読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

女性への褒め言葉

1500キロドライブしてディズニーランドまで旅行に行っていた

アメリカのパルが帰宅と同時に入院していたことをfacebookで知った。

・・・何度目?とパターン化している気がするほど。

つい頑張ってしまって、あとからどっと疲れが出ているのが彼女のパターン。

今回の入院は2週間だったけれども、食事ができず10キロほど痩せたらしい。

退院してからも、病院受診回数が多く、

家よりも病院のほうが長いような生活をしているらしい。

「大丈夫なの?」とメールをちょっと送ってみたところ、

「半快(全快の半分)というところ。」と。

あなたの近況は?と聞かれ、末っ子が4歳になったことを話した。

4歳…もう赤ちゃんじゃない、とさみしい。

彼女は、「わかるわ~、うちの"little boy"も大きくなるのがさみしい」と。

彼女のLittle boyはもう9歳ですけれど。

フランスのパルも末っ子は10歳きても、"my baby!"だし、

いくつになっても末っ子は赤ちゃんです。

何歳まで"baby" だとか"little"をつけれるのか悩むところです。

それと、散髪をしました!と画像を送った。

彼女はいつも「新しいヘアスタイル!」と写真を送ってくれていたけれど

いつも同じ変わり映えしない私は送ってなかったのですが、

今回はバッサリ切ったので。

もう各種、”fresh"だとか"young"だと言われてね…

まだ若いつもりなんですけれど、と愚痴りつつ。

彼女は”Your hair looks so cute!! You go girl!!"と

”かわいい髪型ね~”(Your hair looks so cute.)というのはわかる。

"You go girl."???初めて聞くフレーズ、しかも意味不明。

こういうときは、これでワンセットの何かなのよね~と検索。

You go girl!の言われ始めは諸説あるようですが、

それは置いといて、使われ方は女性から女性に、

「がんばれ!」「やったね!」「やるじゃん」「いけいけ~」

といったニュアンスに日本語でなるようです。

私に言われた場合は状況からして、

「やるじゃん!」とか「ヒューヒュー」みたいなニュアンス?

これが男性にだと、「You are the man!」(よっ!男の中の男!)

といった言い方になる。

この”You are the man!"は解説なくても、「男らしい!」的な

意味でとるのだろうなぁというのは、前に言われたときに思った。

ええ、私、言われましたよ。

え~っと、アメリカに~、カナダに~、覚えてないほど数名から。

「You are the man!」と。(よっ!大将!かっこいい!)

という褒め言葉的に。

最近の日本語に訳すなら、「惚れてまうやろー!」が適切かと。

"You go girl!" 機会があれば、使ってみたい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村