読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

園に慣れる方法

サウスカロライナ州のパルの息子君もそろそろ幼稚園。

幼稚園に泣きながら通園する太郎の話を私が

しょっちゅうしていたので、

「どうやって、園に慣らせたの?」と手紙の中で聞かれた。

結論から言いますと…慣れませんでした~。

ほぼ3年間、毎朝、泣きながら登園。

テンション上げて行こう!とシャナイア・トゥエインの

UPという曲を車の中で流して歌いながら

あげあげ気分で登園、という親心も意味なく、

休日でもUPがかかっただけで、泣き出す息子が完成しただけだった。

卒園式の後に息子に「感想は?」とインタビューしたら、

「もう行かなくていいの?!」とお目々キラキラで聞かれた。

私の努力は徒労だった…と思い知った。

それでも、息子なりに園を満喫していたようで、

「今日はゆみちゃんから、結婚して!って言われてました~」

「今日は、まみちゃんから、結婚して!って迫られてました~」

と先生から連日、プロポーズを受けた話を聞いた。

それはもう年上からも年下からも

もちろんクラスメートからも…

太郎のモテ期、いま?!と思うほどにモテていた。

「今日も、太郎君はプロポーズを受けてました」と先生から聞き、

結婚の約束には迂闊に「いいよ」とか言わないように、と

4歳児にアドバイスしたところ、

「みんなかわいくて、僕、一人なんて選べない…」と

言う息子にどこのプレイボーイ?!と絶句したり。

私が園に迎えに行くと、楽しそうに遊んでいるのに

私を認識した瞬間にへたりこんで、楽しくないアピールを始めたり、

「よっ、大根役者!」といつも息子を呼んでいた。

ちなみに、英語では大根役者をham actorという。

そんな太郎だったので、私からのアドバイスとしては…

特になし!

成功してませんから、あははは~と笑うしかない。

そんな息子も小学校は文句言わずに通っている。


にほんブログ村