ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

一家で室内楽鑑賞

室内楽を聴きに一家で大阪へ行ってきた。
小学生になった子どもたちと夫は初のクラシック音楽の生演奏を聴く。
こどもたちのピアノの先生も出演者として登場するので
きちんとした格好で…って、どんなの?と調べて、
私と娘はワンピース。息子と夫も着なれないよそ行きの服装。
先生へのお花は自宅に届けたほうが電車で会場入りする先生のお邪魔にならないですか?
と聞いたら、「会場でも預かってくれるわよ」と。
会場で渡したほうがよさそうだったので、コンサートホールの近くの花屋で
ブーケを作ってもらった。
我が家の近くの花屋では5000円のブーケは結構、立派なサイズなのだけれど、
さすが大阪!
駅前だから?地下街だったから?
5000円がこれ?と思う大きさだったけれど、店にあった3000円のブーケを見て納得。
こどもたちに先生へのメッセージカードを書かせたら、
「ピアノ、楽しみにしてるから!頑張って!」と、
なんとも上から目線だった…。

そして、室内楽を一家そろっては初めての鑑賞。
こどもたちが動いたりするようであればすぐに出ようと
一番後ろの席に座ったけれど
小2の次郎はお気に入りの曲のときはノリノリで指揮し、
いまひとつ好みではない曲の時は肘掛に肘をつき、
好きな曲になると前のめりで聴き…1部終了後の休憩のときは
「あの曲はなめらかでよかったね」なんて言っていた。
小4の次郎はソプラノの歌声をうっとりと聴き、
小6の花子も「発表会で弾きたい曲だらけだわ!」と…。
いやいや、怒られるって!というレベルの曲ですから。
「特にあのおじさんのバイオリンがうまい!!」
と花子が言う。
あのおじさんって…某フィルハーモニー管弦楽団
コンサートマスターですから。

室内楽、家族それぞれに「すごくよかった!また聴きに行きたい!」と
思えるほどに素晴らしかった!
やっぱりCDとは違うね!と夫が予想外に興奮していた。
ただ…「ピアノのソロも聴きたい」と私はつい思ってしまったけれど
こどもたちも同じだったようで、
「もっとピアノが活躍してほしいね~」と。
次回はピアノリサイタルを聴きに行きたいね~と言いながら帰路に着いた。

CDとは違う生で聴くクラシック、知らない曲ばかりだったけれど
どれもこれもとても新鮮に聴けた。
ソプラノの声も「久しぶりに高音でも耳障りではないソプラノ~」と
私もうっとりし、
バイオリンの音色にうっとりし、緩急のついたピアノに熱くなり…
もっと聴きたい!と思った。
今年中に家族でもう一度、クラシックを聴きに行けたらいいなぁ。

戦う人?

この暑さで熱中症になってしまった。
暑さには弱いと自覚があるので、ほぼ室内にいるのに。
熱中症になった」とママ友に話すと、
どこで?!と驚かれた。

その日は、徒歩10分のところを暑すぎるので車で移動し、
こどもの送迎のため20分ほど外で待ち、
あとは車移動。
それなのに、夕方から頭痛に吐き気が止まらず、
翌朝に受診し、熱中症と診断された。
車のエアコンが効くまでに着くような近場移動ばかりだったので
結局、サウナに入っただけのようになったのかしら。
水分補給はしっかりしようと水筒も常に携帯していたのに。

小学生のママさんたちにはもうすぐやってくる夏休み、という
おそろしいものがある。
以前は、夏休み前に
「頑張ろう!」とか「おつかれさま」と言い合うママさんたちに
違和感があったのに、
いまは言える。心から言える、「がんばろう!」と。
例えば宿題ひとつとっても、こどもだけでは無理ですよね…
という宿題がでてくる。

そして、この異常気象の中の地区水泳も私の地区では決行される。
私は熱中症の危険性が高いことから中止の意見を述べたものの
話はどこまでも平行線。
熱中症のリスクを冒してまでするほどではないと思う私と
リスク対策をして、こどもが喜ぶ地区水泳をしよう!という人と。
何を最重要視するかが根本的に違う。
対策っていっても、この気温の中で屋外プールで熱中症対策って
なにができるの?と思いつつも、
お互いの妥協案を探るしかなく…。
小6の花子が歩いて帰ってて立ち眩みをしてこけた、
と言うようになった。6年生でもそのくらいしんどい暑さだっていうのにさ…
と愚痴った。
いつものように延々と。
メキシコ人改めアメリカ市民となったコロラドのパルに!

コロラドのパルはとても慰め上手の褒め上手。

You are a true human being who cares about the wellbeing of others
and that' why I admire you.
(あなたは他人のしあわせのために考えることができる人で
そういうところを感心するわ。)

Keep fighting for what is right.
(正しいことのために戦い続けて)

そして、”You are a fighter."(戦う人ね)と言われた。
これ、前にもカナダのパルにも言われたし、アメリカのパルにも言われた。
私、そんなに戦っているのかしら…一体、何と?

I'm a lover,not a fighter but I'll fight for what I love.
(私は戦士ではなく、平和主義だけれど、私の大切なもののためには戦う)

心理学や交渉術をもっと磨こうと思った日。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

各国のパルに聞いてみた

某国のベジタリアンの男性と一緒に食事をした。
ベジタリアンだけれど、サーモンは食べれるそうで、
ベジタリアンだけれど、大豆は食べられず、
アレルギーはなく…
それって、ただの偏食家って言うのでは?
ベジタリアン、というのとは違うレベルだよね?

国が違えば、文化も違い、考え方も違うけれど…
日本はというよりも、我が家の方針は
「出されたものは黙って食べる。
何か言うなら、ありがとう!」とこどもたちにしつけている。

その男性、日本人婚約者がいるのに日本語はあいさつだけ、
日本の文化も詳しくなく、勉強したようにも見えず…
なんだか失礼な奴、と私は思ってしまった。

でも、これって、国によって違うの?とアメリカや
フィンランドスウェーデン、スイスともうありとあらゆる
国のパルたちに聞いた。
こういう男性って、どうなの?と。
みなさん、「私はその国に詳しくないけれど…」と前置きし、
それぞれの国の価値観で語ってくれた。

アメリカやスイス、フィンランドのパルたちには
「私はベジタリアンだけれど、そういう人と一緒ではないから!」と
そのベジタリアンは別枠で考えて!と言われた。
ベジタリアンだとは申告するけれど、
私のために考えて作ってくれた料理はできる限り食べるわよ」
「一緒に食べることを楽しみたいから」と。

「picky eaters」(偏食家、好き嫌いの激しい人)って、
アメリカやイギリスには多い気がする。
日本人の好き嫌いのなさにいつもびっくりする、と
日本について詳しいアメリカのパルが言っていて、
それにもびっくり。

ついでに国際結婚相手の文化を尊重しない、という男性だったので、
「私の娘の夫が彼と違ったことに感謝するわ!」と
スイスのパルに言われた…。
「いいの?本当にその人でいいの?」とロンドンのパルに確認されたけれど
私の夫ではないので、私に確認されましても。

アメリカやスイス、スウェーデンやオランダといった国々のパルたちに
「メイが普遍的なしつけをこどもにしていて、安心する。
食べ物に感謝をする、食事に文句を言わないって、本当に重要だわ。」という
返事が次々に返ってきて、とても新鮮だった。
もう一つ、国が違ってもパルたちの共通意見としては、
「そんな男は絶対に嫌だ!」と。
(私の友達だから、私と同じ価値観を共有していて、
この結果は当然なのかしら?)
rude(失礼)、weird (変)picky eater(偏食家)、
この3点セットって、最強すぎる…。
「逆にその日本人女性の惹かれたポイントはどこだったの?」と
各国のパルたちに聞かれる始末。
私は全く惹かれなかったので、私にはわかりません。
国際化とか国際的な価値観、国際的な人、などいろんなところで
冠に”国際”という文字を見る今日この頃。

相手の文化に敬意を払い、他者を尊重しつつ、自分の意見を言う。
それは国際的なんていう価値観ではなく、
普遍的なものの気がした。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

タイムラグ

カナダとオーストラリアのパルから久しぶりに手紙が届いた。
どちらも内容は「家庭訪問どうだった?」というもので、
つまり私が出したのが3月か4月、そして私が手紙を受け取ったのが7月。
時差…にしては長いわね、長すぎるわ!

家庭訪問なんて、3か月前の話、もうどうだっていいのよ!
という人にはきっと文通とか向いてない。
こちらも暇なときに手紙を書き、あちらも暇なときに返事が来るので
「ごめん、疲れて旅に出ていたの」とカナダのパルの手紙にあった。
知ってる、なぜかスペインから「いま、旅行中!」という
絵葉書が届き、なぜにスペイン?どうしたんだ?!と
驚いたけれど、詳細は手紙に書かれていた。
まぁ…「お疲れさま」の一言なのですが、
きっと彼女が消化するのに3か月いったんだわと思った。

オーストラリアのパルは新しく手作り品を売り始め、
それを蚤の市のようなところで売っているようなのだけれど、
もう面白いほど売れて売れて、すぐに在庫がなくなるからまた作って
ついでに倉庫まで借りるようになって、
家も買おうかと思ってて…儲かりすぎて笑いが止まりませんわ!と
いう内容でした。。。
私、彼女の手相で「ビジネス運向上」って言ったよね?
「自営業向き」って言ったよね?
いまさらながら、鑑定料が実は高額で…と言い出そうかと一瞬、
思ってしまった。

3,4か月ぶりに来る手紙、私は返事する気になれない、
とオランダのパルが言っていたけれど、私は気にならない。
大丈夫、まだ覚えてる!
「今年の家庭訪問?ちょっと聞いてくれる~」と語れる。
タイムラグも含めて楽しめる。
たまに「あれはどうなった?」と知りたくて仕方がないときは
「手紙に書いたけれど、結果を教えて!すぐ!詳細を!」と
メールやwhatsappをじゃんじゃん送る…のは私だけではなく
私のパルたち、みんなしている。

そんなタイムラグを楽しめる文通と違い、タイムラグが気になるのが
通信教育。
「中学生」「塾」、どうなの?どうなの?と踊らされている。
塾までは…というあなたに通信教育!とどこかのキャッチコピーのように
夫に通信教育について熱く語ってみた。
最近は一教科から選べる通信教育もありまして…添削付き!と話すと、
「それ、帰ってくるまで10日くらいかかるんちゃう?忘れてるで。
あの問題?あぁ、まぁもういいいわって、なりません?」と
至極真っ当な指摘を受けた。
でも、いまはネットの時代!なんと、ネットで添削できるんです!
(早いかどうかは通信教育の会社によりけり…)
と、私が熱く語っても本人の意思が大きいと花子に塾とか通信教育は
興味があるかと聞いてみた。

「塾?行っても意味がないと思うで。」と花子が言う。
なんで?と夫と聞いてみると、
「学校と同じでしょ?多分、行くだけで話は聞かないから。」と返ってきた。
・・・やっぱり、話を聞いてないんか!!と火を吹きそうになった。
では、花子は一体、何を考えているか。
「ハシボソカラスの田舎って、どのへんからなんだろう?」とか、らしい。
(ハシブトカラスは都会に住み、ハシボソカラスは田舎にいる、
と言われているけれど、片田舎の我が家周辺にもハシブトカラスもいる。
どのへんで、ハシボソカラスだけになるのか、
本当の田舎には本当にハシブトカラスはいないのか…が最近、気になるらしい。)
先生の話をちゃんと聞きましょう、と何度目かの注意をしておいた。
そして、タイムラグといえば、通知表も。
ケガもしなかった一学期、それでよしとしよう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

ひねりはお好き?

みなさん、素敵な3連休をお過ごしのことかと。
私はなにをとち狂ったのか、娘と難関私立中学の過去問に格闘しています。
なんでこうなったのか…
「私立中学、チャレンジしてみたら?」とママ友にそそのかされ、
難関私立中学対策の夏期講習にだけ娘の花子を放り込む、
それって、なかなか素敵な夏休み?なんて思った。
花子のお友達もあちこちの夏期講習に行くらしいし、
花子も行ってみたら?くらいの感覚で。
それが広告見て、難関私立対策コースは6万近くすると知り、一気にトーンダウン。

難関私立中学行かせる予定もないのに夏期講習?
私は一体、なにがしたかったんだ?と自問したとき、
花子にちょっと頭を使って算数解いてほしかったんだと気づき
難関私立中学の過去問を買って、花子にやらせてみた。

公立小学校では9割はとっている花子、
難関私立中学の入試問題はいかに?!
私が買った難関私立中学合格者の最低得点180点くらいだったので
6割取れればギリギリってことかと。

いやいや、さすが難関私立中学ですよ!
国語からして評論が長っ!物語も長っ!
でも、6割はとれた。配点がわからないのできちんとした点数は不明ながら
花子は記述式はきちんと書けていて、漢字も完璧だった。
しかし、算数は…すごかった。
習っていない単元があるのに、それが公立小学校の応用のさらに上。
ひねりの白井王子もびっくりのひねり具合で、
文系の私、中学入試の問題なのに…
ピカーン!!というひらめきも出てこない。
花子がさらさら~っと解いても合っているかどうかも
答えを見ないとわからない。
(夫に見せたら、ここから違うなぁ、と
花子は途中から間違えていたけれど)

「これをやっている小学校六年生がいるのね。
塾でずっとやっている小5とか…」と
しみじみと花子が算数解きながら言っていたのが印象的だった。
夫がヒントを言おうとすると
「ストップ!黙ってて!!」と一人で解いていたけれど
「集中力の限界」と問題の半分でリタイア。
これを最後まで解く小学生っていうだけで、やっぱりすごいわ~と
感心してしまった。
私はもうお腹いっぱい。潔く撤退!と思ったけれど、
「やっぱりひねってある問題って、楽しいわ~」と花子が
寝る前に感想を述べてびっくり。
楽しい、そんな発想なかったわ。
「夏休み、たまにこういう問題やる?」と花子に誘われた。
そんなお誘いされるとは…。

 

冬の予定


アメリカの作家にファンレターを出したのは2年前。
1年前かと思っていたら、もう二年も経っていたとは
月日の経過は早い。
メールは定期的に往復している。

彼は日本の中でも関東地方がお気に入り。
「シャイなアメリカ人だから」と言っていた。
確かに、関東を好むアメリカ人は私のパルたちや知り合いにも多い。
パーソナルスペースが広めに必要で、
シャイな人たちは関東を好む。

一方、フレンドリーなアメリカ人たちは関西大好き。
「私の英語を日本語に訳すと、ものすごい自己主張が強いって
日本人の先生に言われていたけれど、
大阪では普通だったけれど。」と言っていたアメリカ人がいて
関西圏に住んでいる私、爆笑してしまった。

ロンドンのパルは「私は兵庫のあなたとも大阪のあなたの友達とも
仲良くなれたから、多分、関西圏と仲良くなれるタイプね」と
言っていたけれど…
私たちは岡山出身ですから!

アメリカ人作家の彼は東京近郊からあまり遠くへ行かないイメージで
(きっと私より東京に詳しい)
中国地方や関西地方にも来ないのだろうなと思っていたら、
どうやら冬にまた来日するそうです!
「四国へ行きます!」と。
だから、「途中でメイさん一家に会いたい」と。
あちらも家族で旅行されるようなので、
私もついに、いつも素敵な本を紹介してくれている
本好きの奥さんに会える~!
「いつも本の紹介ありがとう~!」とか言わなくては。
手土産は奥田英郎の英訳本でも…とすでに手土産まで考えたり。

海外のパルたちに「夏の予定は?」と聞かれ、
「冬にメル友とついに一家で対面!」とすでに冬の予定を語る。
夏の予定は、ピアノリサイタルをするこどもたちのピアノの先生の
リサイタルを久しぶりに聴きに行く!
子どもたちも興奮!!「電車?!電車?!」と…そこじゃない。
会いに行くときは本を持参して、サインしてもらいます!と
すでにメールで宣言済み。
冬の予定がすでにできた。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

手ぬぐいで手品

手拭いを買った。
あれ?前に買ったのはいつだったかしら?と調べると去年。
やっぱり例年、こどもたちが手拭いを各自2枚ずつほど持参する夏になると
「手拭いが足りない!」と言っているようです。

bitter-chocolate3.hatenablog.com

枚数的にはたくさんあるはずなのに、
そういえば、あの柄の手ぬぐいを最近見かけない。
誰か知らない?と子どもたちや夫に聞いてみた。
誰も知らない、というので
手ぬぐいが大量になくなったと思い、新しい手ぬぐいを買った。

その数日後、花子が「手品しますー」と。
タネがバレバレのカード手品は結構です、と断ったら
「使うのはカードではなく、手ぬぐいです!」という。
手拭いを使った手品?とちょっと興味を持ち、見てみた。

まずは、パンパンにつまった花子のポケット。
タネも仕掛けもすでに見えてそうな予感でいっぱいだけれど…
その片方のポケットから出したのは
「今日、学校に持って行った手ぬぐい!」と2枚の手ぬぐいが出てくる。
でも、まだポケットはパンパン。
「ここで、ポケットを叩くと~、あら不思議!」と
なーんの不思議もなくパンパンだったポケットからでてきたのは
手ぬぐい2枚。。。
そして、もう片方からも2枚…
学校に4枚(二日分)も手ぬぐい持ち帰るの忘れていたわけ?!と
呆れて眩暈がした。
「あっ、大丈夫!机の右側に掛けている手提げは汚れ物入れにしていて
そこに全部入れていただけだから。」と、
「安心してください」という風に言われた。
6年生…ですよね?
汚れものは手提げに入れて、いっぱいになったら持ち帰るのが
クラスで流行っているの?と聞くと、
「花子が考えたの!」と自慢げに言われた。
もうどこから突っ込めばいいのかわからないけれど、頭痛がする。

その次の日、同じ手品が次郎からも披露され、
手ぬぐい4枚戻ってくる。。。

もうやだ、この子たち…と思っていたら、
夫が大量にペットボトルを持ち帰った。
夫は水筒を会社に持っていったら必ず忘れて帰る、という特技があるので
夏はペットボトルにお茶を入れて凍らせて持参。
そのペットボトル、もちろん会社に忘れて帰っていたのを…
どさっと10本ほど持ち帰ってきた。
デジャヴ?すでに同じような光景をもう2回見た気がする…
DNAだよ、これ!!と脱力。