読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

新しい友達を作る

コロラドのパルに日本在住のアメリカ人を紹介した。

同じアメリカ人なら、質問もしやすいし、

回答も的を射るはず、と。

「彼女はとてもフレンドリーで、すごく親切だった。

いつでも連絡してって言ってくれたわ。

日本を楽しんでいたわよ」と。

自分の国以外で生活するということについて、

ロンドンのパルや日本在住のアメリカ人のパルや

コロラドのパルと話して、

「孤独が問題なのよ」という話になった。

文化や言語も大きいけれど、

話せる友達がすぐ近くにいないっていうことが寂しい、と

日本在住のパルも言ったらしい。

同じ話をロンドンのパルのアメリカ人婚約者も言っていた。

彼は半分イギリス人、半分アメリカ人で、

大学卒業までアメリカだけれど、

アメリカではイギリスについてからかわれ

イギリスではアメリカ的すぎる、と言われて

「3年イギリスにいて友達ができない!」と落ち込んでいた。

見知らぬところで、話の合う人を1から探す、

それはもう大変だろうと私も思う。

私も3年ほど振り返って、さぁ、3年以内にできた友達、

なんて聞かれてもいないかもしれない。(ママ友除く)

それは外国だからということではなく、

自国にいても大人になって友達つくるのは難しいわよ~と

私とロンドンのパルは思うのだけれど、

彼女のアメリカ人婚約者は凹んでいた。

そんな彼の誕生日プレゼントに最高難易度のパズルを送った。

ショッピングセンターを買い物中にこどもたちが、

「これはロンドンのジョン(ロンドンのパルの婚約者)も無理やで!」

と持ってきたもので、誕生日に送ることにした。

「あなたの友人として、誕生日プレゼントを贈るわ。

私たち、家族全員、5人、あなたの友達よ~」と。

ロンドンのパルから「すーっごい喜んでいた!」と

メールがきて、

彼からも「ありがとう!!」と喜んでもらえた。

たくさんの友人を作ることは無理かもしれない。

でも、数少ない友人と深く濃く語り合うことができたら、

それは有意義な人生になると思う。

日本在住のアメリカのパルにも、

「寂しいなら、時差がないんだから、Lineでも電話でもして!」と

私もメッセージを送ろうと思う。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村