読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

日本紹介本

海外文通をしていると、本当によく

「・・・それ違う!」という思い違いの日本文化に遭遇する。

つい最近もニュージーランドのパルに

「そういえば、あなたは毎日着物を着るのよね?」と聞かれ、

絶句してしまった。

そこから?!

もしや、うちの夫はちょんまげしてると思ってる?

刀を差してると?

いえいえ、うちの夫の家系は武士ではなく林業を生業にしていたようで

江戸時代には足軽だったそうで…という詳細な説明をするべきか。

「いつの時代やねん!」という軽い突込みで終わるべきか。

自らの質問を投げかけてくるパルもいれば、

「日本に関する本を読んだんだけれど、これって本当?」と

聞くパルもいる。

何度も聞いたのが、『さゆり』アーサー・ゴールデンや

その他もろもろ、あちこちの国で出版されている日本文化紹介の本。

どれもこれも、パルたちから感想を聞くだけで「おいおい…」というものが多い。

それらは著者の文化、アメリカ人ならアメリカ文化で、

フランス人ならフランス文化経由での日本文化論であって、

違和感を感じる。

いまだかつて、「素晴らしく日本文化を的確にとらえている!」とは

思った試しがない、といつも散々にけなしていると、

「じゃあ、メイがその”素晴らしく的確に日本文化を紹介している本”を

紹介しなさい!」と本好きのパルたちから何度も聞かれた。

英語やそのほかの言語でも出版されているような日本文化の本?

え~っと…といろいろ調べ、

最近は、『英国一家 日本を食べる』を紹介していた。

自分も読んでないのに、日本でも海外でも評判がいいらしいよ~と。

英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)
(2013/04/09)
マイケル・ブース

商品詳細を見る

いつか読みたいな~と思っていたら、図書館で出会い、

これだ!!と借りて読んだ。

築地市場城崎温泉に和牛に…よだれたらたら、

「いいなぁ~」と目はうつろになりながら読み終わった。

これは、かなり素敵な日本の紹介本になると思う。

私も東京観光を一緒にした気分。イギリス人男性に東京を

教えてもらう日本人…という滑稽な面白さで読めた。

読んでから気づいたけれど、私が読んだのは続編でした。

英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)
(2014/05/17)
マイケル・ブース

商品詳細を見る

前作も読みたい!と思えるものでした。

それにしても、城崎でも一番の高級旅館で夕食だなんて…

いいなぁ~。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村