読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

『最後の恋のはじめ方』

海外ドラマ・映画

またまたケーブルTVで観た映画、

最後の恋のはじめ方』、ウィル・スミス主演。

ウィル・スミスの映画はほとんどといっていいほど観ているけれど、

これは軽いラブコメというジャンルになるのかしら?

とにかく軽いけれど、各所で笑える。

ある出演男性に目が釘付け、私もきっと恋に落ちる!

今度から、タイプの男性を聞かれたら彼の名前を答えようと

メモしてしまったほど。

『バーン・ノーティス』の主演男優、ジェフリー・ドノヴァンではない。

ウィル・スミスでもない。

彼の名はケヴィン・ジェームズ。

多分、名前でピンとくる人は一人もいないだろうけれど、

なんだか素敵~!とウィル・スミスより私にはかっこよく見えてしまった。

最後の恋のはじめ方』も映画館で観ることはおすすめしないけれど、

レンタルDVDで観るには十分な映画、という気がする。

くすっと笑えて、アハハハと笑えて、じーん…まではいかないけれど

全体的にコメディタッチでウィル・スミスにぴったり。

ストーリーはデートドクターという女性との出会いのきっかけを作る

ヒッチ(ウィル・スミス)にアルバート(ケヴィン・ジェームズ)が

セレブの女性との出会いを希望したことから始まる。

いかにもセレブ!といかにもドジな男性!というステレオタイプながら

ドジな男性役、つまりケヴィンの演技によりなんだか癒される~。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村