読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

アメリカ人にアメリカ人を紹介する

コロラドのパルから衝撃的なメールがきた。

彼女の同僚の地理の先生が日本で働いていたらしいけれど、

日本で外国人はPestsのように扱われる、って言っているらしい。

本当?と。

pestsって、ペスト菌

黒死病よね?中世に流行った病気でしょ?

日本人が、外国人=黒死病!って思っているかって?

ペスト=黒死病って、思う人がそもそも、

そんなに多くいるかしら?

私は”Pests"なんて単語を見ても、

ペスト菌って、どんな病気だっけ?と思った程度。

日本では1925年を最後に確認されてないようですが、

アフリカ、アジア、アメリカなどでこの15年間に2万人発症、

へぇ~ほぉ~と調べて気づく。

ペスト菌はPestis,Pestsは害虫でした。

話を戻して、「日本で外国人はどのように扱われるの?」と

コロラドのパルが聞いてきた。

何人か日本での感想を聞いたことがある。

日本の私立大学でフランス語を教えていたモロッコ人男性は

日本はフランスよりもイスラム教っていうだけで

変な偏見にさらされることもなく過ごしやすい。

日本で宗教差別なんて、全くなかった。

僕はパリと岡山のどっちかに暮らすなら、岡山を選ぶね!と

言っていたし、

(一番は母国、モロッコだけれど!とモロッコ在住中)

東北で英語の先生をしているアメリカのパルは、

「アメリカに帰りたくない」と。

ロンドンのパルは「日本ではすーっごいジロジロ見られる」と

日本滞在中、何度も言っていた。

他人をジロジロ見ないとは一応、わかっているのに

つい物珍しさで見てしまうんだろうなぁ。

彼女と彼女のアメリカ人婚約者と私の3人で歩いていたら

何度も振り向いてまで見られた。

"See,I told you so." (ほら、言ったでしょ。)と

ロンドンのパルに言われて、

「あら、私たちが美人過ぎて振り向きたくなるだけよ。」と返したら、

”Indeed! You are beautiful!" (確かに、美人だよ。)

と彼女の婚約者が言っていた。

彼のYouに私は入ってなかったな。あぁ、熱い、熱い。

そんな中、東北在住のアメリカ人のパルが

「日本人って、日本語のできるアメリカ人よりも

日本語のわからないアジア人と好んで会話するのよね。」

と言われた。

そんなアメリカのパルが「これよこれ!私が言いたいことは!」と

紹介してくれたビデオ。

夫と爆笑してしまったけれど、何度かこういう話聞いたわ…。

「日本語で聞いても英語で返ってくる!」と。

英語学習中で英語を使いたいから?と思ったら、

そうではなく、日本語で質問しているのに

「I cannot speak English.」(英語わかりません~)

と返ってくるらしい。

コロラドのパルの質問は日本人の私が回答するより、

東北在住のアメリカのパルに聞いたほうがいいかも、と思い

東北在住のアメリカ人パルにその話をすると、いいよー

ということで、

コロラドのパルに東北のパルのメールアドレスを伝えた。

アメリカ人にアメリカ人を紹介するのは初めてかもしれない。

しかも、仲介者は日本人。

アメリカ人同士でどんなメールになるのか、ちょっと興味がある。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村