ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

あちこちで事件発生中

昨日は衝撃的なニュースが飛び込んできた。
ホルムズ海峡での日本の船舶を含む2隻のタンカーが
何者かの攻撃を受けた、と。
こどもたちに「海賊?海賊が現代にいるの?」と聞かれ、
そもそもホルムズ海峡って、どこ???レベルの私、
地図を調べて…勉強した。
イランとUAEのところの狭い海峡。

日本のニュースではその後も詳細がいまひとつ報道されず、
どうなってるの?とイランのファーちゃんにラインで聞いてみた。
「日本の船舶が攻撃されたってニュース、知っている?」と。
イランのファーちゃんは日本の首相が来ていることは
知っているけれど、
日本のタンカーが攻撃されたニュースなんて、
全く知らないよ、と。
「もし、新しい情報が入ったら教えるわ!」と言ってくれたけれど
いまだ新しい情報もなく。
日本でも情報はまだ詳しくわからないままで、
一体、なにがどうなっているのらやら。

そんなとき、香港のパルからも久しぶりのラインがきた。
ホルムズ海峡というニュースのイランから
デモがすごい香港!こちらも現地はどうなの?と聞くと、
「デモがすごい」と。
パルのお友達は果敢にも?デモの写真を撮影しに近くまで行き、
…これ近すぎない?!という写真を撮ってきたらしい。

その写真、私も見せてもらったけれど、
香港の警察?機動隊のような人たちが盾をもって防塵眼鏡のような
ものをつけて、ミサイルかなにかを発射していて
火花が散っている写真。
相手は普通の服の市民たち…。
あれ?これ香港?中国のデジャブ?と正直、思った。

親中派が増えていると聞く香港、どうなの?と香港人のパルに聞くと
中国に返還されて以降、香港に住む中国人が増え
香港が中国に監視されているのを感じるらしい。
「デモにも中国にも賛成できないけれど、
もう少し慎重に立法してほしい」とパルは言っていた。
香港の自由が年々損なわれていて、若者たちは移住を考えているし
私も若かったら移住していたと思う、と香港のパルは思うほどだとか。

世界のあちこちでトラブルが起きていて、
どこからも目が離せない。
まるで、我が家のこどもたちのクラスのよう!
小学校3年の次郎のクラスでは不登校寸前にまでなるいじめに近いものが
ママさんトラブルも含みつつ増大中、
5年生の太郎のクラスは先生批判せずには語れないし、
花子の通う中学校はライフジャケットなしで野外活動で
ボートに乗っていて中学校の安全意識の欠如に呆然としたり。
一体、どこに注視すればいいのやら。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

柳行李

ご近所さんが急逝した。
本当に急逝だったようで、その一報を聞いたとき、
「先週、回覧板持ってきてくれたのに?」と思ったほど。
年齢は70代半ばで、高齢者だから、とご近所さんが言っていたけれど
そう考えると我が家のご近所さんは10年後には半減する、
と思うほどの高齢世帯ばかり。
救急車がやってきて、数日後には葬儀社の車…というケースも
本当に増えた。

高齢者だから…と思っていたら、ママ友から習い事が同じパパさんが
急逝した話を聞く。
心臓病だって、と。
「そういえば、私のいとこも心臓で…」とほかのママ友が話し、
その年齢が私の年齢に近くて、ぞっとした。

肝臓の数値が…
腎臓が…
心電図に引っかかって…
そういう話が増えてきて、みなさんお年頃。
遺言書を書いている、というママ友もいて、びっくり。

私が死んだときに連絡してほしい人は…とリストアップして
パソコンにでも残しておかなければ、なんていう話を夫にすると
「それはみんなメールアドレスがわかる人?」と聞かれた。
一斉送信…できません。
ラインだけ、whatsappだけの人もいれば、
電話と住所しか知らない人もいる。

「例えば誰に伝えたらいいの?」と夫に私が先立つ前提で聞かれた。
私のほうがかなり年下なんですけれど!

インディアナのパル、
サウスカロライナのパル、
コロラドのパルに
ヴァージニアのパル、
ロンドンのパルに…とここまではスラスラでてきたので
結局はこの5人が私の仲良しのパルってことか。

理想は、ものを柳行李ひとつにして旅立ちたい。

 

雅竹 すす竹アジロ編おむすび篭 70-058
 

 まずは柳行李を買って…とまだまだ物欲にまみれているけれど。

男子の世界と友達


学校から電話があった。
「太郎君の件で」と。
我が家の太郎、一応、小学校5年のいままで、
「お友達に手を出した」といった類の電話はかかったことがなく、
どちらかというと、「お友達にやられました」ばかりです。
はぁ、今度はなんでしょう?と思って聞くと、
担任の先生が誤解により、太郎を注意し、太郎が泣いたというもの。
「誤解だったと太郎くんには謝罪しましたが、
お母さんにも報告します。」と。
へぇ~、そんなことも電話があるとは!と新鮮な驚き。

かいつまんで説明すると、自習させていたのにうるさかったため
「騒いでいるのは誰だ!名乗りを上げろ!
後で友達に名指しされるようなことはないように自主的に出ろ!」
と別室にいた先生がやってきておっしゃったとか。
数名の男子生徒が出て、我が家の太郎は出ず。
その後、「太郎くんもしゃべってました~!」と男子児童たちが
太郎を名指しし、
「名指しされる前に自主的にでろって言っただろ!!」と
先生に叱責されたらしい、結構激しく…と先生も認めるところ。

っが、太郎が名乗り出なかった理由は太郎自身はしゃべってないつもりだった、
ということに起因し、太郎の席の周囲の子に確認すると、
「太郎君は独り言をつぶやいていました」程度。
独り言…やってそう。

「独り言はおしゃべりに入ってなかった、ごめん、」と
先生は太郎にも謝罪し、太郎を名指しした男子児童たちにも
「不確かなことを言うな!」と怒ったらしい。

えーっと…先生がとりあえず太郎を叱責してから事実確認した、
という事実にいらっとくればいいのか、
太郎が自習時間におしゃべりするキャラじゃないのに6月になっても
先生はクラスの児童のキャラを把握できてないのか…というところに
イラっとくればいいのか悩みつつ、
一番いらっときたのは「太郎もしゃべってた」と太郎を名指ししたのが
太郎が毎日、家に帰ってからも遊んでいる仲良しのお友達だってこと。
はい?お友達…じゃないの?といらっときている私とは別に
その日もその次の日も太郎がそのお友達と遊んでいること!

もう抑えていたいらいらから、つい聞いちゃった。
「太郎、あんたは鳥か?(3歩歩いたら忘れるのか?)」と。
そんな友達がいのない子となぜに遊べる?と思って。
太郎は言いました。
「お母さん、僕はトリじゃない、ねずみだよ。」と。
…私が言っているのは干支じゃない~!!と吠えてしまった。
お母さんがこどものとき、そんな密告をするお友達、友達じゃない。
二度と遊ばなかったと思うけれど、太郎はどうして?と聞いた。

「人間は仲間を作りたいと思うものでしょ?
政治の世界でも政党っていて、あれは仲間でしょ。
悪いことをしたときに、つい道連れを作りたい気持ちもわかる。
そんなことにいちいち怒っていたら、友達いなくなるよ。」

と、太郎大先生に言われた。
「あれ?太郎は私より年上?」と一瞬、思うくらいに諭された、私が。
「いやいや、そんな奴、友達じゃないし!
そんな友達なら、いらない!」と言う私のほうが年齢が低い気さえする。

「男子はあんなものやで。
太郎を名指しした子も、
その後のことまではなんにも考えてなかったんだと思う。
どうなるか、とか。
そして、遊ぶ時にはまた太郎を誘う。男子は単純やで。」と夫も言う。

同じことを女子の世界でするとどうなるか…
間違いなく名指しした子が仲間外れにされて、
それも当然の報い…とみんなに言われてそう。
小学校の時のことも「あの子は小学校の時…」と中学になっても言われるよ。
女子の記憶力は怖いんですよ…と思ったり。

男子二人を育てている親だけれど、男子の世界は謎すぎる。
太郎はどっぷり男子の世界だけれど、
次郎は全く違う。いつも「遊べたら、遊ぼう」で、遊ばない…。
「行けたら行くわ」の大人な断り方。
温和な太郎と違い眠れる獅子の次郎、
頼むから起こさないで~!と思っている。

イスラム教

今朝は5時にラインの着信音で目が覚めた。
こんな朝早くに誰やねん!!
救急車とか病院とかお葬式以外だったら、怒るわよ!と思ったら、
相手はドバイのパル。

いつもはwhatsappなのに、なぜかライン?
しかも、しばらくぶりね~どうしたの?と聞くと、
彼女はスマホをなくしたらしい2週間前にオマーンで。

オマーン行ってきたの?!
どうだった?と聞くと、
「写真はスマホの中で、いまはなにもない…」と。
あっ、スマホ紛失したらそうなるよね…。
そして、新しいスマホを購入し、ラインのIDで私を発見したものの
whatsappを登録するには相手の電話番号が必要で…
彼女は自分の新しい電話番号を私に伝え、
whatsappでメッセージを送ってほしい!と。
私が…?
いままで一度もできたことがないくらいwhatsappで相手を
登録するのが苦手なのに…と朝5時から悪戦苦闘していたら
目が覚めた。

無事、whatsappもでき、ラインもつながっているので
スマホが見つかり次第、また写真を送ってくれるらしい。
彼女はこの半年で、タンザニアオマーンに行ったらしく、
どちらも私にはパルもいなければ知っていることも少なく、
写真見たいわ~。
そして、どちらも「結婚して親戚がそこへ住んでいるから、親戚訪問」
だったらしい。
各国に親せきが散らばっているとは…。
親戚のくくりが広いのか国際的な家なのか。

そんな話を朝食の席でしたところ、
花子が言った。
「そういえば、地理の先生がイスラム教の単元のところで
イスラム教徒は飲酒できないから、人生の半分を損しているって
言っていたんだけれど、母さん、どう思う?」と。

下戸の私、人生の半分を損しているか?
お答えしましょう!
「お酒に酔った人たちの頭がほとんど動いていない時間も
私の頭はすっきりと動いている。
飲酒ができない=損している、その発想の貧困さこそが
人生を損している。
お酒で人生を崩す人はいても、お酒で成功した人って
あまり聞かないのは、なんでかしら?とか思わないの?」から始まって、
「そもそも、地理の先生が宗教についてそこまで批判的に話すってことは
イスラム教を大学で専攻されてイスラム教に博識だとか?
文化や宗教に優劣をつけない、とかそういう思想を持たせないって
基本じゃないの?」と朝から爆発。
今日は朝から”イスラム教”でいっぱいになった。
イランのファーちゃんに花子の学校の地理の先生の話を
しようかと思ったけれど、私が怒られるだけになりそうなので
やめておこうっと。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

血液検査

今年の1月に久しぶりの血液検査をした。
その結果がこちら。

f:id:bitter-chocolate3:20190610170126j:image

まぁ、各種、基準値を大幅にオーバーしていまして…
かかりつけ医に「ほぼ全部の病気の予備軍」と言われ、
「経過観察とか体質改善とかいうレベルではなく服薬開始!」と
いわれるほど尿酸値も高かったり…。

これはまずい。
想像以上に体重増加が体に響いている…とさすがの私も
危機感を感じた。
血糖も、「これはまずいのでは???」と基準値を上回り、尿酸値に至っては9でして…
看護師のママ友を絶句させ、薬剤師さんに
「痛みは?」と聞かれた。
糖質制限や1時間ウォーキングを週に3回ほど。
チョコレートも週に1回食べるかどうか…。
体重はたった4キロ減っただけ。
気分的には10キロ落とした気がするんだけれど。
最初のショッキングな血液検査から半年後の血液検査、
結果がこちら。

f:id:bitter-chocolate3:20190610164828j:image

ほぼすべて基準値~!!!!
下のほうで2つほど基準値をオーバーしているものは赤血球と
ヘマトグリットで…血の気が多いようです。

かかりつけ医の先生、「薬効いたな~!」と満足気だったけれど…
先生が処方したのは尿酸の薬だけなんですけれど。
ちょっと痩せたんですよ。
気づかない?
気づくレベルではないと…まだまだ精進します。

量だよ量!


最近、お気に入りyoutube動画がある。
マッチョなピアニスト、フォルテさんのToutube動画。
お気に入りはリストのラ・カンパネラに挑戦し、
練習の必要時間はどのくらいかを測ったもの。

www.youtube.comフォルテさんはラ・カンパネラを高校時代に一度、弾いたことがある
というのだから、ピアノの腕前はかなりのもの。
それでも、久しぶりに弾くと、弾けておらず
それなりに弾けるようになるまでに77時間。

77時間?!
しかも、1回の練習時間は1時間程度は弾いているようで
その集中力にもびっくり。
丁寧な練習や急に目つきが変わるような
ピアノへの真摯な向き合い方がとても素敵。
そして、実際には83時間かかった、と。
ふつうは100時間位かかるのでは?とフォルテさんは言っていたけれど
100時間…その根気がすごい。

そして、結局は”練習量”なんだよ!と思ったのは
ピアノだけではなく、勉強も。
長女の先週の学習時間、20時間でした…。
平日2~3時間、週末は4時間で、合計20時間。
週3、2時間の塾の人だと週6時間。
学校外の勉強で3倍の差。
「やってもやっても終わらない!!」と
学校の課題に悪戦苦闘している花子に、このフォルテさんの
練習風景動画を見せた。
「こんなに上手なのに、こんなに練習している。
才能もあるかもしれないけれど、ある程度は努力と練習量で
カバーできると思うよ。」と花子に話した。

テスト勉強のためにコピーしたり印刷した問題、5教科分。
170枚収納のこのコクヨで5科目をテスト勉強期間(3週間)で
いっぱいにできるかな?と花子と始めた。 

 現在、テスト前2週間を切ったところ。
ファイルに入りきらなくなって2冊に増やした。
残りもう少し、悔いなくテスト勉強してほしい。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

お葬式でかける言葉


ロンドンのパルの夫の祖母が亡くなった。
今日はそのおばあちゃんのお葬式。
ロンドンのパルに「日本ではお葬式になんて言う?」と聞かれた。

一般的には、「ご愁傷さまです」と消え入るような声で言う、
だと思う。
遠い関係であれば、この平凡な使い古された常套句が
関係性を全く必要とせずに言えて安定だと思う。

でも、私の祖母や祖父が亡くなり、
そこで家族を失った側に立ってみると、
「ご愁傷様でした」ほと、気持ちの感じられない言葉ってないなぁ
とも思うようになった。
でも、遺族にかける言葉は関係性やそのときの遺族の感情など
計り知れないものがあるので、
「ご愁傷様でした」はやはり万能。

とは思いつつ、私が遺族側だったときに言われてうれしかった、
ほっとしたのは、
「さみしくなりますね。」という一言だった。
祖母のお葬式のときの親戚のおばちゃんのこの一言に
ぶわっと涙がでそうになった。

アメリカのパルたちに祖父母の逝去を伝えると、
”I'm so sorry for your loss.”
というようなことを言われた。
いろんな人が同じフレーズを言ったので、
英語版の「お悔やみ申し上げます」のようなものかと。

祖父母を亡くし、喪主に近い立場でバタバタとお通夜やお葬式の
準備をしたときが一番、気を張っていた気がする。
みんながいなくなり、ガランとした家や
いつも祖父母がいた場所にその人がすでにいないときに
「いなくなったんだな。。。」と思った。

親の小言と冷酒は後から効くとは聞くけれど、
近しい人を亡くした喪失感も後から後からくる。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村