ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

春休みの過ごし方

長い春休み、こどもたちはさぞ暇を持て余しているでしょう…
という話を聞く。
確かに暇を持て余しているこどもたちもいるだろう。
元気いっぱいな我が家のこどもたちも食料品の買い出しにすら
私も連れて行っていない。

それではこどもたちがなにをしているか。
ママ友たちから「こどもに夏休みの絵を描かせている」
「夏休みの工作に取り組んでいる」など触発され、
我が家の子どもたちにも読書感想文のための本を読ませた。
毎年のことながら、1冊目では「これでは書けない」となり、
現在それぞれ2冊目…。

小3の次郎は『髪がつなぐ物語』 

 ヘアドネーション、髪の毛の寄付の話。
児童書で私が泣いてしまった。白血病抗がん剤だけではなく
無毛症や脱毛症で髪の毛を失ったこどもたちがウィッグを得るまでが
書かれていたり、ウィッグが間に合わなかった子。
僕にもできるボランティアだ、とからかわれても気にせずに
髪の毛を伸ばし続けた男の子。
30㎝髪の毛を伸ばす、その大変さは髪の毛を伸ばしたことがある
人ならわかる。30㎝…大体2年。
誰でもできるボランティアだけれど、なかなかできないこと。

小5の太郎は『バッテリー』。 

バッテリー (角川文庫)

バッテリー (角川文庫)

 

 アニメで見たことがあるらしいけれど、太郎もいま夢中な野球の話。
ちょっと読んでは感想を熱く語ってくれる。

中1の花子は『骨を彩る』。 

骨を彩る (幻冬舎文庫)

骨を彩る (幻冬舎文庫)

  • 作者:彩瀬 まる
  • 発売日: 2017/02/07
  • メディア: 文庫
 

 タイトルに惹かれて、買った。
「これ、花子が好きな話に違いない!」と。
タイトルを見た花子、「いや、これが私の趣味って、人聞き悪い…」
と言いつつ、いま夢中で読んでいる。
アマゾンの内容紹介では

「妻を喪い、少しずつ妻のことを忘れてしまっている自分に気付く夫――

「指のたより」、
恩師の葬儀に現れないかつての友人との過去のやりとりをたどり、
今彼女に何かを言わんとする女性――「古生代のバームロール」、
息子がいじめられているかもしれないという不安を抱えながら、
自身の過去の記憶に向き合う母親――「バラバラ」、
ゲームの中でしか雄弁になれない童貞――「ハライソ」、
転校生のある宗教を信仰している少女と出会い
自分たちを苦しめる"普通"について模索する、母親を喪った少女――
「やわらかい骨」など、登場する人たちは皆、
心のどこかで骨がひっかかっているような、自分の骨が足りないような、
何か不安定な喪失感を持っています。(以下略)」

 

そして夏休みの理科研究も。
中2の夏、今年は「生分解性プラスチックは分解するのか」
いまならまだ3か月あるし…とやってみている。
現在、全く分解されてないけれど。。。
そうだよね、そんなに簡単に分解される温度とか条件がわかったら
誰も苦労しないよな、と思いつつ、長そうな道のりに呆然。

花子が実験している間に小学生の息子たちには工作キットを渡した。
3年の次郎、あっさり一日で完成。 

 思ったより完成品が小さくて(=部品が小さかった!)
説明書は英語だけ…。
選択を間違えた…と思ったら、レゴもガンダムも文字が読めないまま絵だけで
組み立ててきた次郎、英語でも問題なく組み立てた。
最後にケーブルをソーラーパネルに結ぶとき、わからないと持ってきた。
折り紙の本を見ながら折り紙できない私に難易度高い…と思ったら
「black」,「red」の解読だけだった。
「こっちが黒」と絵を指しただけで、次郎、完成。
次郎は数学系に進むだろうとよく言われるけれど、
次郎が好きなのは物理工学?だろうなぁと改めて思った。

近づく

オランダのパルから連日メッセージがくる。
時差の関係で私が寝ているときに受信し、
朝起きて一番に彼女のメッセージを読んでいる。

「メイ、かれこれ2週間、卵を食べてない。
2週間、牛乳も手に入ってない。
スーパーに行っても卵がない。
今日もコロナウイルスに感染するかもしれないと
おびえながらも食料が尽きたからスーパーに行ったのに
何もなかった。もう泣きたい。」

オランダよ、オランダ。
ヨーロッパ、先進国ですよね?とびっくりする。
東京では買い溜めが起きているらしいけれど、
兵庫の私の近くのスーパーはまだいつも通り…なはず。
そういえば、私も1週間近くスーパーにすら行ってない。
コープの個配というシステムをずっと利用している、と
以前、オランダのパルに話した。
コープの個配も急に注文が増えてうれしい悲鳴らしい。
みんなスーパーに行きたくないのだろう。
そんな話をオランダのパルにしたら、彼女も前にスーパーで
配達を頼まないかと聞かれたらしい。
そのときは500ユーロ、という話だったらしく、
なんのメリットもないわ!と一顧だに介さなかったらしいけれど、
明日は電話して配達してくれるか頼む、とメッセージにあった。
例え、倍の1000ユーロでも!と。

今日は彼女の友人がコロナウイルスと診断されたらしい。
徒歩5分の家の友人家族で、1週間高熱が続いていた、と。
糖尿病のおばあさんが入院することになったようで、
いよいよ近づいてきた…と。

そして、インディアナ州のパルから体調不良のメールが来て
"We think it was the COVID-19"(コロナウイルスだと思う)と。
彼女と娘ちゃんが10日前からの体調不良で、
その2週間前に半日、彼女の娘ちゃんが遊んだ友人がコロナウイルス陽性と
診断されたらしい。
そして、主治医にもコロナウイルスだろうから入院するようにと
言われたほどに息苦しい…と。

コロナウイルス、近づいてきたのを感じる。

『パリのすてきなおじさん』

 『プロフェショナル』でいわた書店に置いてあった本。
多分、紹介されなければ読まなかった。
ネットで注文した数冊の中で、なぜかこれだけ一番に届いたので
読むことになった。

パリのすてきなおじさん

パリのすてきなおじさん

  • 作者:金井 真紀
  • 発売日: 2017/10/24
  • メディア: 単行本
 

 

絵がたくさんあるので、字が少なくとても読みやすい。
中1の花子も「字が少ない」と言うほど。半日で気軽に読める軽さ、
なのだけれど、その中に知らなかったことがいくつかあった。
例えば、フランスとアルジェリアの関係、
”隠された子ども”と呼ばれるユダヤ人のこどもたちが
フランスにいたこと!
アルジェリアからのフランスへの引揚者がいたこと、
日本における満州から帰ってきた人たちのように。
パリで出会ったおじさんから話を聞く。
ワインを飲みながらだったり、ふらっと気になって入ったお店でだったり。

読み終わって、私の中での違和感は、”なぜにおじさん?”
いや、これ、”おばさん”バージョンがあってもいいのに。
筆者はおじさんを探すアンテナがあるようで、
蘊蓄のある話をするおじさんを見つけるのがうまいらしい。
本に出てくるおじさんたちは50代以上の人がほとんどなので、
みんなそれぞれ人生がある。
歴史に翻弄された人たちもいる。
それ、でも、”おじさん”である必要あった?と、つい夫に聞くと。
「おばさんに”話を聞かせてほしい”なんて言ったらまず警戒するだろうけれど
おじさんなら、”ええで”と簡単に話してくれるからちゃうか?」と言う。
えっ、おじさんって、そんなに口が軽いの?
誰かに話したくてたまらない人種?
あっ、でも、それなら、そんなおばちゃん、
関西にはアンテナ立てなくても、いっぱいいそうですけれど。
逆に取捨選択が大変なくらいだろう。

『パリのすてきなひとたち』だったら、もっと違和感なく楽しめたのに、
と私自身は思ってしまった。
しかし、なんやかんや言いながら最後まで読んだわけで、
それなりに面白かった。
街の片隅の古本屋やアラブのお菓子屋さんから、
フランスのユダヤ教を語る人にオーダーメイドの服好きな人、
いろんな人の人生をちょこっと覗いた感じ。
中1の花子も「ふつうに面白かった」らしく、
私も読み、そしていま夫が読んでいる。
性別も年齢も超えて読める面白さがあるのかも。
それが”おじさん”の話、っていうところにはやっぱり気になるけれど。
性別ではなく、人生の辛酸を知った人の話っていうのは
やっぱり興味深いのだと思う。

突き刺さる言葉

各種、難しい業界はいろいろあると思う。
株を読んだりする金融業界、金とコネの政治業界に…
という中で、最近、やっぱり一番むずかしいのはこの業界だろうと
私が思っているのは”教育”業界。
正確には”こどもに関わる”職業。

相も変わらず家の中でこどもたちとNHKオンデマンド
『プロフェッショナル』を観ている。
元気な時は外科医やER救命救急医、産婦人科医なんていう
かなりの確率で泣きそうな回も見れるけれど、
ぼーっと見たいときは園芸家とか。
そして、意外に見ていてしんどくなるのが”こどもに関わる”仕事。
カリスマ数学教師、小児神経科医、精神科医(こどもの発達障害専門医)。

生徒たちに慕われている教師が「傷つけた生徒たちばかりで
過去を思い出したくないんです。」と語ったり、
暴言や親のDVを見るだけでもこどもの脳には萎縮が起きる、
不適切な教育、マルトリートメントを親がしている、と語る
小児神経科医が「私も失敗してきたけれどね。」と語り、
こどもの発達障害専門医が「ふつうって、なんだろうって
考えてきた30年でした。」と語る。
彼らの一言、ひとことが胸に突き刺さって抜けない。
いや、これ…しんどいわ…と思いながら見てしまう。

発達外来に通うママさんたちや小児神経科に通うママさんたち、
そこに通うまでも葛藤があっただろうママさんたちはすごく
必死にやっているママさんたちばかり。
「あんたは偉いよ!よくやっているよ!すごいよ!」と
誰からも褒められず、承認されず、しかも無給で無休。
小児神経科医の回で、「親が変わればこどもは変わる」、
だから、親にこどもの褒め方を教えていく、ほめ方をやってみせる、
と言っていた。
こどもに関する職業って、結局は親に関わる職業。
保育士の友人が「こどもを相手するより親を相手の仕事」と
言っていたけれど、
小児科にこどもを連れて行くようになり、
小児科医はこどもとの相性より親との相性だなと思ったとき、
これが保育士の友人が言っていたことか!と膝を打った。

親になってわかったことはいくつかあるけれど、
こどもは親の鏡だと思う。
学校の先生たちがいくらこどもに注意しようと親が同じなら同じ。
だから、まずは親の承認欲求を満たすとか
親を褒めて、親が褒められてうれしいことを学び、
こどもにもそうしよう、となるのが良い道順なのだろうと思う。
思うけれど、わかってはいるけれど、なかなかそんな機会もない。
三者の目に立つと、「いま頑張らなくても」というタイミングで
親は必死になっていたりする。
親の余裕のなさがこどもにも影響するのだろうなと
我が身を振り返って思う。

 

電話ではないcalling

アメリカのサウスカロライナ州のパルから手紙が届いた。
長いタイプレターで、最近はメールが往復していたので
ちょっと不思議な気分で読んだ。
彼女の手紙には彼女の友達の発言があった。

私だったら、そんなことはしないけれど
彼女の考えを尊重したいとは思い、そういうことは言わなかった。
でも、正直…”I can't understand her calling."とあった。

her calling?
えっ?電話での会話だったの?
電話中だったって書かれていたっけ?と何度読んでも
わからない。

ロンドンのパルに
「ちょっと英語で教えてほしいんだけれど…」と話すと、
「英語は結構、得意よ。」と返ってきた。

このcallingって、天職とか神の思し召しっていう意味もあるようで、
宗教的な意味なのかしら?とロンドンのパルに聞くと、
宗教的な意味もあるけれど、文脈から判断するに

"It's just a way of describing a very
strong desire to want to do something,
in this case her friend's calling seems to..."
(それは彼女の友達の場合だと
ただとても強い希望を表現した方法のひとつのようね)と。

callingに”強い希望”という意味があったことを初めて知った。
初めて知ったといえば、コロナウイルスで話題なのは
猫も杓子も私のパルたちもsocial distancing(社会的距離)にうるさい。
「メイ、どのくらい社会的距離とってる?」と。
逆に聞きたい。
推奨されている社会的距離は?
アメリカのパルは「6フィート」(1.8m)
イギリスのパルは「2m」だそうで…
日本でそれを屋内でしようとすると、まず”広い家”が必要で…と
ロンドンのパルに愚痴った。

We have all been cooped up together for 7 days
and currently have no symptoms.
(私たちは7日間閉じ込められていて、現在は症状なしよ。)
と、ロンドンのパルも狭い屋内に夫とルームメイトと3人で
引きこもっていたらしい。
cooped up:(狭い空間に)閉じ込められた

我が家も狭い家でこどもたちと引きこもり。
県内で感染者がどんどん増えていて、大阪ー兵庫間は連休中移動するな、
なんてことまで言われていたのに
小中学校では登校日が今週、設定されている。
目的は…herd immunity(集団免疫)ではない。
健康観察です! 校医が学校にやってくるわけではもちろんなく、
先生たちがするらしい。
へぇ、先生たち、医師免許まで持ってたの?と、
つい毒づくのは私くらい。
休校の意味がなくなる。。。

13冊を選ぶ

北海道にある書店、いわた書店では1万円選書をしている。
いまは人気がすごすぎて、抽選らしい。
当選したら、読書歴などを書く紙、カルテが送られてくるらしい。
人生で記憶に残っている20冊を書くようで、
20冊…私だったら、なんだろう?と書き出してみたら
意外に難儀した。
最初の7冊くらいまではスラスラ。
10冊超えると苦しくなった。
1週間に文庫だけで4冊、全集2冊…なんて読んでいた時代もあったのに
記憶に残っていた本にちょっと呆然。

興味のある人だけどうぞ~の私の読書歴。
予想外に1番最初に思い浮かべたのは川上和人。
いま、新刊がでれば一番に買う作家?…学者。 

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

  • 作者:川上 和人
  • 発売日: 2017/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

鳥に興味津々で日本野鳥の会の会員の花子から鳥に興味のない私まで
面白く読ませるのはすごい!

王妃の離婚 (集英社文庫)

王妃の離婚 (集英社文庫)

  • 作者:佐藤 賢一
  • 発売日: 2002/05/17
  • メディア: 文庫
 

中学だったか高校のときに鳥肌立った一冊!
友達に薦めて回ったのに誰も読んでくれなかった分厚い一冊。
しかし、後に直木賞を受賞し、先見の明!!と驚かれた。
直木賞受賞はどっちでもいい、歴史好きにはたまらない一冊。

 

 国語辞典、大人買いしてしまった。

 

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

 芸人が書いた本かと思ったらこちらも学者さん。ギャップがいい。

 

イン・ザ・プール (文春文庫)

イン・ザ・プール (文春文庫)

  • 作者:奥田 英朗
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: 文庫
 

 奥田英郎にのめり込んだ。こんな医者、いてもいい。

 

東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ (ちくま文庫)

東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ (ちくま文庫)

  • 作者:遥 洋子
  • 発売日: 2004/11/11
  • メディア: 文庫
 

文学部に入学して、これを読み、入る学部を間違えたと気づいた。
社会学部がおもしろそうだった~!

 

 伝説の一冊。文学部でよかった…。

 

眠れる美女 (新潮文庫)

眠れる美女 (新潮文庫)

  • 作者:康成, 川端
  • 発売日: 1967/11/28
  • メディア: ペーパーバック
 

川端康成の真骨頂はコレ!という思いは譲れない。

 

白い薔薇の淵まで

白い薔薇の淵まで

  • 作者:中山 可穂
  • 発売日: 2001/02/05
  • メディア: 単行本
 

 「卒論、これで書く!」と指導教官に直訴した一冊。

 

女たちの和平交渉 (VERY BOOKS)

女たちの和平交渉 (VERY BOOKS)

  • 作者:小島 慶子
  • 発売日: 2016/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 恋愛小説ではないのに胸が痛む一冊。

 

名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)
 

 久しぶりにちゃんとした時代劇小説!と大好きだったシリーズ。

 

英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

 

 比較文化論。

 

九十歳。何がめでたい

九十歳。何がめでたい

  • 作者:佐藤愛子
  • 発売日: 2016/08/01
  • メディア: 単行本
 

相変わらずの佐藤愛子節が心地よい。
怒ってばっかりの人なのに楽しい。
5歳のチコちゃんに怒られるよりは90歳の作者に怒られたい。

 

13冊が限界。。。

1万円選書

「北海道に行ったら、絶対に行こう!!」と娘の花子と
テレビを見て決めた場所がある。
いわた書店。
名前だけ聞いたことがあった”一万円選書”、
NHKの「プロフェッショナル」で見た。
NHKオンデマンドに入ってからNHKのドキュメンタリーに
家族で夢中になっている。)

町の小さな本屋さんが1万円で本を選んでくれるというもの。
ワインのソムリエのように本を選んでくれるらしい。
ここまでは、ふーん…なのだけれど、
そのいわた書店に並んだ本や1万円選書で選ばれた本を見て
久しぶりに衝撃を受けた。
「なにこれ?!…知らない作家ばかりだ!」と。
動画を見ながら、途中で気になったタイトルはすかさずメモ。
毎日1冊読んでいる、というほどの読書量はすでにないけれど、
月に10冊は読んでいる私。
年間120冊以上は読んでいる。
それでも、知らない作家だらけだったことに衝撃を受けた。
そして、また面白そうな本ばかりで、
そんな本を私は知らなかったの?と、ものすごく損をした気分にすらなった。

問屋から送られてくる本を並べるだけの本屋にやりがいを感じられず
売り上げも落ちていき…の中で1万円選書を始め、
各種メディアの紹介もあり、いまは3000人待ち。
私も1万円選書してもらいたい!と思ったけれど、
その前に私の読みたい本をまずは読んでいきたい。積読本と。
といいつつ、早速、番組で見た数冊の本を注文した。

しゃべれどもしゃべれども

しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)

しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)

 

 

『傷だらけの店長』 

傷だらけの店長: 街の本屋24時 (新潮文庫)

傷だらけの店長: 街の本屋24時 (新潮文庫)

 

 

『逝きし世の面影』 

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)

  • 作者:渡辺 京二
  • 発売日: 2005/09/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

音楽を聴けばその時代に戻れるように本でもその時代に戻れる。
花子が小川洋子の『薬指の標本』を買ってほしいと先週言った。 

薬指の標本 (新潮文庫)

薬指の標本 (新潮文庫)

 

 あぁ、懐かしい、学生時代に読んだわ、小川洋子ワールドよ~と
花子に買って渡した。
花子はとても面白かったらしいけれど、
「これを楽しそうに読んでいる人とは友達になれない」らしい。
薬指の標本』を嬉々として読んでいる人を見つけたら
私ならおすすめの本を聞くけれど。