読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

宿題はどこまで親?

宿題を見ていると、「親はどこまでやる?」と思うことがある。
先生によっては計算ドリルの丸付けも親にさせ、
間違えた箇所は親がこどもに修正させ、再度丸付け。
それを学校に持って行き、先生がポン!と判子を押すだけ。

この方式、最近の小学校ではかなり一般的のようで、
「あれ?丸付けは先生か学校で授業中に一緒にではないの???」と
”昔は…”と語りたくなったけれど、
市内の他の小学校でもこの方針が多いらしい。

丸付けをしていると、「うちのこは、こういうところで引っかかる」
というのがとてもよくわかったので、
「こういうところは要注意よ!」という指摘などがこどもにできるのは
良いところだと思う。

「親が学校に求めすぎる!」という話もよく聞くけれど、
「学校が親に求めすぎる!」というところもあると思う。

ただ、共働きなどで忙しいママさんは、丸付けだけ。
こどもが宿題をやったことを否が応でも毎日確認できるのは利点だろうけれど
(それでも、宿題をしない子は宿題をしてこないらしいので、
多分、その親は宿題に丸付けする、ということも知らないのだろうけれど)
はてさて、意味があるのかしら。
クラスの問題を話し合う、と保護者会を開催したところで
問題児の親は来ず、問題のない子の保護者ばかり来るのと同じで
きっと学習に関心のある親は丸付けの必要がなくても
こどもの宿題をチェックするし、
関心のない親は丸付けの必要があっても宿題には関知しない。

授業をどんどん進めて、宿題をたっぷり出して、
ついてこれない人はそのまま~という状況が小学校である、
その現実に驚かされる。
進学校でも私立でもなく、公立小学校で。

焦った親は「わからないことを聞いてきなさい!」と塾へ…
というのもよくあるパターン。
わからない?授業聞いていた?先生にもう一度説明してもらいなさい、
と私はつい言いそうになるけれど、そんな時間は先生にはないらしい。
いまは帰りの会が終わればすぐに下校で、校舎へ残ることは不可。
放課後の図書室も禁止。
「参観日を見て、これはダメだとこどもを塾へ行かせたわよ」と
現役小学校教諭のママですら言っていた。

娘の友達も「算数のこの単元がわからない!」と
壮大にわからなくなり、
「花子ちゃんママにわからないことを聞いてきなさい!」と送り込まれた、
我が家に…。
ちょ、ちょっと!!
娘も含めて一緒に、”塾ごっこ”をした。
娘の友達が何につまづいているのかを問題を解きながら把握し、
「わかった~!」とすらすらと解く彼女を見て、
これがきっと”教師冥利に尽きる”瞬間だろうに、
先生、見逃していることが多いのでは?と思った。

 

子どもと宿題と格闘と

オランダのパルの子どもは我が家と同じ小学生の息子二人。
確か、10歳と8歳くらい。
彼女が手紙の中で愚痴ってた、
「宿題が大変なの!」と。
まず、怠け者のこどもたちを応援して、やる気にさせるだけで一苦労、
それから、わからなくなるとすぐに離脱しそうになるのを
隣で教えたりして…っていうのを毎日やってる!
毎日よ!という愚痴が便箋2枚。

…全く一緒!
我が家も小学生の宿題が大変。。。

9歳は反抗期だかギャングエイジだか知らないけれど、
もう口だけ一人前の反抗期なので、
「宿題した?」と聞いたら、「後でする。」と言われる。
「いますぐやって!!」と言っても始めないので、
どれどれ、すばらしい計算の早さで算数プリントを解くところを
ちょっと母さんにも見せてはくれまいか?とかなんとかおだてて、
週に2日はやっている。
それ以外は…「最低限の宿題くらい、さっさとしろー!!!」と
怒ってます。スマイルは家庭内では有料となっております。

「小学生 反抗期 勉強しない」
こんなキーワードで検索かけるのが日常になってきた。
大抵は、塾や家庭教師のサイトがヒットして、
「反抗期は親の言うことは聞かなくても、第三者の言うことは
意外に素直に従うもの。塾はどう?」とうまい勧誘文句を何度見たか。
いや、きっと本人のやる気が無いのに塾に入れても、
親は役目を終えたと満足するだろうけれど、子どもはしないし、
塾もやる気のない子どもをそんなに真面目にやってくれないような…と
思うので、いまのところは夫と良い警官と悪い警官作戦。

「なに?宿題をしない?怒らせたいのか?!」
「まあまあ、ゆっくりしたいだけだから、何時から始めるか
本人に決めてもらおうよ。」

といった具合にやっている。
我が家は悪役が私で、良い警官が夫ですが…。
太郎は週末、30分で終わる宿題に5時間だらだらと文句を言い、
夫との話し合いで納得したら、30分で宿題を済ませた。
・・・私の5時間を返せー!とちゃぶ台をひっくり返したくなった、
きっとそんな小学生ママが全国にいっぱい、と思いたい。

小5の花子は宿題がなんせ多い。
「最近の更衣室での女子トークは宿題の多さよ!」と
クラスの女子でも話題になるほど宿題が多いらしい。
花子の宿題するペースが遅いとは思わないけれど、それでも90分、
たまに2時間以上。
月曜日に2時間以上かかる量の宿題がでたかと思うと、
火曜日には宿題なし!そして、水曜はまた大量…といった具合で、
とにかく宿題が多く、進むのもすごく早い。

5年生になると、理科や社会で”まとめノート”なるものを
作るようにいわれ、単元を1ページにまとめる宿題がでた。
初体験の花子、最初の評定はC(A+からCまでの6段階評価)だった。
くら~っと眩暈がしながら、花子のノートを見るものの、
それほど悪くも思えず、高評価だった友達のノートを見せてもらうように
話し、花子から報告があった。
「絵とグラフがいっぱいあったわ!字が少なかった」。
ということで、グラフと絵がてんこ盛りのノートを作成することに
週末はかなりの時間を費やした花子。
どこにどういうグラフを入れるか、と家族で話しながら
花子のまとめノート完成。

私の週末は”こどもたちと宿題”で終わった気がする。
私も便箋2枚くらいは宿題の愚痴が書けそう。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

ロンドンのパルの結婚式


ロンドンのパルから結婚式の写真をついに見せてもらった。
写真は教えてもらったパスワードで、すべてオンライン上で見れる。

彼女のオーダーメイドの鎧、とても楽しみにしていた。
ついにウエディング鎧(ウエディングドレスの代わりに鎧)を拝見!!
彼女らしいウエディングドレス、もといウエディング鎧で、
それを着ていた彼女はとても幸せそうな満面の笑み。
鎧を着る工程も撮影されていたけれど、友人3人がかり。。。

「面白い格好できて!」と結婚式の招待状に書いていた彼女、
そうはいってもそこは真面目なイギリス人だから、
ふつうの格好で招待客も来るんだろうなぁ~。
私も行くならスーツ?と思っていた。

招待客が集まっている写真を見てびっくり。
えーっと…頭に最初に思い浮かんだのは”ちんどん屋”。
その蛍光ピンクスカートはどこで調達してきた?!
おばあちゃんが草間弥生みたいな水玉ワンピース着てる!
その上、全身タイツのブルーマンのようなパープルマンがいて、
そのパープルマンは律儀?にスカートを履いている。
イギリスの正装か?そこはやっぱりタータンチェックなのか!と
もうちかちかしすぎて眩暈がする人々もいる一方で、
ジャージもいればジーンズもいた。
そこは結婚式の趣旨を理解して、ちょっとは仮装すればいいのに…
と思ったり。

やっぱりパープルマンに私は目が釘付けで、
「私、結婚式に行っていたら、
絶対に一番にパープルマンに声をかけてるわ!」と
ロンドンのパルに話したら、
「彼は私の親友よ。絶対にあなたとも気が合うわ。」と言われた。

パープルマンに驚いていたら、真っ白のマスクを被っている人も
出席者にいた。白髪でスーツなのにマスク…。
仮面舞踏会のような真っ白のマスクで、顔が一切見えない。
それを横から撮影されていて、とてもシュール。

なんだか上品で、よく似合っていて、素敵だわ~。誰?
と聞いたら、ロンドンのパルの婚約者の父。
義父なりたてほやほやの人だった。
噂では”いかにもイギリス人”というふうによく聞いてきたけれど、
良い意味で噂どおりの上品さだった。
あのマスクって、口まであるから食事のときは?とつい聞くと、
マスクは外して食べていたらしい。やっぱり。

夫やこどもたちとも彼女の結婚式の写真を見たけれど、
子どもたちの感想は、「イギリスと日本って、文化が違うね~」だった。
いや…これは、多分、イギリスでも珍しい結婚式…。
でも、誰も彼もが本当に満面の笑みで、どれもこれも素敵な写真だった。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

鉛筆削りの限界

鉛筆削りが壊れた。
こどもが宿題をするとき、ドリルをするとき、
常に寄り添い監視、温かく見守りながら鉛筆削って5年以上。
いろんな鉛筆を買うのはもう趣味の範疇で、
鉛筆削りは最早”私の趣味”と言い切っている。
いま使っている鉛筆削りの前に2台、鉛筆削りをダメにした。
ボキっと手で回すところが折れたり、削れなくなったり…
鉛筆削りって、こんなに壊れやすいものだった?!と呆然とし、
ちょっと値段が高くても壊れないもの!耐久性のある鉛筆削りを!
ということで、日本製の鉛筆削りを買ったのが5年以上前。

 

カール事務器 鉛筆削り エンゼル5 プレミアム ブルー A5PR-B

カール事務器 鉛筆削り エンゼル5 プレミアム ブルー A5PR-B

 

 

昨日、夫が珍しく鉛筆を削ろうとして、
「なんやこれ?!」と言い出した。
最近は鉛筆がうまく削れなくなって、コツがあってね…と
私がコツを伝授しようとすると、夫は分解を始めた。
「鉛筆をはさむ部分の金属が磨耗している。
削る部分のギアも磨耗しているから、削れない」と
私のストレスの原因が究明された。
金属部分がこんなに磨耗するほど鉛筆削ったのか…と夫に驚かれた。
子ども3人いるので、毎日10本以上は鉛筆削っている気がする。

こどもたちの小学校は高学年になろうともシャーペン不可。
赤ペンすら不可なので、鉛筆だけで7本、赤鉛筆も5本と
高学年の花子の筆箱には鉛筆ぎっしり。
太郎も筆圧が強いので、いつも鉛筆をしっかり使ってくる。
それに今年からは次郎も加わり…
3人分の学校で使う鉛筆に家庭用の鉛筆に、
手動でせっせと鉛筆削りを回してきた。

では、修理を…と思ったら、修理に1620円(送料込み)!
えーっと、1800円くらいで買って、1600円?
あれ?差額は200円?!と呆然としてしまった。
新しいのを買うことにした。
古いのも捨ててない。もし、どこか部品が壊れたときには
二個一にするかもしれないので。

それにしても、最近は修理が割高すぎる気がする。
こどもたちが使っているサーモスの水筒(1L)、
カバーの底が抜けてきたので水筒カバーだけ買おうと思ったら
水筒カバーが1606円、新品水筒(1L)カバー付きは2700円。
どんだけ高いカバー?!
私は家計より環境にやさしい消費活動をする!と
志高く水筒カバーを買ったけれど…。

安いものを消費していくことより、高くても大事に使い続けたいし、
使い続けようと思っているのに消耗品や修理費の高さに驚く。
新品をもう少し高い値段設定にして、
消耗品や修理を安くしてくれたらいいのに~と思ってしまう。

鉛筆を各種メーカー買ってきて、我が家の定番ができてきた。
筆圧の弱い小5の花子は芯のやわらかいトンボがお気に入り。
小1の太郎も学校で2Bと指定があるので、同じトンボを使っている。

 

 

筆圧が強い小3の太郎は同じトンボの鉛筆ではボキボキと芯を折るので
三菱のBで芯を折らなくなった。

新しい鉛筆削りで削りながら、また太郎の漢字をチェックしなければ。
油断していると、ものすごい書き順で漢字を書いていて
「うそ!!」と驚きの余り声が出てしまった。

 

 

 

アメリカからプーさん

仲良しのインディアナ州からバースデーカードが届いた。

f:id:bitter-chocolate3:20170524155141j:image

くまのプーさん

マスキングテープで止められ、真ん中が膨らんでいて

どういうカード?と開けてみると、

ペーパーで包まれたピアスがでてきた。

 

 

f:id:bitter-chocolate3:20170524150720j:image

このピアスもくまのプーさん
か…かわいすぎて、私の年齢ではきついものが…と
一瞬、躊躇したけれど、耳につければ小さすぎて
「あっ!プーさん!」と気づかれなかった。
気づかれないと寂しいもので、
「これ、プーさん!プーよ、プー!」と、つい宣伝。

インディアナ州のパルの文章はいつもとてもフレンドリー。

May,Happy Birthday,Friend,
I wish I could be near you to take you to lunch for
your special day.
Maybe one day,we can look forword to that and
I know we'll achieve it someday.

(お誕生日おめでとう、メイ。
私が近くに住んでいたら特別な日にあなたをランチに
つれていくのに。
多分、私たちはいつかランチにいけるだろうし、
その日を楽しみにしましょ。)


っていうこのカード、病院で書いたらしい。
入院中かーい!!と、つい突っ込みそうになった。
ランチとか言っている場合じゃないけれど、
彼女は6月にいとこの結婚式出席のために遠くまで行くらしい。
「家族で旅行よ~」と書いてあったけれど…
まずは退院かと。。。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

 

 

花子と矯正

小5の花子は八重歯になりつつある。
以前から歯科医から顎が小さいことが指摘されていたけれど、
夫は小さい歯がぎっしりタイプなので、
花子も夫に似たら小さい歯がぎっしり、で歯並びも問題ない?と
様子をみてきたけれど、どうやら顎は夫で、歯は私に似たらしい。
結果、八重歯が左右に2本。

日本では「花子ちゃんの八重歯、かわいくていいじゃないの~」と
言われてしまうけれど、海外では八重歯はかわいい対象ではない。

アメリカのメル友に話すと、
”Braces are extremely common in America.
In America, crooked teeth are a sign of lower class status.”
(アメリカでは矯正はかなり一般的だよ。
悪い歯並びは低所得層のしるしだよ。)
と言われた。

歯並びが悪い相手と食事のマナーが悪い相手では、
歯並びの悪い相手のほうがデートでは敬遠されるほどのアメリカ。
さすが…。

娘の花子の場合、八重歯の矯正には2本の抜歯が必要で、
それはまだ一度も治療をしていない永久歯を2本抜歯する必要がある。
「健康な歯を歯並びのために抜く?意味わからん!!」と
11歳の花子は「ありえへん!!」の連呼。
えーっと八重歯は口腔環境を悪くさせ、虫歯になりやすいから
そういう意味でも矯正はいいらしいよ~と話すものの、
「じゃあ、虫歯になったら考える」と言われた。。。

ロンドンのパルに同じ話をすると、
”My sister had to have 4 teeth pulled when she was younger
because her jaw was too small for the number of teeth she had."
(私の妹も顎が小さくて若い特に4本抜歯しなければならなかったわ)
と教えてくれた。
4本…うちの花子が言われているよりさらに多い抜歯数。

正直…”健康な永久歯”を抜歯することにものすごく抵抗がある。
いま現在は、まだ永久歯が生えそろってないので、
もう少し様子を見ようと歯科で言われているけれど、
学校の歯科検診のたびに矯正の話題がでて数年、
もう少し悩むことになりそう。
花子は「地道に顎を広げるわ」とキシリトールガムをせっせと噛んでいる。

”I like her optimism, but I don't think bone growth works like that."
(私は花子の楽観主義、好きよ、
でも、骨はそんなにうまく成長しないと思うわ。)と
ロンドンのパルに言われたけれど、顎の成長に期待!

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

『でんでんむしのかなしみ』

小学校での図書ボランティアとしてする読み聞かせ、
最初はネットで読み聞かせにおすすめの絵本をメモして
近くの市立図書館で借りたりしていたけれど、
そろそろ40冊以上の本を読み聞かせしてきた。

最近は図書室や図書館で「これ!」と私が気に入った絵本を
読むことが多い。
低学年が多いので、低学年受けしそうな絵本を選ぶことが多いけれど
久しぶりに学年を選ばない絵本を読んだ。

 

 

でんでんむしのかなしみ

でんでんむしのかなしみ

 

 『ごんぎつね』で有名な新見南吉だけれど、低学年は
『ごんぎつね』も知らなかった…。
私も初めて手に取ったこの絵本、なんだか大人の私の心も揺さぶった。
ある日、でんでんむしが自分の殻には悲しみがいっぱいつまっていて
もう生きていけない、と別のでんでんむしに相談する。
「僕の殻にも悲しみはつまってる」と別のでんでんむしも答え、
いろんなでんでんむしに聞いても、みんな答えは同じ。
それぞれに殻に悲しみがつまっている。

みんなそれぞれに問題を抱えている、
そう思うことが多い現在の私。
あぁ、そうだ、みんな悲しみを抱えながら生きているんだ、と
なんだかすとんと胸に落ちた。
救いのない『ごんぎつね』といい、この『でんでんむしのかなしみ』といい、
新見南吉の描く児童文学は”こども”への文学なのに
とても厳しい。ハッピーエンドなんかない。
これが現実だ!と見せ付けるような物語ばかりだけれど、
それは、こどもをまた別の人格として認めていたっていうことなのだろうなと
ふと思った。
面白い、笑える、楽しいだけの絵本を読み聞かせて
こどもたちの楽しい読書への入り口に、と思っていたけれど
私は知らず知らず、子どもたちの感受性を低く扱いすぎたのかもしれない、と
『でんでんむしのかなしみ』を図書室で初めて読んだときに思った。

れっきとした考える人格であり、鋭い感受性をもつこどもたちに
『でんでんむしのかなしみ』を読んだ。
いつものように低学年ばかりだったので、やっぱりむずかしすぎる?と
思いながら読んだけれど、意外に反応は悪くなかった。
それぞれに何か考えたのか、とても静かだった。
いまはなにもわからなくても、感じなくても、
ふとしたときに思い出す、
『でんでんむしのかなしみ』はそういう一冊だと思う。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村