ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

謝辞に苦しむ

花子の卒業式で謝辞を読むことになった私、
謝辞?!
感謝の言葉?
学校に????と苦しみつつ作成した。
学校への感謝、という方向は諦めて、小学校を含み、
もっと大きな地域社会への感謝という体で一応、完成した謝辞。

元教員ママさんたちに「こんなんできたんですけど…」と
見てもらった。
最初に入れたジョーク、「ぷぷぷ!!メイさんらしいわ!」と
元教員ママさんから教員歴30年以上の知り合いにまで
笑っていただけたので、実際に言っても大丈夫なのだろう。

本題の謝辞は「地域のあたたかい眼差しがたくさんの
エピソードとともに色濃く描かれている!」と褒められまして…
「具体的エピソード満載で素敵!」と。
でしょ?でしょ?でしょ?なのですが、
「ところで、学校への感謝の具体的エピソードはなし?」と聞かれ
固まる。

「先生にはいつも明確な採点基準や評価基準を明示していただけたので
保護者の間でも大きな混乱は全くなかったです」
「いつも迅速な情報発信をしていただけたおかげで、
保護者はいつもありがたかったです」
「オンとオフをきちんと分け、真摯に学ぶことの大切さを身をもって
先生から教えていただきました」等々、
花子のいままでの担任のあれこれや学校についてを知っている元教員ママに
「感謝エピソードって、こんな感じ?」と聞くと、
「こわっ!!」と言われた。
さきほどのエピソードはすべて真逆のことばかり起こった小学校だったので…。

「もう創作だ!」「作文は得意でしょ?」とママ友たちに囁かれたけれど、
嘘をつけない性格でして…。
「なにかあるでしょ?」「なにかあったでしょ?」
「ひとつはあったでしょ?」と質問され、
いくつか使えそうなエピソードを語ってみたものの、
謝辞に入れるレベルには全く到達していなかったようで、
「さすが…」
「花子ちゃんの先生運はもう本当にすごいよ」と絶句される。

最後は、”神の手”で捏造か…。
謝辞って、なんなんだろう。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

中1と小6

中学校1年生のママさんたちから塾で受けた模試の偏差値がすごかった!!

という話を聞いた。
すごく高かった、ではなく、すごく低かったらしい。
「どのくらい低かったと思う?」と聞かれ、「45くらい?」と
答えたら、「35!!」と怒られた、なぜか私が。

ママさんたちに一番に聞いた。
「問題は見た?学校で習ってない範囲がでていたの?
記述式で減点されていたとか?
学校とは違うタイプの問題だったとか?」と。
みんな答案用紙を見ただけで、問題をチェックしてなかった。

「そもそも学校でどこの単元をやっているか知らないから
問題見てもわからない」と言われて、私が衝撃を受けた。
1学期の中間考査の結果がひどすぎて塾に放り込んだママさんあり、
6年生の1月から塾に入れたママさんあり、
みんな”塾に入れた”ことで安心して、チェックしていないらしい。
「メイはチェックしているの?」と聞かれた。

正直に言おう!
バリバリですから。
子どもたち3人の学校での進度もチェックしているし、
(学年通信に今月の学習予定が書かれている。)
市内在住の同じ学年のママ友たちとも進度確認しあっているし、
(我が家のこどもたちの小学校が一番、進度は遅いんですが
きちんと児童が理解していると思いたい…けれど…)
ポピーやZ会の問題が学校とは違うとか同じだとか
こういう問題の出し方があるのか!とか、
…趣味?いえいえ、節約!!と思っている。
私がしていることを外注に出せば、塾や家庭教師になるわけでしょ?
だから、これは節約の一環。
学習スケジュールも理解度チェックも苦手分野も苦手な問題傾向も
私は把握している、いまのところ。

6年生の花子に「BTB溶液のフルネームを教えて」と言われ、
一緒に調べた。
BTB溶液はブロモチモールブルー。
花子はネットに出ていたBTB溶液の分子構造の図を見て
水酸化ナトリウムと違う!なんで?」と聞くので、
それは宿題にさせて…と言ったり。
「教えてグーグル先生!」ではなく、「教えて元化学の高校教諭!」と
ママ友から講義を受けたり。

中学1年生のママさんたちの話を聞いていて思ったのは
小学6年生と中学1年生なんて、ほぼ同じようなもので
急に自分で学習計画を立てて、苦手分野を把握して、なんていうことは
やっぱり無理がある、ということ。
教科担任制となり、各先生たちが作る試験も出題の好みがあるだろうし、
こどもたちにも苦手分野があるだろうし、
そういうところは親が把握…あるいは集団ではない個人塾になるのだろうなぁと。
中学1年生の秋ならまだ学習範囲も狭いし、余裕で間に合う。
最近はオンライン家庭教師なんていうものまであって、
スカイプで授業してくれたり、質問に答えてくれるらしい。
往復の移動時間が一番もったいない!と思っていたから家庭教師は素敵だけれど
部屋の掃除が…、先生と二人きりっていうのも…等、思っていた。
オンライン家庭教師、素晴らしい!
私がこどもたちの科学、化学、数学についていけなくなったとき導入しようかと。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

アルジェリアのマステ

アルジェリアのパルから久しぶりに手紙が来た。
日本では必要ではないとみなされて、国際郵便の速達が廃止された。

国際郵便の速達、必要だったのに~!
アルジェリアには普通郵便でだすと、ほぼ1か月かかっていた。
速達にすると10日前後で届き、かつ、郵便事故に遭わない!
国際郵便の速達がなくなってから、アルジェリアへの手紙、
アルジェリアのパルに到着するまで一か月。
そして、結構な確率で郵便事故に遭う…。

今回、やっと久しぶりにアルジェリアのパルからの手紙が
我が家のポストまで届いた。
ラインではよく話をするので、全く久しぶりの気がしない。
歯医者の予約が入っているときは
「頑張るか…」とお互いに励ましあっている。

アルジェリアのパルと話していると、
アルジェリア”のいろんなことを忘れる、
例えば、イスラム教国だとかアルジェリアの人質事件とか
テロとか…
私が文通しているアルジェリアのパルは
本当に私と同じ年齢のふつうの女性。
英語もフランス語も話せて、大卒なのでアルジェリアでは
かなりの知識階級なのだろうけれど。

私たちが話したり書いたりしている内容も、
「今日も料理は我ながらうまくできた!」と手作りスイーツや
手作り料理自慢に始まり、
おいしそうなスイーツももちろん写真で共有、
かわいい雑貨を買えば写真で共有し、
彼女は新しいヒジャブも「こんなの買ったわ!」と教えてくれ、
今回はマステのおすそわけまで。
アルジェリアのマステ?!とびっくり。

f:id:bitter-chocolate3:20180919185131j:image

ISのテロが起こるたびに、「本当のイスラム教徒はあんなことをしない」と
彼女は言い、
私も大学で宗教学の教授が「イスラム教が世界で一番平和な宗教だ」と
言っていたよ、と言う。
何度も繰り返されてきた会話。

今度、日本のマステ好きの友人にこのマステを貼って
手紙を出そうと思う。
アルジェリアのマステ!友人からのプレゼントなの~」と。
アルジェリアのパルは”忠実な友人”という言葉がぴったり。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

『四月は君の嘘』


四月は君の嘘』を5巻まで買って読んだ。(全11巻)

四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス)

四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス)

 

 続きが気になってしまい、6巻からは電子本で読んでしまった。
母親の死でピアノが弾けなくなった天才少年が
また音楽を奏でるようになるまで。

音楽関連の漫画といえば、『のだめカンタービレ』とか
『神童』とか『僕のジョバンニ』、『ピアノの森』とかあるけれど、
漫画を読みながら泣いてしまった。

ピアノを弾いている人ならわかる、地味!!
発表会やコンクールのキラキラの舞台の裏や練習はとーっても地味で、
うまくなったんだかなってないんだかの練習と練習曲ばかりで
弾けた!と思うと、「次はこれね~」と新しい楽譜を渡され、
また悪戦苦闘する。

我が家のこどもたちが習っているピアノの先生は
コンクールに出る人が+αのレッスンとして受ける、
という先生。
その門下生のレベルも、「末席ですら汚している気がする…」という
我が家のような子たちから、
音楽留学やオーケストラをバックにピアノのソロ演奏、
新幹線でレッスンを受けに行く…なんていう人たちもいる。
「なんて素敵!!」「かっこいい!!」と
ほれぼれするピアノを弾いている人たちですら、
全国規模のピアノコンクールではなかなかきびしい状況らしい。

我が家のこどもたちの5倍か6倍は練習していて、
それなのに結果がついてこない。
”才能”というレベルで最後は戦うことになる、
その不条理さというのか、
「みんな頑張ったからみんな1位だ!」なんてことがない世界に身を置いて、
身を削って頑張っている子たちがいるということに
私は尊敬してしまう。

今年もピアノ発表会の曲が我が家のこどもたち3人も決まった。
花子は弾く曲が変更になった。
「花子ちゃんって、何を弾いてもベートーベンね」と先生に言われつつ、
先生、花子はベートーベンを弾いたことないですね、そういえば…
という話から、「では、ベートーベンでいきましょう!」とベートーベンに。
楽譜は簡単そう。
今年は楽ちん?!と花子と楽譜を見て思ったけれど、
「そのセリフ、忘れないでちょうだいね。」と先生は不敵に笑っていた。
飛んだり跳ねたり、リズムも独特で…
得手不得手が分かれる曲らしいけれど、
「花子ちゃんは得意だわ、きっと」と。

太郎の曲もYoutubeでほかのこたちが弾いているのを見た限りでは、
「今年はアタリ?!」
太郎の得意な感じの曲では?と私と夫は思っているけれど、
「ふふふふ」とこちらも先生は不敵に笑っていた。

そして次郎は、なかなか年齢の割に難しい曲を弾くことになったらしいけれど
花子も太郎も弾いたことない曲で、私には難易度が読めない。
近所のピアノを弾くおばちゃんから、
「あれは難しい曲よ!」と言われ、そうなんですか?と聞き返してしまった。

私にできることは「ピアノ弾いて~」「ピアノ弾いて~」と
お願いしたり、
「いい加減にピアノ弾きなさい!」と怒ったり、
「ピアノ弾いてって言っているでしょ!!」とキレたり…。
今年も、もうそんな季節か。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

調律の日!

 年に一度の調律の日!
我が家もすでにアップライトピアノと調律師さんと
8年目のおつきあいだった。
傷があちこちできてきたピアノ、それというのも夫が
ものをよくピアノに当てる。
半分本気で、「次に傷付けたらグランドピアノ買うから!」と
夫に言ったところ、「どこのヤの人?」と言われた、
なんて話を調律師さんに話したところ、
「片棒を担がせてください!」とノリノリだった。
我が家のアップライトはあそこへ…と嫁入り先まで決まり、
あとは我が家のピアノ貯金次第…始めてもないですが。

毎年のことながら、おしゃべりに花が咲き、
調律開始が予定時刻より30分遅れ、
調律後も3時間以上しゃべり続け…今回も詳しくなりました!

ヤマハのマークって、音叉(調律の道具)を2本交差させている、

ウィットナー 音叉(チューニング・フォーク) A=442Hz 収納ケース付き
 

 というのが今回の唯一のピアノ関連で、
そのあとは日本の城の話にバイク、車、
そして、ここが変だよ〇〇市!!と出身ではないからこそ
違和感を感じるのよね~というローカルな話題。

我が家のピアノ、どんどん弾きやすくなってきた!と
私が弾いても弾きやすい!と思うようになり、
今日は帰宅後のこどもたちが弾いて、
「なんで、こんなに弾きやすいの~!?」と花子が
とても感心しながらモーツアルトを弾いていた。
花子が練習中なのはモーツァルトK545。

www.youtube.com

第一楽章のレッスン3回目の昨日、
先生が花子の演奏を聴いて一言。
「花子ちゃんが弾くと、どれもベートーベンになる。。。」

もっと軽やかにモーツアルトらしく!!と先生のアドバイスを受けつつも
「花子のモーツアルト風」となっていた。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

イングリッシュネームに愛着をもつ

チェコのパル(イギリス在住)から手紙が来た。
彼女はロンドンのパルが私につけたIrisというイングリッシュネームを
とても気に入っていた。
チェコのパルも本名ではイギリス人が発音できないという理由で
イングリッシュネームを使っている。
ロンドンのパルにイングリッシュネームをつけてもらっておきながら
とても言いにくいのだけれど…
正直、全く愛着がわかない。
自分でイングリッシュネームをつけたチェコのパル、
一体、どうやってその名前に決めたの?と前回の手紙で聞いた。

チェコのパルの本名を前後にわけて…その後半部分が
イングリッシュネームになっていた!!
へぇ~!!!
彼女の本名、すっかり忘れてた。
でも、彼女の本名を見て思い出した。
イギリス人は発音できないっていうその名前、ドイツ語圏の名前っぽい、
ドイツ語知っている人なら、読めるね!と思ったんだった。

私のイングリッシュネームはEmmaとかJaneはどう?って
ロンドンのパルなら言うかもしれない、とちょっと思っていた。
ジェーン・エアですよ!英文学の!!と思ったのにIrisか…と
不満を書いていた私への返事に膝を打った。

I think Iris is a lovely name,it's really elegant and feminine,
but it's also not very common.
(アイリスって素敵な名前だと思うわ、上品で女性的、
それによく使われている名前ではないし。)
I think maybe one of the reasons your friend didn't like Emma or Jane
is that they are very common names.
(多分、あなたの友達がエマやジェーンを好まなかったのは
その名前がとてもよく使われている名前だからだと思うわ。)
In fact,quite a few women are even called "Emma-Jane"
as a composed name,
(実は、かなりの女性がエマ・ジェーンと組み合わせた名前をつけているの。
(maybe their parents were also Jane Austen fans?)
(多分、彼女たちの両親もジェーン・オースティンのファンね。)

なるほど、なるほど。
ロンドンのパルは、”一般的な名前はいやだ!よくある名前は私の本名で十分!”
というところを汲んでくれたのね~と。

最近、かなり仲良しのコネチカット州のパルからも
「Irisって素敵よ!奇をてらったわけではない一般的な名前だけれど
それでも私の周りには一人もいないわ。
私の娘たちも奇をてらわず、かつ、周囲に同じ名前がいない、
という名前をつけたわ。」と。

私の日本語の本名の読み方が英語圏の人は発音が違う、ということを
前回の手紙で書いていたので彼女は日本語を大学で勉強した
義理のお兄さんに私の本名がどういう発音になるのか確認したらしい。
「私が間違えた発音で読んでいたことを認めるわ。」と書いてあった。

Irisって、使うなら呼ぶわよ!と二人から言われた。
誰かに頻繁に使われる内に名前に愛着がわくものなのかしら。
イランのパルしか呼ばないペルシアンネーム、Lianaや
中国人の友人たちが私の名前を中国語読みするように慣れ…なのかしら。
そのうち、どんな名前で呼ばれようと返事するちょっとおバカな犬と
同じレベルになってそうで怖い。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

友達の格言

友達についての格言がいくつかあって、
海外のパルたちがいろいろ教えてくれた。

" Friends are like seasons.
They come and go."
(友達は季節のようなもの。
彼らはやってきて、通り過ぎる)

”Sometimes the prople who are thousand miles away
from you can make you feel better than people who
are right besodes you."
(時々、はるか遠くにいる人がすぐ近くにいる人より
あなたを理解してくれる。)

祖父が亡くなってから、思い出したのも友人についての格言。

”Good friends are like stars.
You don't always see them,
but you know they are there."
(良い友は星のようなもの。
普段は気づかないけれど、彼らはいつもそこにいる。)

どうやら、私はかなりのおじいちゃんっこだったらしい。
そのことに祖父が亡くなってから気が付いた。
日本の友人たちに話すと、「祖父母と疎遠ではなかった」という理由で、
そんなに悲しむなんて…という対応が返ってきて驚いたり、
仲良しのパルたちからの定型文ではないお悔やみの言葉をもらい
改めて浸ったり。

そんな中で観た映画の原題は”Miss You Already", 

マイ・ベスト・フレンド

マイ・ベスト・フレンド

 

 邦題は『マイ・ベスト・フレンド』
ドリュー・バリモアなら、どんな映画でも観れる!と観始めたけれど
親友が癌で亡くなる話だった。
自身もガンで妻を亡くしたというタクシー運転手が
「悔いがないように付き合って」という言葉に一番泣いてしまった。
人間は煩悩の塊だから、
きっとなにをやっても悔いが残るんだろうけれど。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村