読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

スイスのモンスターペアレンツ?

スイスのパルから手紙が来た。

前回、私は「モンスターペアレンツ」について書いた。

子どもたちが小学校に入る前、モンスターペアレンツって、

どんなものなのかしら?とその遭遇にドキドキした。

実際は、滅多に「どっひゃ~!!」な話は聞かない。

それでも、たまに「我慢できなくて。学校に抗議した!」

という話を聞く。

それらは「そりゃ、抗議に行くべきだわ。」

と納得のものばかりだったりする。

例えば、ケガをしたので迎えに来て受診するようにと言われ

病院に連れていくと「なんで救急車で来なかった!!」と

医者から怒られるレベルだったとか、

ちょっとした擦り傷でお迎え要請がきたとか…

???というところは多少ある。

そして、そういう保護者の怒りへの対応がまたお粗末で

モンスターペアレンツはモンスター教師が作り出しているんだよ、

と思わずにはいられない。

そんな話をスイスのパルにしたところ、

「日本ではそれでモンスターペアレンツなの?じゃあ、私も

スイスのモンスターペアレンツだわ!」と。

例えば、彼女の娘ちゃんはお勉強がよくできたので、

小学生時代、いつも勉強が苦手な子に教える、

先生のアシスタントのようなことをさせられていたらしい。

娘ちゃんはそれが嫌で学校に行きたがらなくなり、

パルは学校にテストを受けさせたい、と言ってテストを受けたらしい。

そして、彼女の娘ちゃんは見事、飛び級したとさ。

どっひゃ~!!

彼女の息子くんの先生はアルコールの臭いをぷんぷんさせて、

あまりにもひどくて、

そのときもパルの夫が学校に抗議に行ったとか。

それは、行くわな…。

パルの子供時代、(今から30年ほど前)は、

「スイスの教育は素晴らしい!」なんて言われていたのに、

いまとなっては…とぼやいていた。

私が子どもの担任の言動にぼやいたとき、

現役小学校教諭のママさんが言った。

「諦めるか育てるか、よ。」と。

・・・そんな2者択一、どっちも無理。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村