読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

イギリスのパルおすすめの本

イギリスの友人に紹介した『英国人一家、日本を食べる』

英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)
(2013/04/09)
マイケル・ブース

商品詳細を見る

イギリスのパルにとっても好評だった。

彼女が言うには、イギリス人らしいユーモアが各所に散りばめられていて、

英国人の日本への偏見も本当にそのまま描かれていた、と。

「あなたが紹介した本は本当に素晴らしくて、私もいま友達に紹介してるわよ!」と。

英国人一家のブームは私の中ではすでに過ぎて、

実はいま”米国人一家”の本を読みたいのよ~という話をした。

そのときは、”米国人一家”の本が本屋にもない!Amazonでも手に入らない…という

状況で、そのことを話すと、

「アマゾンUKでは、売ってるわよ。もちろん英語版で」とからかわれました…。

その米国人一家、ついに手に入れました~!

米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす
(2014/06/03)
マシュー・アムスター=バートン

商品詳細を見る

手に入れて、ちょっと満足していて、まだ読めてません…という話をしたら、

彼女がおすすめの本と教えてくれたのが、こちら。

出ない順 試験に出ない英単語 実践篇出ない順 試験に出ない英単語 実践篇
(2013/08/10)
中山

商品詳細を見る

レビューでも「下ネタ」と書かれているこの本…と絶句していると、

「爆笑!使えないけれど、笑える!」と。彼女はこの本を読んだらしい。

イギリス人に爆笑の英単語の本、しかも使う機会はあるような、ないような。

・・・試されるわ~、いろいろと。

イギリスのドラマはケーブルTVでもあまり流れていないけれど、

先日、『ブラウン神父』(原題もそのまま:Father Brown)を見たわよ~と話したら、

本が原作らしい。

面白かったなら、きっとこれも面白い!と彼女が紹介してくれたのが

"Cadfael" 中世の修道士が殺人事件を解決するシリーズらしい。

アマゾンで探したら邦訳も出てた!

聖女の遺骨求む ―修道士カドフェルシリーズ(1) (光文社文庫)聖女の遺骨求む ―修道士カドフェルシリーズ(1) (光文社文庫)
(2003/03/12)
エリス ピーターズ

商品詳細を見る

ミステリーか…どうもミステリーにはあまり乗り気になれないけれども、

ちょっと読んでみようかな。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村