読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

成績

カレッジや大学を卒業したパルたちから、

続々と卒業時の成績についての連絡が来るようになった。

私は全く知らなかったのだけれど、

カナダやイギリスでは卒業時にも成績がつくようで、

スペインのパルは " First Class Honours"と

彼女の名前がタイプされたチケットのようなものを見せてくれた。

同じくロンドンのパルも卒業、「2.1をとったわよ!」と。

バカ殿のように、「2.1…?はい?なんだって?」という顔で

聞き返してしまった。

イギリスではFirst,2.1,2.2,2.3,3.1 3.2 となるようで、

3.3より下は卒業不可のようです。

2.1はFirstに次ぐ成績ということで、

「おめでとう~!!」

コロラド州のパルの娘ちゃんも成績優秀で表彰状をもらったのよ!と

表彰状を見せてもらった。

おぉ~、素晴らしい!

そして、聞かれる。

「そろそろでしょ?あなたのところの子どもたちの成績表も。

結果を楽しみにしているわよ~!」と。

成績表、出ましたよ。

私もかなり期待していました。

小4の娘の社会や理科のテストなんて100点しか見たことないくらいで

国語の漢字テストはあまりのひどさに火を吹いたり、

雷落とそうとしたり。

そんな国語は置いといて…ほかを期待したものの

すべて可もなく不可もなくだった。

あれ?相対評価の時代は終わって絶対評価よね?

絶対評価の基準ってどこ???と思ったものの

最近は”意欲”が評価されるようで、

「授業中の積極的な挙手が成績向上への道よ」とママ友に教えられる。

我が家の子どもたち、参観日で「わかる人~?」と先生に聞かれると、

突然、ノートを取り出す娘と出来ているのに検算を繰り返す息子、

ええ、”挙手”とか先生が評価する”意欲”はほど遠い…。

2学期に期待。


にほんブログ村