ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

日本名にびっくり

娘にフィンランドのパルの紹介でペンパルが増えた。
「日本人の女の子のペンパルを探しているの。
花子ちゃんの文通相手にどう?」ということだったので、
いいよ~と二つ返事で返した。

そして、その手紙が昨日、到着。
「私は13歳で、日本名をマサオといいます。
日本語の先生がつけてくれました。」と英語で書かれてあった。
ほぉほぉ、マサオくん。
・・・マサオくん、13歳で女の子の文通相手希望?
同性希望っていうほうが多い気がするけれど…と思いながら読む。

家族構成と生活について書かれていて…
最後に「This is me.」と書かれている写真が貼ってあって、
衝撃を受けた。

女の子ですけれど!!

えーっと…日本語の先生はどうして彼女に”マサオ”なんて
どう考えても男の子の名前をつけたんだ???という
疑問符で現在、頭がいっぱい。
彼女の実際の名前はM始まりなので、同じM始まりでマサオ?
いや、それならマサコ、マキ、ミキ、ミカ、ミサって、
M始まりの女の子の名前は山ほどあるのに!

紹介してくれたフィンランドのパルに
「手紙を受け取ったんだけれど…どうしてマサオになったのか
ちょっと彼女のママに聞いてよ。
日本人が”マサオ”って聞いたら、男の子だとしか思わないよ。
中性的な名前が好きなら、もっとほかにもあるわよ!」と
ついwhatsappでメッセージを送った。

中性的な名前、カオリ、イブキ(子どもにつけたかった!)、
イオリ(子どもにつけたかった!)、ヒカル、アユム…と
あるのに~と思っていたら、ドイツのパルからの手紙を思い出した。
ドイツでは名前は男女の性別がきっちりわかるような
名前をつけなければいけない、という法律があるらしい。

へぇ~、別に性別がわかる必要もないだろうに、と
私は思うけれど、夫も”名前で性別がわかる”というのは大事派らしく、
私が「すてき」と思った中性的な名前は却下され、
我が家のこどもたちはみんな性別がはっきりわかる名前。
ほかにも、夫の名づけポリシーはあり、
「これ!っていう読み方しかできない漢字」の名前、と。
読み間違いされるのも指摘されるのもいやだ、と。
そう?そこから会話が始まるかもしれないし、
自己紹介だけで話のネタなんて素敵じゃないの~と
平々凡々なほかにどうとも読めません!な名前と漢字を持つ私は思ったけれど
あまりこだわりもなかったので、夫のルールに沿って名づけした。

日本人のイングリッシュネームには全く気にならないけれど、
外国人が「私の日本名!」っていう日本名は、結構、気になる…。

 


にほんブログ村

1年ぶりの調律

1年ぶりに調律師さんが来られた。
「先生のお家のグランドピアノに比べて重い!」と
こどもたちが言うんですが、どうでしょう?と見てもらった。
(先生からの紹介なので、同じ調律師さん)
我が家のアップライトは普通の重さで、
先生のところのグランドピアノが軽いらしい。
「年季が違いますから。」と。
先生のグランドピアノは車で例えるなら走行距離30万キロ!
まだ走らせますか?というほどで、
故障も多いらしい。
我が家のアップライト、中古ですが前の所有者はあまり弾かず、
調律だけずっとしていたので、
型式は古いけれど走行距離が少なくメンテナンスがしっかりしてある中古車らしい。
調律師さんは前の所有者さんが購入したときから調律し、
我が家にも引き続き同じ調律師さんが調律…で、
30年調律してきたピアノですが、
「いい音がでるようになってきてます。よく弾いてますね」と
言われた。

実は、最近、一家でピアノブームなんです!
娘の課題曲のレベルが上がってきて、初見で私も弾けなくなってきた。
そこで…娘がいないときに、必死に練習して、
「どれ、弾いてあげよう」と、さも簡単かのように弾いている。
っが、近所のおばちゃんたちに、
「最近、ママがピアノ練習頑張ってるで~」と娘は言われたらしく、
「母さん!ズルしてるでしょ!」とバレた。。。

実家に古いアップライトがあるけれど、
10万ほどの電子ピアノを買おうとしていたピアノ習い始めた娘がいる
ママさんに、それなら古いアップライトのほうがいいよ!と
調律師さんを紹介し、
「すごいよかった!!」と言ってもらえた。
私も10万ほどの電子ピアノを買って、こどもたちが練習していたら、
「電子ピアノの指になってる」とピアノの先生に言われ、
アップライトに買い替え、
結果的に10万円の電子ピアノがもったいなかった。
中古のアップライトとはいえ、清水の舞台から飛び降りたし、
せっかく買ったのなら、4人で弾きまくる!と
こどもたちと練習しているので、結果的にとてもよかったと思っている。

「でも、やっぱりグランドピアノはもっといいですよ!」と
グランドピアノの納入先を探している調律師さんに言われた。

「…この狭い我が家で、グランドピアノを置いたら、
どこに寝るんですか?」と聞いたら、
「ご主人はグランドピアノの下で、奥さんと子どもたちは上で。」と…
そんな会話をしていたら、調律スタートは40分遅れ、
調律後も30分話し…、また来年お願いします~!となった。

宝くじ当ったら、グランドピアノ欲しい~。

鼻持ちならない?花持ちならない?


実は密かに花屋で花を買い続けている。
「ここにも花屋があった」と夫が買い物ついでに
あちこちの花屋に寄り道してくれるので、
ついつい…。
”自宅用”で、大きな花束は必要ないので、2000円を予算に。

お気に入りの買い方は、
「2000円の予算でこの花を入れてください。あとはお任せで」と
気に入った花を指名して、それ以外はお任せ。
ただ、白とピンク…といったよくある組み合わせになりそうなときは、
「前回買った花が白とピンクだったので、それ以外で」と言ったり、
あまり好きではない葉物が置いてあるときは、
「グリーンは入れないでください」と言ったり。
…意外と注文が多い?

先日行った花屋は、ダリアが素敵だった!
ダリア!!このど迫力!と
「自宅用に予算は2000円でダリアを入れてください!」と
リクエストしたら、
「ダリアは1本500円ですよ~」と言われた。
それでもいい!とダリアを入れてもらって、持ち帰ったのがこちら。

f:id:bitter-chocolate3:20170914172906j:image


うっとり…。
ダリア、いいわ~。
この迫力!とうっとりしていたのは二日ほど。

私、知らなかったんです!
ダリアがこんな花持ちが悪い花だったとは!!
あまりにもどんどん急激に色あせていくので、
あれ?管理の仕方がそんなに悪い?!と焦って調べて
ダリアが花持ち悪い花だと知る。

500円もしたのに、その花持ちの低さ、
一切媚びない感じでいいわ~と惚れ惚れした。

 ダリアがなくなると、一気に迫力も華やかさもなくなったので、
スーパーで買ったお花を追加したりしつつ、
現在も我が家の花瓶は花がある。
花のある生活、華やかさがあっておすすめ!

 

ポスクロで気になった

ポスクロで受け取ったカードも送ったカードも
3000枚を超えた。
今日も私のカードがオランダの女性に届いたようです。
「私もポスクロ年数長いけれど、面白いことが今日あったわ!」と
いう登録メッセージ。
彼女の娘さんもポスクロをしているらしく、
どうやら、私は先月その娘さんにカードを出していたらしい。

「あなたのメッセージが面白かったから、
娘に紹介したら、同じ人かも?と彼女が受け取ったカードを
見せてくれたら、同じ人だったのよ!」

メッセージを覚えていたの?
えぇ?!それって、すごいわ~とびっくりしてしまった。

ハガキに書かれていたメッセージを私も読んでいるけれど、
「これ、親子かも!」と気づいたことはない。
一度だけ、複数のポスクロIDを持っている人から、
「複数のIDを持っているけれど、二つのIDで
あなたにポスクロ送ることになったわ~!!」という
メッセージが書かれていたことはあったけれど。

私が受け取ったドイツからのカード、
民族衣装を着た女性たちの帽子が気になった。
この赤い帽子、何???

f:id:bitter-chocolate3:20170920144712j:image

調べてみると、Schwalzwald(シュバルツワルド)、
ドイツ語で”黒い森”を意味する地方の民族衣装らしい。
私が気になった赤いボンボンがついた帽子、
Bollenhut(ボレンフート)と呼ぶそうで、
未婚は赤、既婚は黒らしい。
端っこにいる年配の女性は確かに黒いボンボン。
シュバルツワルドで調べていたら、おいしそうなケーキ、
タルト、パイの写真の数々…。
私のバケットリスト(死ぬまでにしたいこと)に
シュバルツワルドでスイーツ食い倒れも追加された。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

時代劇が流行ってる?

私の周囲だけでしょうか、
香港のパルたちの日本語がおかしい!
香港のパルたちとは日本語でLineや手紙をしている。
そのうちの一人が、
「死ぬまでにしたいこと」で、
「ロシアのクレムリンに行かねばならぬ」と…。

行かねばならぬ?!
どこの時代の人?時代劇でも見た?と思ったけれど、
彼女は日本のアイドル好きなので、現代もののドラマしか見ないハズ。

この前、久しぶりに話した香港の別のパルは相槌が
「左様ですね」だった。
彼女は私より20上で、そんな彼女に「左様ですね」と言われた日には
私はなんと返せばいいの?!と固まった。
頭の中は、もうかくなる上は「せさせ給ふ」(二重敬語)しかない!と
古文しかでてこない。
私たちの会話は”お化け屋敷”だったんですが…。

どちらのパルも日本語スクールに行っているハズなのに、
それは指摘されず?
香港で時代劇風に話すのが流行っているのか?

そういえば、次郎の担任の先生がパニックになったとき、
「どちらでもいいですよ~」と言いたかっただろうところで、
「よしなに」と言ったのを思い出した。
20代後半の先生の時代劇風な発言に吹き出してしまいそうになったのは
私だけで周囲は真面目な顔で聞いていた。
「よしなに」って、若い先生が言うなんて…
お気に入りの時代劇はやっぱり大岡越前?遠山の金さん?
水戸黄門か?ちょっと癖のある三匹が斬る?と
私の頭の中は時代劇でいっぱいになった。
そのくらい、現実で聞くと、破壊力の大きい言葉でした。
すべての思考が停止してしまった。

「時代劇が流行ってるのかも」と夫に話すと、
夫は「隠密同心」が好きだったらしい。
私はやっぱり「大岡越前」!

 


にほんブログ村

『親の介護、はじまりました』

ズドーンと落ちてしまう本がある。
あるあるすぎて、しんどい、そんなジャンルは私にとって”介護”。


実母の介護をするけれど、昔かたぎで暴力的な実父に苦労し、
両親の不仲に疲れ…という話。
まるで私の祖父母を見ているかのようで読み終わっても
ため息しか出てこない。

祖母が施設に入って、そろそろ10年になるけれど
元気にやってきていた祖父もかなり痴呆の症状がでてきたように思う。
痴呆の症状か…と私が憂鬱になるのは”執着”。
その執着がすさまじい。
「俺が買ったお菓子を○○が食べた」という話から始まり、
「俺のタバコがない」
「俺の漬物がない」と、キリがない。

以前、祖父が「持って帰って、こどもと食べろ」と言って渡してくれた
漬物をもらって帰ったら、
「全部、持って帰ったのか?食べるのを楽しみにしていたのに!」と
いう電話がきた。
1日おきに3回ほど…。
祖父は毎回、初めて言うかのように語り、初めてのように私も聞き、
「それは悪いことをしたわね~」と3回は言った。
4回目、「おじいちゃんがあげるって言ったから持って帰ったんじゃん!!」と
私もついに怒ってしまい、祖父が食べたくて仕方がなかったという漬物、
全く同じものをネットで注文した。
その漬物、半年経ってもまだ冷蔵庫にある…。
「この漬物、そろそろ食べたら?」とたまに聞くと、
「いるなら、持って帰って食べても良いぞ」と祖父に言われるけれど、
恐ろしすぎるので絶対に持って帰らない。

お盆に帰省したときも、「お中元でもらったハムとカニを食べよう!」と
祖父が言った。料理しましたとも!
カニは食べにくいから、祖父にほぐしてお皿にたっぷり入れた。
現在、「カニが冷凍庫いっぱいあったのに、
わしが食べたのは足1本!」という話をエンドレスで語られる。
だーかーらー、ほぐして入れたって言ったでしょ!!と
4回に1回くらいは、つい怒ってしまうけれど、
「そうだったか?」と相手は初めてのように驚いている。

のれんに腕押しのような会話、続けるのはかなりのエネルギーがいる。
だからといって、会話をしなければ、ますます痴呆は進むだろうし、
以前は祖父に週に1回30分ほどだった電話を現在は週3回10分程度でしている。
それでも、徒労感はすごい。
今日も話題は前回と同じだった…
また、漬物とカニの話題がでてきたよ。どれだけ執着するんだ?と
疲れ果てて電話を切った。

「苦手な本のジャンルは?」と海外のパルに聞かれると、
「介護!!」と言いたくなる今日このごろ。

 

アメリカですること

アメリカに来たら、何をしたい?と、
たまにアメリカのパルたちに聞かれる。
「分厚いステーキを食べる」
「大きな本屋で一日中過ごす」
「国立公園を散策する」
といった漠然としたものしか思い浮かばないけれど、
彼女たちにはいろいろと「一緒にこれをするわよ!」
というプランがある。

サウスカロライナ州のパルは
「湖畔でのBBQ」と
「私の十八番、手作りチョコレートブラウニーを食べさせること」は
あなたがアメリカに来たら、必ずあなたにさせるから!と
いつも語っている。
彼女のチョコレートブラウニー、とっても甘いらしい。
アメリカのチョコ、かなり甘いのに、
そのアメリカ人が言う”甘い”…
さすがの私も食べれなかったら、どうしよう?とちょっと不安。

コロラド州のパルは「ピクニックに一緒に行きましょ~」と
彼女の子どもたち3人と我が家の子どもたち3人で
ピクニックを計画するわ!と。

インディアナ州のパルとはランチをする予定で、
その後は彼女のお気に入りのアイスクリーム屋でアイスを食べて…と
延々と食べ物の計画。

そんな話をヴァージニア州のパルにしたら、
「私はあなたをお気に入りのスパに連れて行くわ!」と。
・・・なんですか、その話だけで体がだらけてしまいそうな
素敵なお誘いは!
なんでも、ほぼ話さず、されるがままでセレブ気分を味わえるそうで、
彼女のこどもたちから、誕生日や結婚祝いのプレゼントで
何度かそこへ連れて行ってもらったらしい。
「帰りにスーパーへ寄ろう、なんていう気は失せるわよ!」と。
うわぁ…想像しただけで、素敵~とうっとりした。

いつになるかわからないけれど、アメリカへ家族に旅行したら
帰国したときには服が着れなくなっているかも。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村