ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

diversityとvariation


ダイバーシティって、これか…」と毎回、学校に関することでは
思わされる。
diversity:多様性

太郎のクラスが学級崩壊していて、現状をどこまで学校が知っているのか
ついほかのママさんと学校訪問してしまった私。
あくまでも、「現状を知ってほしい」という思いと
できれば対策を…でしたが、学校はなにか対策はとるけれど
それを文書で配布するかどうかは未定、保護者に知らせるかも未定。
つまり、現状を知っている保護者と知らない保護者のまま…。

私たち保護者にできることって、なんだろう…となったとき、
とりあえず、仲良しのママさんとは情報共有して、
自分のこどもをきちんとする、
そこから波及効果でクラスが安定することを期待するというもの。

「そんなの意味ないじゃん!」と思った。
でも、結構、意味あったかもしれないといまは思う。
例えば、傍観していたうちの太郎には
「それはいじめ参加と一緒!おかしいという声を上げなさい。
いじめを止めなさい。」と言った翌日から、太郎はやっているようで
「今日は、僕はそういうのはイヤだ!と言って、いじめを止めた!」と。
どや顔で当然のことを言うことに呆れつつ、
「すごーい!!」と女優のように絶賛しておいた。

ママさんの知らないところで調子に乗っていた児童たち、
恐るべきママさんネットワークでママさんにバレた。
私からは言いにくい…というママさんには
「私からは言える!」のママさん経由で
それぞれに現状を伝えられた結果、こどもたちは
叱り飛ばされ、泣き…きっと親子でそれぞれに反省し、
児童らもママさんネットワークの怖さを思い知り、
これからはきっと良い行動をとっていくことだろう。
あの人とあの人が仲良し?!
あそことあそこがつながっているの?!
という驚きのママさんパイプラインがいくつも発見され、
結果として、クラスの半数以上のママさんが現状を共有し、
「まずは、自分のこどもをきちんと教育し直そう」となった。
クラスの半数以上の親がクラスに注視し、
その児童らが親により再教育されたら、
きっとクラスの雰囲気は変わる!と期待したい。

そのことには素直に喜びつつ、
一方で予想外の未知数の斜め上な反応もあちこちで起こっていて…
「そういう行動をするの?!」と驚くこともいっぱい。
なに、これ、ドラマだと視聴者はついていけない展開よ!
その思考回路、どこから???と謎があちこちから噴出し、
ちょっと待って、誰の行動が一般的なの?正解は何?
えっ?どこで間違えた?と私は迷路に入り込んだ気分になった。
「いまは過程よ。ゴールにさえたどり着けばいいのよ!」という
別のママさんの言葉に納得しつつ、
過程のすごさに、これドラマだよ、ドラマ。
誰も予想できない展開の上に
キャラクター濃い人が多すぎて…とほかのママさんと絶句。
とりあえず、模範解答も近道もわからない私は
「誰か台本ちょうだい!結末も教えて!」の気分。
私の立ち位置は何?!と右往左往する役になっている。

ママさんたちの思考はそれまでのバックグラウンドが
大きく影響するといままで思っていたけれど、
職歴も大きいなぁと気づいた。
”先生”をしていたママさんたちでも、
保育士、小学校教諭、中学校教諭、高校教諭ではそれぞれ考え方が結構違って、
同じ”先生”だと思っていたのに、そんなに違うの?!と驚かされたり、
業界の考え方がまた一般とはかけ離れていて理解に苦しんだり…、
こんな片田舎で、こんなに多様な価値観に出会うとは思わなかった。
それでも、それぞれのママさんが「クラスの現状を知りたい」
「学級崩壊しているクラスをなんとかしたい」と思って動いている。
diversityとvariationどちらも多様性と訳すけれど、
同一種の中の違いはvariationだと知った。

担任の先生をサポートしよう!そのためにはまずは自分の子どもから!
という保護者共通の思いがあって、
行動はそれぞれバラバラながら、思いは同じクラスの保護者、
私たちはdiversityではなく、variationが正しいのかもしれない。
しかし、担任の先生には曲解されているようで、
そこが少し悲しい。
でも、そういう思いをさせているのもクラスの荒れた雰囲気なんだろうな。

後日談

学級崩壊クラスの現状を知ってもらうための学校訪問には
「出来たら、数人のママさんで小学校に行くのが効果的」と
いじめの電話相談の相談員さんが教えてくれたので、
個人の問題ではなく、クラスの問題アピール!ということか、と
数人のママさんに「一緒に小学校行きません?」と電話を事前にした。
しかし、突然の平日午前に動ける人は少なかった。(当然…)
そして、行きたかったけれど、行けなかったママさんたちに
小学校訪問を電話報告。
中にはちょっと調子に乗っちゃってた側にいた子のママさんもいて、
「息子が帰ってくるのが楽しみです、おほほほ」と低く笑っていた。

そのママさん、息子くんを叱り飛ばして根性入れ替えさせたらしい。
「そして、話を端折ることなく今日の出来事を話しなさい!
ほぼメイさんから聞いているから、嘘はすぐばれるで!」と
告げたところ、息子くんが言ったらしい。

「母さん、知ってるか。太郎くんのお母さん、すごい怖いで。
俺、あんなに怖い人、久しぶりに見たかもしれん。。。」
と息子が言ってたで、ワハハハハ!と、そのママさんから報告を受けた。

参観していたら休憩時間にクラスメートに
ハサミの刃を向けていた男の子がいた。
担任から注意を受けず、
しかも、どちらかというと、やんちゃな子だったので、つい
その男子児童の後ろに立って、警告した。
「いまハサミを人に向けたのはお前か?」とまず確認。
「それが良いことか悪いことかを教えてもらう必要がある年齢か?」と確認、
「ふざけるのも大概にしときよ。」と、怒りに震えながら怒りを抑え、
知らない子なので丁寧に話そうと思ったら、
私の想像以上に低い声が出てしまって…おほほ。
あまりのドス効いた声に隣の席の女子児童を硬直させてしまって…
という話は私も電話報告では省いていたのに…バレるとは…。

ハサミを人に向けていた男子児童は廊下側の席、
そのママさんの息子くんはその対極にいて、あーんなに小さい声で言ったのに
周囲のこたちは結構見ているのね~という発見があった。
その後、ほかの女の子が
「そんなことしたら、太郎くんのお母さんに言うよ!」
という脅し文句を男子児童に言っていた、ということもほかの子から聞き…
いや、そこは”先生に言うよ”でよろしく…。

太郎のお母さんはドス効かせた声で注意して、
太郎のクラスで最もやんちゃな男子児童をちぢみこませた!と
私は”時の人”になったらしい。
小学生男子、やっぱりレベルがピー…と自主規制。
私の本気で怒ったときを知っているママさんや太郎は、
「あれはただの”警告”だったのに」と笑っていた。
花子にも「母さんが怒ったって噂を聞いたけれど、私の教室まで響かなかったから
たいしたことないなって思った。」と言われる。
いやいや、私、どんな人よ。
その後、太郎は何度も数人の男子児童に
「お前の母ちゃんは、いつ帰るんだ?」と聞かれたらしい。

夕方、太郎のクラスメートの女子児童にも
「今日、来てたね!〇くんを怒っていたの見た!」と声を掛けられた。
そんなに〇君を怒ることは珍しいの?先生は?と聞くと、
「先生は、ふざけている人は放って授業しましょう」って
いつも言っているから~と笑顔で言われた。
・・・それって、どうなの?と、その話をつい6年生の娘がいるときに
夫に話したら、娘の花子が言った。
「義務教育なのに?」
・・・フォローの言葉が疲れすぎてでない。

静かに小さい声で…結果的にドス効かせて、しかし小声で私は怒ったのに
クラスの児童のほとんどがそれに注意を払っていた、という事実に
私は結構、驚いた。
そうやって、周囲に神経を尖らせている子たちなら、
いや、尖らせないといけないような日々なら
いまのクラスの雰囲気もしんどいだろうなぁ、と。

百聞は一見に如かず

bitter-chocolate3.hatenablog.com学級崩壊している息子のクラスの現状にショックを受けて…の続き。


小学校では教頭先生が会議室へと通してくれた。
お口チャック作戦(ついついオブラートに包み忘れてハキハキと
言う私は黙っとけ!作戦)で、
ほかのママさんが現状を説明。
教頭先生も気づいていたけれど、「まさかそこまでだったとは…」と
絶句されていた。
小学校でも対応を検討し始めたところだったようだけれど、
もう一段階上の対応がいりますね、と。

反抗期を迎える4年生なので、なにかと自我が目覚めて主張したい子も多く
先生1人ではむずかしいというのなら、
いつでも授業参観に、授業補佐に入るので、声をかけてほしいと学校に伝えると
「児童が来ている間は、いつでもオープンスクールだと思って
学校にどんどん入ってきてほしい」と教頭先生はおっしゃってくださった。
そんなとき、1時間目終了のチャイムが鳴ったので、
「では、早速、様子を見に行きましょう!」と教頭先生に促され
ぞろぞろと突撃、授業参観をすることになった。

まず、休憩時間の教室で私が目にしたのは、
ハサミの刃を人に向けてクラスメートに襲い掛かる男子児童。
私たちに気づくと、その男の子はハサミを机の中に片付け
慌てて椅子に座っていた。
同じ教室内に担任の先生いるのに、声かけなし…。
見えてない?先生、視力が私よりも悪い?
それともこれは注意するまでもない日常?とすでにどっと疲れが…。

いじめの集中攻撃に遭っているという男子児童にはズボンに足形がついている。
「これ、どうしたの?」とつい聞くと、「こけたんだ」と。
こけて、足形がここについた?あぁ、納得!!
って、なるか!!と思いつつ、そう答えた児童の気持ちを思うと切なくて
誰がやった?と怒りに震えつつ足形を払う。

休憩時間にしていた工作を授業が始まっても続ける児童もいる。
先生、声掛けなし…。
「授業、始まってるで!!」と、つい声をかける。
何度、私たちが声を小声で掛けても遊び続ける児童、
声を掛けない担任。

予鈴が鳴ってから、廊下に出てくる児童たちの多いこと、多いこと…
ついほかのママさんたちと、
「ちょっと待て!予鈴の意味を知ってるか?
予鈴は廊下に出るっていうチャイムじゃないぞ。
予鈴が鳴ったら教室に入って、次の授業の教科書とノートと筆箱を
机の上に出す!」と指導してしまう。
1年生の教室ではないんだけれどね、ここ…とため息が出る。

3時間ほど授業参観をして、どっと疲れて帰宅。
なにが一番びっくりって、こんなに毎日うるさい授業なの?と
私が呆れながら見ていたのに、帰ろうとしたら太郎がやってきて、
「お母さんが来たから、今日は静かだった!」
あれ、トドメの一言。
これが静かだったのか…いつもは…いや、もう、想像しただけで疲れた。
私たちは、担任の先生も大変だろうし、手伝えることがあれば…
という気持ちで行ったけれど、
担任の先生はすごいピリピリモードで、
「何しに来た?!」というオーラでいっぱい。
私たちを避けて教室を出入りし、あいさつはなし…。
休み時間はさっさと職員室へ行き、本鈴まで教室に戻らず。
教頭や校長にチクったな!っていう感じだったのかしら。
確かにチクりましたとも!校長まで授業参観に来たから児童も
びっくりしていた。

校長先生に「僕もできれば、補佐にもっと入りたいんですが、
いま椅子持参で授業に入っているクラスがあって…」と
もっとヤバいクラスがあることを暗に告げられ、
そのクラスが我が家の末っ子、次郎のクラスだった時の衝撃…。
はぁ…とため息をつくばかりになって帰宅した。

 

学級崩壊気味?


太郎のクラスが学級崩壊している。
最初は、「学級崩壊気味?」と思っていたし、私自身は気づかなかったけれど
別の小学校のママ友に話すと、
「メイ、それはもう学級崩壊っていうんだよ」と言われた時の衝撃ったら…
私、もうマヒしてた…と気づいた。

例えば、先生の一言にヤジる男子児童が数人いる、
授業中に指名された音読を拒否、
給食当番を拒否、勝手に下校…までは、
「・・・」と絶句になる程度だった。
それが数日前、数人で一人の男子児童をいじめていたという話が
クラスのほかのママさん経由で私の耳に入り、
その話を太郎に確認すると、それ自体は知らなかったものの別情報も入り…
ドッカーン!!と怒り爆発しているところに
「先生もその場にいたけれど、注意せず」という話を得たところで、
太郎のクラスのママさん数人と「どうにかしないと…」と気づいた。

もちろん、最初にしたことは”自分のこどもを注意”。
太郎自身は、被害にもあってなければ、加害にも参加してなかったけれど、
「傍観していたことは、いじめに反対を表明したことにはならない。
あなたがしなければいけなかったことは、”おかしい”と声を挙げること。
いじめられている子に味方だということをもっときちんと表明しなさい」
というようなことを伝えた。
丁寧に…と言いたいけれど、「なんで傍観ができたわけ?!」と怒り狂った。
太郎自身が勝ち気な性格でもなく、おとなしい性格を考えると
当然の行動だとは思いつつ、「今こそ声を出すときだ!声出していこう!声!!」と
どっかのスポーツコーチのように気合入れて朝、送り出した。

そして、私はひっそりといじめ問題の電話相談に電話。
「被害にも加害にも遭ってない親が学級崩壊のクラスにできることって、
なんなのでしょうか?」と。
相談員さんから、まずは「それ、言ってるのお宅のお子さんだけちゃいます?」
という確認が丁寧ながらあって、いやいや4人ほどのママさんが気付いていて
情報共有をしていますと話すと、
「それでは…」と教えてくれた。
教育委員会に電話」は時期尚早ですよ、と。
まずは担任、次に教頭や校長に事情を話し、対応を求め
その結果をもって、教育委員会に相談してください、と。
そうでなければ、いきなり教育委員会に電話しても「学校に相談されましたか?」
と言われることが多いんですよ、と。
ほぉほぉ、参考になりました、と同じクラスのママさんと相談。

では、まずは学校で教頭先生と話をするしかないね!という結論に至った。
「ちょっとご相談したいことがありまして、時間をとっていただきたいんです」と
事前に小学校に電話をして、教頭先生の時間を確保。
元小学校教諭には「喧嘩腰ではなく、和やかに、ご相談するんですよ!」と
何度も念押しされた。
一緒に行くママさんと”和やかにご相談”をぶつぶつと唱えながら小学校へ
行きましたとも!

交渉のとき、”目標をどこに設定するか”は大きい。
それに向けての交渉の仕方を考えるわけで、私たちの今回の目的は
”学校に現状を把握してもらう”こと。
こういう現状を小学校は把握されていらっしゃいますか?
不安に思っているこどもたちを見ていると心配だ、
というあくまでも不安を訴える作戦…つまり、私はお口チャックで、
もう一人の穏やかなママさんに和やかに話してもらおう作戦。
息子たちも学級崩壊したクラスで8時間過ごしている日を週5日過ごしているわけで、
ちょっとでも状況がよくなるように、と小学校へ向かった。

連弾にため息

"Oh dear! That doesn't sound promising."
(あら、ま!それって、見込みなさそうじゃん。)
と、ロンドンのパルに言われちゃった。。。

話題は、ピアノですよ、ピアノ…。
はぁ…とため息つきながら語ってしまう。
友人にも「ちょっと聞いて」と電話で語ろうと電話して、
「声が暗っ!怖っ!」と言われるほど、
テンションだだ下がり中。

「花子ちゃん、発表会で連弾もしてね!」と
ピアノの先生に言われた。
連弾ですか…その件に関しましては、
重ねて辞退申し上げたく…というより、
すでに重ねて辞退申し上げましたが…
やっぱり決定事項なんですか?と考えるとため息しかでない。

連弾の難しさをわからず、とりあえず挑戦してみたのは二年前。
そしてわかったことがある。
連弾がうまい子、合わせるのがうまい子、
というのがまず第一にいる。
我が家の花子のように、他人の音なんて聴いてません~!
私は我が道を行くわ~の人は伴奏も連弾も全くもって向いてない。
一年目はそれを思い知って終わった。
そして二年目、連弾相手の音を聞く、ということができるようになり
相手に合わせることもかなりうまくなった花子。
(前年比で、他者と比べて、というわけではない)
本番では、緊張した連弾相手が猛スピードで駆け抜けた…。
緊張の度合いが同じ相手っていうのも連弾成功の秘訣として大きいのかも。
花子は「緊張、それって、おいしいの?」というレベル。
相手の子はすごく緊張していた…。

しかし、こういうのも含めて結局は花子の演奏レベルの問題で、
ソロがうまいこは連弾もうまいのだろうと思っていた。
某コンクール金賞のこと音大志望のこの連弾を聴いたことがある。
ソロでも聴いたし、連弾も聴いた。
ソロはもう「ほぉ…」となって、うっとり…でしたが、
連弾曲はお互いの音があっていなくて、かなり苦しかった、と
ど素人の私が気付くレベルだった。
そうか、連弾はやっぱりうまい人でも難しいのか。

きっと彼女ら、合わせて練習した回数が少ないのだと思う。
(家が遠いことを知っているので、勝手に推測)
合わせる回数を増やせば増やすほど、やっぱりきっちり合うようにはなる。
ただ、お互いの習い事や親の仕事や都合や家の距離や…
いろいろと調整をするのが本当に大変。
そうやって、必死に練習する機会を設けた割にはうまくいかない…
という経験を2度ほどして、悟った。
連弾で達成感を感じることはほぼ無し!徒労感だけは目いっぱいある。
やってられるか~!!と親の私がなってしまった。

あ~んなに練習して、
あんなに二人で連弾する練習の機会も作り(月2回が限界だったけれど)
と親の私が練習をセッティングした割には完成度が低く、
「合ってない気がする」とか
「違うペアで連弾したら?」と発表会を聴いたほかのママから言われ…
もうぐったり…なんですが、今年もします?
どう思う?と聞いたら、ロンドンのパルに冒頭の言葉を言われたわけです。

"Oh dear! That doesn't sound promising."
(あら、ま!それって、見込みなさそうじゃん。)

激しく同意…。
とりあえず、ピアノを弾ければ満足!となっている花子、
「私、先生に言ってみる!」というので、何を言うのかと思ったら
”連弾より、一人でもう一曲弾きたい!”と言うらしい。
もう好きにして…の心境。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

中間選挙結果

中間選挙の結果、みなさんどう受け止めたのかしら、と
気になる今日この頃。
中間選挙の開票日、「今日はテレビにかじりつくから!!」と
宣言した私に「アメリカ市民権持ってないの知ってる?」と
夫にからかわれたほどに、力が入っていた。

そして結果は…上院では共和党過半数、下院では民主党過半数
という結果になったわけで…
「なんじゃそれ~!!!」と日本の片隅で絶叫してしまった。
本気で?
誰がトランプを支持しているの?
私のパルたち、一人もトランプ信者はいないんだけれど、
もしかして、彼女たちも隠れトランプ信者とか?
なにこれ?
全く想像していなかった結果なんだけれど!!と
コロラドのパルにメッセージを送った。

disturbing:動揺させる
disappointed:失望する
unbelievable:信じられない

のオンパレードの返信がきた。
上院が共和党過半数をとったいま、もう私たちにできることはないわ…と。
ただ、選挙の結果は国の分断を示しているのよ、という感想が
とても興味深かった。
それというのも新聞に載っていた得票%、
民主党共和党が拮抗している州はほぼなく、
民主76%、共和党30%、あるいはその逆といったような
ほぼ倍の数値になっていた。
共和党が強い郊外で民主党が勝っていたりしているところもあったとかで
共和党が圧勝…には程遠かったにしても、
私にはまさか!!の結果だった。

正直、一体、誰がトランプを支持しているわけ?と私の中では
謎なんだけれど…と、つい言ってしまった。

"Oh I know a lot of women who support him and I can't
understand why."
(たくさんの女性たちが彼を支持しているわよ、
なんでか知らないけれど。)

というコロラドのパルの言葉に「えぇ~!!?」と日本で絶叫してしまった。

"You might be surprised to hear that he has women supporter
as well as Hispanic Americans."
(驚くかもしれないけれど、彼には女性の支持者も
ヒスパニック系アメリカンの支持者もいるのよ。)

…待って、もう全くわからない。
ヒスパニックアメリカンって、移民でしょ?
トランプの毛嫌いしている移民だよね?
なんで、それでトランプを支持できるわけ?
私の英語の理解力がないのか、なにがどうなって支持できるのか
全くわからないんだけれど…と聞いているだけで疲れ果てると
そういう動画はたくさんあるというので見てみた。
"Yes,I'm American."とトランプを支持するヒスパニック系青年の
Youtube動画を発見。

いや、そもそもアメリカ人ってなに?からして、確固としたものがないよね?
何世紀にもわたっているわけでもなく、2世代、3世代前が移民の人も多いし、
アメリカン・ドリームなんて言葉もその寛容さからあったわけで…
わからない、もう本当に思考回路についていけない。
コロラドのパルは「誰がトランプ支持者かわからないのが怖い」と言っていた。

日本の若者がやれ内向的だ、保守的になった、と言われて久しいけれど
世界がどんどん内向的になっていくのを感じる。
夫と中間選挙の結果について話していたら娘の花子に
アメリカの選挙結果が日本に関係あるの?」と聞かれた。
「一つの国の出来事が世界経済に与える出来事が計り知れないのが今なんだよ。
どこの国も鎖国できないんだよ。」と夫が話していた。
時代の波に飲まれていくのを感じる。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

授賞式とスピーチ

サウスカロライナのパルからメールの返信があった。
”ウサギのような食生活で痩せた4キロ”だったのに
クルーズ旅行で8キロ太って帰宅したらしい。

そんな彼女には太郎の学校でのたんこぶ事件決着騒動をながーいメールで書いた。
そして、返信が来た。

Dear Mom of the Year

What will you wear to your award ceremony?
Is there a financial gain?
Or do you just promote mom issue?


【親愛なる”今年の母”
(パーソン・オブ・ザ・イヤー:今年の人、”Times”の。
パーソン(人)がマム(母)になっている)

授賞式では何を着るご予定?
なにか賞金ももらえるのかしら?
それとも、あなたはママ問題を売り込んだだけ?】

とジョークたっぷりに返信があった。
授賞式…やっぱり着るもののことよりスピーチでしょ!と
思って思い出したのがSterling K. Brown。

"This Is US"といういま私の一番おすすめのドラマで三つ子役、
大人になってからの役をしている一人。
彼はエミー賞を受賞した。
エミー賞:ドラマのアカデミー賞のようなもの)
そして、スピーチをしたのだけれど…
残念なことに途中で音楽が入り、スピーチを無理やり中断された。

www.youtube.comYoutubeのコメント欄も「スピーチの途中で音楽なんて失礼すぎる!」と
荒れていた。
途中でCMに入ったのかと思ったら、あのままだったとは…。
そして、この話題を"The Ellen Show"(エレンの部屋)で
エレンが取り上げた。

www.youtube.com
「あなたは音楽が入らなかったら、スピーチで
言いたいことがあったのでは?この場で言うのはどう?」と提案し、
「実は…」とSterlingが言い始めると音楽が流れ…
「あら、失礼。続けて」とエレンが促し、
またSterlingが続けようとすると音楽が流れる…というネタにされていた。
最後はもう踊っちゃっていた…。

"This Is Us"の中では現代と30年前が同時進行のように進んでいくのに
「エレンの部屋」(The Ellen Show)では若いパパママと現代のランダルが同時に
実在して…あぁ、見慣れない!!と思ってしまった。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村