ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

発表会終了!

ピアノ発表会が終わった…。

末っ子の次郎、「練習をしたくない!」と発表会2週間前に言い出し、
「なんで練習をしないといけないわけ?」と聞き、
我慢できる練習量が限界に達したようで、
「僕はもうこんな家を出ます!」と言い出した。
ほぉ、どこまで行かれます?
お隣のおばちゃん家?それなら電話してピアノ発表会近いから
練習させてって言おうか?
それとも仲良しの〇くんち?あそこもピアノあるから、
練習できるね!とからかったところ、本気で怒らせ…
そして、家族中から怒られた。
「お母さんが悪い!!」と。
からかったからか…と思ったら、
「いつも末っ子だからと次郎を甘やかした結果だからね!」と。
そっちか…。

中学校になったら、ピアノを辞める子たちも続出のようで、
花子のお友達にも数人。
毎日3時間弾いているとか?と聞くと、
花子と同じレベルの30分練習らしい。
うちの子たちは、ピアノを辞めたとしても30分を使って
勉強するようになるとは、とても思えないのでピアノは続行するから!と
すでにこどもたちに宣言してある。
亀の歩みだろうとミスタッチ連発の曲を発表会で披露しようとも
続けることに意義がある!と思うくらい我が家のこどもたちも
ピアノ歴が長くなってきた。
「太郎君は何年ピアノをやってるの?」と聞かれ、
「5年目!」と答える太郎に「4年後はあんな感じに弾けるのね~」と
知らないママさんに言われ太郎もうれしそうだった。
4年後のそのこはもっと上手に弾いているかもしれませんが…。

花子は先生の選んだ曲が簡単すぎて2か月で完成、
もう一曲弾くことになったもののその曲も2か月ほど、
そしてまさかの1か月切ってから連弾することになり
完成していた曲も崩れ始め…のところで発表会。
ええ、崩れましたとも!

太郎はにっちもさっちもいかない4小節がありまして、
ワープとかカットとか…練習するけれど弾かないとかいう
選択肢は?と何度か先生に相談したほど。
「ぎりぎりまでやって、ぎりぎりまでいきます!」と先生に言われ、
必死で練習してぎりぎりに完成。
あがり症のため120%まで仕上げて9割の力を出す太郎、
100%までにしかできなかったため、8割の結果に。
まぁ、これが実力…。

次郎は…泣きたい、と思う完成度だったけれど、
最後の2週間の猛練習が効いたような効かなかったような。
花子と同じで肝っ玉が据わっているだけかも。
3人の中で一番よかったかもしれない。

毎年思うけれど、今年も発表会を見て思った。
「来年こそは余裕をある演奏をしてほしい」と…。

井の中の蛙、井の中で泳ぐ

またやってしまった私のおっちょこちょいで、
慌てて小学校へ書類持参で行くことになった卒業式の翌日、
会う先生、会う先生から私の読んだ謝辞を絶賛していただき…
「手ぶらで来たのに、そんなに褒められると申し訳なくなるんですが…」と
謙虚に答えた。

そして、何度も聞かれた。
「メイさんは、緊張しない人なんですか?」と。
いやいや先生、そんな人いますか?と言いそうになったけれど、
我が家の花子は”緊張しない人”かもしれない。

「メイさんの謝辞、素晴らしかったですよ。
声も震えず堂々とした態度と発声で、
しかも冒頭に冗談を飛ばして会場を沸かせて和ませて…」と言われ、
なに、この手放しの賛辞。
言われ慣れてないので、うまい返しがでてきませんけれど!
緊張して卒業式に全く泣けず、頭の中は自分の謝辞でいっぱいで
ジョークに会場が沸いたかどうかを確認する余裕もなかった。
とりあえず、校長先生と教頭先生が笑っているからいいや、
くらいだったけれど、
ほかの先生からも「笑いました!」と聞き、非常に嬉しい。

在校生として卒業式に出席した子どもがいるママさんたちからも
「花子ちゃんのママのスピーチ、すごいよかったって
うちのこが言っていたよ」とか
「太郎君のママのスピーチ、先生たちに大受けだったと
子どもから聞いたよ~。」なんていうメールも入ったり、
占いの通り、舞台で存分に能力を発揮できたかも?!

着任1年目で今回卒業した花子とは全く関わりのなかった先生にも
「謝辞、すごくよかったです、
私ですら、うるっときてしまいましたよ!」と声を掛けられたり、
「あの言葉の選び方のセンスはどうやって磨かれたんですか?
やっぱり読書量ですか?」なんて小学校のベテランの先生に聞かれ、
最早、壮大なドッキリにしか思えない。
井の中の蛙、現在、井戸を気持ちよく泳いでます。

マヤ暦


「メイ一家の生年月日を教えて」と友達に言われた。
家族の生年月日を聞く?となれば、つい
「保険レディーでも始めたの?」と聞いてしまった。
「違うわ!」と言われた。

彼女が始めたのは”マヤ暦”。
マヤ暦…なんだかよくわからないけれど、
スピリチュアルな占いみたいなもので、生年月日でわかるらしい。
ということで、我が家の5人分を調べてもらい
電話で教えてもらった。

私が覚えている限りでいくと…
私と夫は全く正反対の性質らしい。ただし、正反対でいがみ合うというより
補完しあう関係にあるそうで、お互いに全く違う考え方なので
新しい発見やリセットができる、と。

「これだから理系人間って奴は…」と、すぐに根拠は?数値は?と
言い出す夫を思っていたのも
「行間読めとか空気読めとか…空気は吸うもんだってんだ。
これだから文系ってやつは…」と夫が私のことを言っているのも
答えはマヤ暦だったのか!

銀河の音なるものがあって、すべての人間は13種類に分けられるそうで…
星座占いより1多いレベルの分類…とかいう突込みや
人間を13種類に分けたりできるなら、人間関係はもっと簡単だろうに
なんて思うのもダメ
13が最も強力だそうで、私と夫は13らしい。
「13は宇宙から世界を見下ろせる人たち」と。
宇宙?!と漠然としすぎな言葉にもう突っ込めない。
あわせて14になる数字の人と補完しあえるらしいけれど、
同じ数字同士だと分かり合えるものがあるらしい。
最近はダイエットのため、おやつも二人で半分こしているしね…
分け与えてますよ。

そして、マヤ暦で私の潜在意識も顕在意識もわかったという友人からの
アドバイス
「あなたは言葉で人を殺せる人だから、発言に注意しなさい。」と。
へぇー知らなかった…(棒読み)。
それ、マヤ暦やらなくても、私の性格知っているあなたなら、
全部言えたよね?と途中から突っ込みの嵐を入れてしまった。
手相と同じで統計学的なものなのかしら?
まさか宇宙なんて言葉がでてくるとは…新しい世界でした。

声の高さ

ロンドンのパルに最大の懸案事項だった謝辞が終わった!!と
話した。
謝辞のなにが大変だったの?と聞かれ、
「上手なスピーチはだれかをいろんな人に聞き、
そのスピーチを聞いたり見たり、スピーチの本を読んだり…
したけれど、全く参考にならなかったのが一番きつかった。」
と話した。

ロンドンのパルに私の謝辞を聞かれ、英訳したところ…
”I think, I would have liked to have listened to your speech.
It sounds like it was full of your character.
And those are always the best speeches.”
(あなたの謝辞を聞きたかったわ。
あなたのした謝辞にはあなたの人柄が感じられるわ。
そして、そういう謝辞はいつも良いのよね。)

言おうかどうしようか当日まで悩んだジョークは
”声の高さ”にまつわるものだった、という話をロンドンのパルにした。
日本では電話に出るときなど女性は高い声を出す人が多い。
かく言う私も、「はい、山中です」と電話に出て、
知人や家族だと、「なに?」と急に声のトーンが低くなるようで…
本人にあまり自覚はないけれど、
「落差がすごいのよ…」とよく言われる。
家族や友人だとテンションが下がるわけではなく、こっちが地声。
高い声が無理しているほうなので続かない。

電話に高い声で対応するっていうこれ、アメリカでもしないらしいけれど
イギリスはどうなの?とロンドンのパルに聞くと、
「イギリスでもしない。でも、フランス人女性はするわよ。」と
嘘か本当かわからないけれど言っていた。
今度、フランスのパルに聞いてみようかと。

日本とイギリス、アメリカと違うのね~と思うこともあれば、
「同じね~」と思うことも。
最近、ロンドンのパルは夫婦関係がうまくいってなかった。
なんだかわからないけれど、いらいら、もやもや…で
ついに二人で話し合ったらしい。
そのとき、ロンドンのパルは「夫に喜ばれたいと夫が好きだろうという
言動をしていたけれど、実際の私とは違って、それが続くとストレスで…」
と気づいたらしい。
「私たちは妥協点を見出した」ということで、
話し合いは円満に終わったらしい。

夫婦になったとはいえ、別の家庭で育った別人格、
つい好かれたいと思ってする言動で自分が疲れるって…
日本でもあるあるじゃないですか!
しかも、なにその健気さ。
ロンドンのパル、そういう性格だったっけ?と驚いたけれど
話し合える限り、円満だと思う。

恋人時代は「もしもし、ヤスくん」等、高い声で言っていたであろう私、
いまは「ヤス!!」と呼び捨て…。
たまに低すぎる地声がでているようで「ご機嫌悪い?」と電話で聞かれるほど。
素ですけど、素!
「たまには高い声でかわいく機嫌よく対応してほしい」と言われ、
よそいきの高い声で、
「お客様、そちらは有料プランとなっておりまして、
対応時間は午前10時~午後4時までとなっております。」と返したところ、
家族中から、「対応時間、短っ!!」と言われた。
しかも有料…。
タダに、どこまでも求めるのは無理なんですよ、
なんたって資本主義社会ですから。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

『7つの習慣』

なぜか卒業式の前日に我が家に回ってきた本がある。
7つの習慣』 

まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣

 

 私が中学生?のころに大流行して、分厚い翻訳本が我が家にもあったような。

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 その漫画版。
パラパラとめくっていたら、「第一の習慣」に
「自分の選択を意識して行動する」というものがあった。
「自分を導く」「自分のリーダーシップをとろう」と。
他人にリーダーシップをとるのではなく、
自分のリーダーシップをとる。
最近、私にできていたのかしら?と考え始めた。
「こうなりたい」「こうありたい」という目標に自分を引っ張ったか?

それでは、私はどういう人になりたかったんだろうか、と考えたら
「ユーモアがあって」
「泰然自若」
「ブレない人」
と思ったとき、”Be unique”という言葉を思い出した。
「ユニークであれ」と日本語に訳すと、
「面白い人であれ!」という意味にとる人もいるかもしれないけれど
実際には、「唯一無二の存在であれ」
”あなたらしくあれ”が近いと思う。

花子が行く公立中学校の校長先生が来賓として
出席されていた今回の卒業式。
「中学校の校長先生、謝辞を聞きながら
眼鏡を外して涙を拭っていたよ」と知り合いのママさんが
教えてくれた。
推敲に推敲を重ねた効果がでたようで素直にうれしい。

頑張っても認められないこともあるけれど、
報われることもある。
さぁ、ピアノ弾け~!!とこどもたちのピアノ発表会前
最後の悪あがき中。

井の中の蛙

謝辞、終わりました…。
謝辞以外にも司会進行する箇所があり、
当日に変更もあったり…
(何回も確認したのに当日に言う…のが花子の小学校あるある)
どれだけバタバタさせる気?
私は職員ではなく保護者のはずですけれど…というような卒業式だった。
卒業式始まっても自分の謝辞で頭いっぱいで全く泣けなかった。
後ろや隣の席からは、あれ、みんな花粉症?という勢いで
鼻水をすする音が聞こえてくるというのに泣けない。
冷血人間みたいに見えるけれど、緊張しているだけです!

そして、謝辞は無事に終わり、なんとか…その後の司会進行も終えることができ
本当にほっとした。
卒業式、やっと終わった…。

朝、いつもは見ない占いをチェックした。
f:id:bitter-chocolate3:20190320055454j:image

あなたの実力を思い切り発揮できる日になりそう。
その舞台が用意されたら、迷わず乗ってください。」と。


謝辞の最初に入れようかどうしようか最後まで迷っていたジョーク、
入れることに決めた!

「…卒業式やろ?」と夫に常識人ぶられたり、
「ジョーク入れて大丈夫?」とほかのママさんに心配されたり、
「私は卒業するけれど、弟がいるからお母さんはまだ小学校続くよ」と
花子からもご心配をいただきましたが、
そんなときに、果敢にもジョークのひとつを入れるのが私流!
ユニークであれ!は、誠実であれ!の次の信条なので
言いましたとも!
職員席を向いてジョークを言ったら、
校長先生も教頭先生も笑っていたので、ヨシということで。
その後も滞りなく、ゆっくりと最後まで泣くことなく言えた。

謝辞の後、卒業生の父兄から声をかけてもらえた。
「よかったよ。泣けたわ!」と。
謝辞を読んだ人たちのブログで、みんなが「よかったよ」と
声をかけてもらっているので、
きっと雰囲気で泣いたというのもあるのだろうと思いつつ、
強面のパパさんに「泣かすのやめてください!」と言われたり、
「上手!本当にメイさんが作ったスピーチですか?!」と
次郎の担任に驚かれたり、褒められたり、
ほかの父兄から「メイさんにあんな才能があったんですか?!」と
スピーチを褒めていただき…
いつも卒業式に出席されている来賓の方からも
「なかなかない良い謝辞でした。僕までうるっときましたよ。」と
声をかけていただいたり…恐悦至極にございます。
どこからもお叱りの言葉がこなくてよかった…。
井の中の蛙、大海を知らず悦に入ってます。

スピーチに不安

花子の小学校卒業式が迫ってきた!
卒業式の打ち合わせがあるのだろうと思っていたら、
ない!
「謝辞」と呼ばれたら前に行って読んでください、程度。
こんなものなの~?と元教諭たちに聞いて絶句される。
「ふつうは…」という一般的な学校の話を聞いて私も絶句。

謝辞は達筆な友人にすでに筆ペンで書いてもらっていて完成している…
けれど、スピーチ関連の本を読めば読むほどに不安になってきた。
例えば、私を不安にさせた本代表はこれ。 

ソニー歴代トップのスピーチライターが教える 人を動かすスピーチの法則
 

 管理職や中小企業の社長向けのスピーチに関するあれこれはあるけれど
卒業式などでの謝辞などの参考にはあまりならなかった。
しかし、不安だけは煽られた気がする。

「ちょっと聞いて~!」と元教諭二人に完成した謝辞を聞いてもらった。
最初のジョークは年齢で反応が分かれるところで…
若い人には「面白い!ええやん!」と言われ、
ベテラン枠からは「うーん…」と。
厳かな式にどうなの?と顰蹙を買うかもしれませんよ、と。
そのときの空気で言うか言うまいか決めようと思います。
十中八九言うけれど!
最初に聴衆の意識をつかんでおくことはスピーチの基本!
次は何を面白いこと言うのかしら?というわくわくで
5分スピーチを聞いてほしい。

「謝辞…にこれを入れるのはありかなしか…」という
先生や学校への感謝だけではなく、こどもたちへの思いも入れた。
字で読んだときは、「うーん…」と言われたけれど、
音読したら、また違うと思うから!と音読したところ
ベテラン枠からも「確かに聞くと、全く問題なし。いいんじゃないの~」と言われ、
私と同じ年代の元教諭、目にいっぱい涙を溜めてうるうる…。
いやいや、あなた関係者ではないでしょ!
卒業生の保護者でもないのに、それだけ感情移入できるの?!と
私がびっくりしてしまった。
無関係な人まで泣かせる謝辞…結構いいのができた?と自画自賛

音読をゆっくりめにしたのに
「早い気がする」と言われたので、ゆっくりと噛みしめながら
感謝の心を込めて”読むようにしようと思います。

「それは過去形ではなく現在形が正解!」と言われた箇所が一点。
もう書いちゃったよ…。
奉書紙の上にピンクの付箋貼って修正しておいた。
ぎりぎりまで慌てさせられそう。