ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

ピアノ

ピアノと勉強は似ている

6歳前後からピアノをこどもたちに習い事としてさせてきた。発表会ではどんな曲を弾くの?と聞く海外のパルたちに花子の発表会の楽譜をwhatsapp(LINEのようなもの)で見せると「こんな曲を弾けるの?!」と驚かれたりもした。(花子のピアノレベルは日本で熱…

コンサートへ

今年も夏のクラッシックコンサートにピアノの先生が出演されるので大阪へ聴きに行ってきた。前回の教訓から花束は自宅近くのお気に入りの花屋さんで注文した。 田舎の強みはこれよ!と言いたくなるような、立派な花束にしてもらえた。 同じ金額なのに2倍の大…

コンクール?

先週のピアノレッスンのときに、「来年、次郎君はコンクール受けるから」と先生から宣告された。受けてみる?とかではないんですね…。決定事項ですか…。 花子も春にコンクールのお誘いを受けたけれど、本人に聞いてみたところ、「ピアノは個人で楽しみたい。…

量だよ量!

最近、お気に入りyoutube動画がある。マッチョなピアニスト、フォルテさんのToutube動画。お気に入りはリストのラ・カンパネラに挑戦し、練習の必要時間はどのくらいかを測ったもの。 www.youtube.comフォルテさんはラ・カンパネラを高校時代に一度、弾いた…

大人の階段のぼった?

中1の花子、テスト期間中もピアノを弾き続け…といえば、聞こえはいいけれど、15分ほどのピアノ練習なので弾けなくならない程度に弾くというレベルで上達とは程遠い…と思っていたけれど、ついに!ついに!モーツアルトのソナタを終わった。モーツアルトっ…

ピアノ8年目

花子がピアノを始めて、8年目くらい。(途中、私の出産でお休みが2年ほどあったので)太郎は5年目、次郎は3年目。 ピアノを始めたばかりの頃、勉強を教えていても全く怒らなかった私がことピアノに関しては鬼になる、と夫に言われた。こどもたちにも何度も、…

発表会終了!

ピアノ発表会が終わった…。 末っ子の次郎、「練習をしたくない!」と発表会2週間前に言い出し、「なんで練習をしないといけないわけ?」と聞き、我慢できる練習量が限界に達したようで、「僕はもうこんな家を出ます!」と言い出した。ほぉ、どこまで行かれま…

『7つの習慣』

なぜか卒業式の前日に我が家に回ってきた本がある。『7つの習慣』 まんがでわかる 7つの習慣 作者: フランクリン・コヴィー・ジャパン 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2013/10/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (27件) を見る 私が中学生?のころ…

連弾恐怖症

発表会までもう少し。またもや寝ても覚めてもピアノ状態。「ピアノって、もっと優雅な習いごとだと思っていた…」と夫につぶやかれてもなんのそので、私の罵詈雑言が飛ぶ中、こどもたちがピアノを弾く日々。スポーツ少年団のコーチも最近はもっと優しかろうに…

発表会が近づいてきた!

今年も近づいてきたピアノ発表会。計画を立てるとか段取りをすることは結構得意なハズの私なのにことピアノ発表会に関しては、毎回、最後の最後までドタバタして「こどもたちが演奏しているときはトイレに籠りたい」と半分本気で毎年思う。 我が家のこどもた…

乙女の祈り?

花子の発表会の曲、すごい。なにがすごいって…選曲ミスった?と思ってしまうくらいすごい。今年は”乙女の祈り”を弾きます! 牛田くんの乙女の祈りもいいけれど、 www.youtube.com 花子の場合はまず弾く前に「よし、弾くぞ!!」と気合を入れて自分の顔を叩く…

音楽を聴きたい!

こどもたちの小学校の音が苦会もとい音楽会???から帰ってからちゃんとした音楽を聴きたい~!!という渇望に苛まれクラシック音楽を聴き続けている。 音が苦会、本当にひどかった…。選曲もミスっていた気がするし、練習不足も感じた。楽器の見本市ではな…

今年もピアノの季節!

今年もピアノ発表会の季節がやってきた!例年より順調に我が家のこどもたちのピアノ練習も進んでいまして、ちょっと今年は余裕ではないかしら、おほほほ…と思っていた。 花子は3か月でほぼ弾けるようになり、残りの3か月は完成度を高める!のだろうと思って…

連弾にため息

"Oh dear! That doesn't sound promising."(あら、ま!それって、見込みなさそうじゃん。)と、ロンドンのパルに言われちゃった。。。 話題は、ピアノですよ、ピアノ…。はぁ…とため息つきながら語ってしまう。友人にも「ちょっと聞いて」と電話で語ろうと電…

『四月は君の嘘』

『四月は君の嘘』を5巻まで買って読んだ。(全11巻) 四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス) 作者: 新川直司 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/12/07 メディア: Kindle版 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 続きが気にな…

調律の日!

年に一度の調律の日!我が家もすでにアップライトピアノと調律師さんと8年目のおつきあいだった。傷があちこちできてきたピアノ、それというのも夫がものをよくピアノに当てる。半分本気で、「次に傷付けたらグランドピアノ買うから!」と夫に言ったところ、…

有名な曲のジレンマ

ピアノの発表会で有名な曲を弾きたがる人がいる。エリーゼのために、トルコ行進曲、キラキラ星変奏曲、子犬のワルツ、華麗なる大円舞曲…こういう曲を先生に渡されると「キャー!!」と歓声をあげる人もいるらしいけれど、私は「げぇ…」と口には出さないけれ…

お気に入りのピアニストのおじいさん

ピアノの発表会で必ずショパンを弾く男の子がいた。子犬のワルツから始まって、4年ほどずーっとショパン。先生に「どうしてあの男の子はショパンばかりなんですか?」とつい聞くと、「彼がショパンを弾きたいのよ。ショパン一筋なの!」と。ほぉ…そういうも…

祝!ブルグミュラー卒業

花子、ブルグミュラー25を合格した!ついに!これまでにも発表会で弾いた曲が3曲ほどあったり、春休みで練習もどんどんできて一度に3曲合格なんていう週もあり、ほぼ6か月で終了。 ガンガン弾くのが得意な花子、ブルグミュラーの中でもガンガン弾くタランテ…

音楽の脳への影響

音楽を演奏することは脳にいいのよ~とこどもたちのピアノの先生が紹介してくれた記事。 gigazine.net 記事によると、音楽を聴くと驚くほど広範囲で脳が活性化している、と。そして、演奏することは右脳と左脳をつなぐ脳梁を鍛え、右脳と左脳両方の役割をス…

一家で室内楽鑑賞

室内楽を聴きに一家で大阪へ行ってきた。小学生になった子どもたちと夫は初のクラシック音楽の生演奏を聴く。こどもたちのピアノの先生も出演者として登場するのできちんとした格好で…って、どんなの?と調べて、私と娘はワンピース。息子と夫も着なれないよ…

先生とピアノと

アメリカの小学生のこどもが3人いるママと話していて「どんな先生が理想?」という話になった。彼女の娘ちゃん、学校で成績優秀の表彰を去年、受けた。先生がこどもの関心を引き出した、と彼女は言い、「あなたの理想の先生は?」と。 うーん…いまのところお…

ピアノで感無量

まだまだ順調に進んでいるピアノ。いままでの進度の2,3倍。やっぱりピアノは練習量がものをいうんだなぁ~と改めて思う。音大出のママさんがピアノのうまい小学生を見ると、「頑張っているわね~、ママ」と思う、と言っていて激しく同意してしまった。水泳…

バッハ

こどもたちのピアノバブル、依然続いている。去年一年分の練習量をすでに今年は超えた気がする。発表会後、猛烈に練習し、どんどんと合格していた次郎も今は少し落ち着いた。次郎はどうやら、あと数曲でピアノの教本が終わる=ピアノ卒業!!と思っていたら…

過熱するピアノ

ここ1週間ほど海外のパルたちへ手紙を書いてなかったことに気づいた。ペン字のほうも最近はできておらず、それでは一体、なにをやっていたかというと、1にピアノ、2にピアノ、3,4がなくて5にピアノ。ついでに6も7も8もピアノ…。発表会は来年で、コン…

通訳がいる…

我が家、いまだピアノバブルがはじけておらず、こどもたちがすごい勢いで合格していく。バイエルの前半は早くて一週間で1曲合格だったというのに後半になってのまさかのアクセル全開で週に3,4曲合格。…どういうこと?!と先生と口あんぐり。なんだかわから…

「エリーゼのために」

誰もが知っている有名なピアノの曲、エリーゼのために。我が家でもよく話題に上る。主にこどもたちの字が汚いとき。”エリーゼのために”というタイトルで有名になっているけれど、ベートーベンの字が汚すぎて長年、”エリーゼ”だといわれてきたのが実は”テレー…

グランドピアノ購入!

「前から欲しかったグランドピアノをついに買っちゃいました!」 と、夫に朝から言ってみる。「えぇ~!!」「本当に?」「うそ~!」というこどもたちとは反対に「今年のエイプリルフールは雑やなぁ。」と夫に呆れられた。 友人たちにも同じグランドピアノ…

バブル中

現在、我が家はバブル中。なんだか感覚が麻痺している。ピアノの発表会が終わったけれど、ピアノ練習時間があまり減らない。こどもたちのピアノの先生は、2,3段階上のレベルの曲を発表会の時には渡してくれる。今回の花子の曲はフラットが4つ、ついてい…

達成感!

ピアノ発表会が終わった。今年は、いままでで一番よかったかも!!と思える完成度になった。前日に次郎が薬指をドアに挟み、右手薬指が紫色になり腫れたりしつつ無事、三人とも弾けた。次郎は紫色の薬指で健闘、太郎も早く弾きすぎて指が回らなくなり自滅…と…