読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

コスタリカから書留

 

コスタリカのパルから書留が来た。

中からでてきたのは、これ。

f:id:bitter-chocolate3:20170216192001j:image

コスタリカのマグネット。

娘の花子がコスタリカの鳥図鑑がすごいお気に入りなのよ~

と手紙で伝えたら、

花子へ、とオウムのポストカードも。

オウムのポストカードは花子の読書のおとも、しおりとして

すでに活躍中。

鳥の図鑑がそういえば本棚にない…と思ったら、

花子が寝る前の読書にと鳥の図鑑は枕元に置いているのを発見。

そんなに鳥の図鑑が好きだったとは。

 

「マグネット集めてます!」とは言っていないのに

気が付くと集まる。

我が家は観光地に行かないので、

日本でのマグネットは一切ないのに各国のマグネットが冷蔵庫に

貼ってあり(風水的にはアウト!らしいけれど)

「こんなに海外旅行を?!」と冷蔵庫を見た人に驚かれる。

いえ、行ってません…。

 

宝くじが当たったら…と夫と話していた。

コスタリカブームの娘の花子はコスタリカに行きたいらしい。

私はケバブかピザかジェラートか、ベルギーチョコも捨てがたい…と

観光地名ではなく食べ物しかでてこない。

アルジェリアのパルも毎日のように手作りスイーツの画像を

私に送りつけてくるし、

イランのパルもパン教室に通い始めて、かなり腕を上げているし…と

やっぱり食べ物で悩んでいると、

6歳の末っ子が「俺はトウジ」と。

はい?トウジ?なにそれ?杜氏?お酒作るの?と聞くと、

「温泉から出ないってこと」と。

湯治!?6歳で?渋すぎる…と驚いた。

宝くじが当たったら各地の温泉地で湯治をしたいらしい。

地味だけれど、6歳にしては渋すぎるけれど、湯治も確かに素敵。

 

 

 


にほんブログ村