい!と彼は言っているらしい。
会ったことも話したこともあるけれど、なんとも謙虚で彼らしい…。

正直、いままで会ったどのイギリス人よりもイギリス人らしさを
私が感じたのはアメリカ人の彼で、
「そんなにシャイでアメリカでやっていけたのか?」と驚いたほど。
彼には社交的ではないところなどを恥じるところもあり、
誰もそこまで見てないって!!というポイントまで気にしたり…
彼はアメリカ英語の発音も含めて、いーっぱいの彼の部分を必死に直そうとしている、
とても厳格に自分自身を追い込んで…。
そんな彼にこそ、
”I think you should be yourself,
you are a wonderful person as you are.”
(あなたはあなたでいるべきよ、
あなたはそのままで素晴らしい人だわ)
と伝えておいて、とロンドンのパルに言った。
社交的でなくて、口下手で、それでも謙虚で誠実で、
アメリカ人っぽいだとかイギリス人らしくないだとか全くわからないけれど、
(我が家では、彼こそが日本人の想像するイギリス人男性!!と言われているけれど)
私たち家族は彼のこと好きよ~と告白しておいた。

"He will LOVE that!
I will tell him you said that!"
(彼は喜ぶわ。あなたがそう言っていたって、伝えるわ)
とロンドンのパルが言っていた。
私の告白、伝えられるようです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

マレーシア航空

マレーシア航空を使った今回の旅行。
すっごいドキドキした。特に陸地から離れ海の中を飛んでいるとき、
「マレーシア航空がGPSから消えた」とかまたなったりしないよね???と
気が気ではなかった…のは最初の30分ほど。
以後、食事攻め…を受けた気がする。
ナッツとジュース…
結構、おいしかった機内食、食後のコーヒー、アイス…と
フォアグラが完成しそうになった。

マレーシア航空、私の感想としては結構よかった!けれど…
ただ一つを除いて。
飛行機の機内で配られる子ども用のおもちゃ、
6年生の花子には配布されず。
太郎と次郎はもらっていて、一緒に乗っているのに???
「この子も子どもだと思うんだけれど」と、ついCAに言うと、
「彼女はもう子どもではないわ。」と。
えっ、ちょっと待って、あなたの子どもっていう基準は何?
私の中では小6は子どもですけれど。
小学生よ!と、言ったものの
「これはもっと小さい子用よ。」と結局、くれず。
(航空会社の子どもは低学年、というくくりらしい。)

次郎がもらったものを見せてもらうと、中には色鉛筆と
五目並べをするような小さな盤。
…寧ろ、小さい子は使えないおもちゃじゃん!!
と、憤りをロンドンのパルに話したところ、
「あなたの得意の英語スキルが実際に使えたわけね!笑」と
いわれてしまった。
ロンドンのパルの言う私の得意な英語の分野はですね…文句です。
買い物英語、ビジネス英語に加えて、
文句英語も英会話の一分野に入れてもいいかも。
「同じ空港で同じ飛行機会社で行きと帰りで優先搭乗の範囲が変わるのって、
変じゃない?担当者次第?」と空港職員に英語で聞いたことは秘密で…。

久しぶりに乗った飛行機、CAさんたちのフレンドリーすぎる英語に
実は結構、驚いた。
単語だけなのね…と。
”Drinks?”とか”And you?"とか…。
話し疲れているのかしら?とか簡単な英語のほうがわかりやすいから?と
思ったりもしつつ、単語だけで返すことはものすごく居心地が悪く
私にはできなかった。
マレーシア航空に乗ったら、こんなカードをもらった。

f:id:bitter-chocolate3:20190115200824j:image

”無事に着地したと誰かに伝えて”
マレーシア航空、私は結構よかった。

そして、マレーシア語、かわいい!!
放送で毎回、最初に"Tuantuan dan puanpuan"という。
繰り返しの音のなんてかわいいこと。
つい「なんて言っているの?」と聞くと、
”Ladies and Gentlemen"(紳士淑女のみなさん)
だった。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

タイで驚いたこと。

タイで驚いたこと。
運転の粗さ。
バイク(二人乗りでノーヘル率が高い)か
パジェロやピックアップカーのような大きな車という両極端さ。
小学生くらいのこどももバイクを運転していて、
現地のガイドさんが「親も小学校送っていくのが面倒だと
こどもにバイクを運転させて小学校まで自分で行かせる」とか…。
我が家の小学生たち、絶句していた。

こどもも運転すれば、外国人もたくさん運転していて、
二人乗りどころか3人乗りや4人乗りもいて、家族全員がバイクに乗っている
という風景もよく見かける。
そして基本はノーヘル。
みんないつ交通事故起こしてもおかしくないうすごさで
運転が得意な夫も
「タイでの運転は無理かも…」と呟くほど。
帰国してから大阪でタクシーに乗り、
「いま日本のタクシーの安全さに感動中…。」とこどもたちが言っていて
笑ってしまった。

運転は荒く、早く、ほぼ時速90キロ以上で道路を走っている車ばかり…。
空港~ホテルまでのタクシーが時速90~100キロで、
ひぃ~!!と思っていたのにほかの車が割り込んできたり
追い越したりすることに衝撃を受けた。

その一方で、ガラガラのレストランでも料理が出てくるのがすーごく遅い、
15分待ちは日常。
初日は「忘れてる???」と思ったほど。
どこのレストランでも同じような待ち時間で、
これ、ランチタイムでレストランがいっぱいになったら絶対に回らない…と
つい心配してしまうほど、のーんびり。

そして、一番衝撃だったのが…小銭を嫌うこと。
小銭がでないように小銭を足してお金を払う方式、日本ではよくある。
(782円だから1002円支払い、といったような)
タイで一度やったらすーっごい怪訝な表情をされた。
そして、ちょっと小さなお店でレジが置いてないところでは
おつりの計算に手間取る、手間取る。
夫は「おつりはいいわ。」って言わせるための演技では?と言っていたけれど、
タイ人、計算苦手?と思い、検索するとタイに住んでいる日本人たちの
「タイ人は計算苦手」という証言が出るわ、でるわ…。
同じく「タイで小銭が使いにくい」という証言も…。
チップを小銭で渡せば?と思ったけれど、チップを小銭は失礼になるらしい。
あの運転の速さの3分の1でも計算に使ってくれれば…。
基本、タイでは55バーツなどといったとき、残りはチップと受け取ることも多く
(タクシーの運転手等。なので100バーツ渡すとおつりくれるか不安になる)
細かい金額の計算は日常的にしないのかも。

f:id:bitter-chocolate3:20190114161000j:image

大きい支払いは私、チップ払い担当として夫には大量の20バーツ札(基本のチップ)や
50バーツ(ちょっとありがとう度高め)をもってもらっていた。

細かい計算が苦手なのか面倒なのか、
バーコードをピッとするだけのコンビニの店員のお兄さんに至るまで同じで
カゴに20バーツくらいの商品が残っているのにお兄さんが気づいていなかったので
「まだあるよ」と言うと、
気づいたお兄さん、ポンと袋に入れた。。。
未精算?!
・・・いいのか?それとも×2、と打っていたのか?と思いながらレシートを確認。

f:id:bitter-chocolate3:20190114162226j:image

(生理用ナプキンやビーチサンダル(コンビニで売っている)から
虫よけスプレーに至るまでこのレシートの中に書かれている…ハズ。)

レシート見てもわかりませんでした~!!タイ語、読めなかった…。
タイのお金事情、謎が多すぎた。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

タイで気に入ったもの

どこの国でも独特な匂いがあるけれど、
タイの匂いは謎だった。
どの女性からも同じような匂いがするけれど…シャンプー?
すごく人気のシャンプーでもあって、みんな同じのを使ってる?と
不思議に思っていた。

タイのコンビニで虫よけスプレーを買った。
日本の虫よけスプレーはタイで効かない。
タイの蚊にはタイの虫よけスプレーが効く!というのをネットで読み
タイについてのブログのいろんなところで見た虫よけスプレーを
まずは一本とコンビニで買った。

f:id:bitter-chocolate3:20190114154549j:image

そしてつけた瞬間、みんなこの虫よけスプレーの匂いだったのか!!と
思った。それがピンクの蚊のイラストの虫よけスプレー。
小さいものをコンビニで。
なんの匂いなのだろうかと思ったら、flowerとしか書かれていない。
タイでは花の匂いといったら、どうやらこの匂いのようで
ホテルの外庭でもこの花の匂いがした。
そして、生理用品のナプキンですらこの香りつき。。。

私、この匂いが大好きだわ!!とスーパーでもコンビニでも
どこかへ行くたびに少しずつ購入の虫よけスプレー。
「買いすぎやで。」とみんなに言われたけれど、
アマゾンでもお取り寄せできないんだもの~と買ったけれど
帰ってからあちこちに散らばっていた虫よけスプレーを並べると
結構な量があった。(花の形の石鹸も!)

f:id:bitter-chocolate3:20190114151131j:image

人参のパックはコンビニで買ったフェイスパック。韓国製だった。
日本のビオレUVもそのままのパッケージでコンビニにおいてあったり。
タイのコンビニには必ずあるという体重計、本当にあった!
外に置かれていて、測定するのは有料。
「ここで体重を測れるタイ人すごい…」と思春期の花子は見るたびに言っていた。

タイの虫よけスプレー、効果は抜群だった。
香水か!という勢いで手や足にシュッシュとつけていた私、
タイで一度も蚊に刺されなかった。
匂いが嫌いだとつけるのを嫌がった末っ子、5か所ほど腕を蚊に刺され、
その腫れ方が蚊?!ブト?!(ブヨ、ともいう)というほどの腫れっぷりに。
今年の夏はこの虫よけスプレー使うのが楽しみ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村