ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

場違い

「場違いだ!」と気づいたような場に行ってしまったこと、みなさん、それぞれ幾度かはあるだろう。 私の最初の”場違い”は大学時代に中国人の友人に招待されてホイホイ行った”中国人の友人たちによる内輪の旧正月を祝う会”。中国人の文化も知れるし、中国語も…

理解が追い付かないこと

息子たちの通う公立中学校で校則が大幅に緩和されるらしい。靴は何色でもいい!靴下も何色でもいい!髪型だってかなり自由に…となるらしい、と息子たちが全校集会で聞いたようで、報告してくれた。 それからイライラ、もやもやしている。娘が中学生の時、ブ…

"Seven Days Of You"

ロンドンのパルが数年前に送ってくれた本をやっと読んだ。 Seven Days of You 作者:Vinesse, Cecilia Little, Brown Books for Young Readers Amazon 数年過ごした東京からアメリカへ戻ることになった女子高生の最後の7日間の物語。親友だと思っていた友達に…

曖昧な診断

フランスのパルが先月、パニック発作を起こした、という話を手紙で書いていた。パニック発作自体は10年以上前に経験があり、次はいつ来るのだろうかと思うと精神的にしんどいらしい。それ以外にも憂鬱さを感じたり、倦怠感を感じたり…と彼女が手紙に書いてい…

INTJ

テレビでMBTI診断の話がでてきて、8年前、やったことがあると思い出した。 bitter-chocolate3.hatenablog.com そのときは、領事だった。いまも同じなのかしら?とやってみると、建築家(INTJ-A)となる。 (INTJ-TからINTJ-Aになった)ちょっと控えめに回答し…

"A Good Yarn"

"A Good Yarn" A Good Yarn (A Blossom Street Book 2) (English Edition) 作者:Macomber, Debbie MIRA Amazon Blossom streetの毛糸屋シリーズ2作目!毛糸屋さんで集って編み物をしながら共通点のない女性たちが友情を育てていく、というストーリーは1作目…

学校評価アンケート

最近は学校評価アンケートというものがあって、多分、各学校で作成者が違うのだろうと思われる。この学校評価アンケートは記名式で、誰が正直な回答をするんだろうか、と思うことがある。学校にどの生徒の保護者が学校評価の平均値を下げている、って思われ…

大人の対応

www3.nhk.or.jp麻生さんが上川外相の外見について言及したことが話題になっている。正直、誰も麻生さんの失言に驚かないだろうけれど…と思っていた。しかし、その発言についてどう思うか?と上川外相が聞かれたとき、「いろいろな意見があると思う」という返…

ノンストップ英会話

インディアナ州のパルとビデオチャットをした。きっかけは彼女が「最近のドラマではよくビデオチャットしているけれど、私たちも挑戦しない?」と言い出したこと。・・・それ、私はいままで何度も言ったけれど!彼女は「ビデオチャットしようって言ったこと…

"The Kind Worth Killing"

"The Kind Worth Killing" The Kind Worth Killing (English Edition) 作者:Swanson, Peter Faber & Faber Amazon 読み始めるまでに躊躇したのはスリラーで読後感がいまひとつ、と聞いていたから。読み始めると、早朝から深夜まで読み、4日で読破。アメリカ…

男性作家の描く女性

アメリカ人作家の本を英語で読んでいた。すごく違和感があるわ~、と思いながら読んでいるとロンドンのパルからメッセージがきたので、「本の内容に引っかかることがあって、言ってもいい?プライベートなことかもしれないけれど、聞いてもいい?」と確認を…

リーダーの真価

ロンドンのパルからメッセージが来た。「富士通の郵便局のスキャンダルを知っているか?」議会に富士通の社長(欧州担当の)が呼び出されたっていうところまでは知ってる、という話をした。 さて、富士通のイギリス郵便局でのスキャンダル、どれくらいの人が…

パーティー余波

パーティーの疲れから抜け出せない私、海外在住経験の長い年上女性にパーティー疲れを話した。自宅で親しい人を呼んで楽しく食事、と思ったのだけれどすごく疲れた上に、もやもやしたのよ、と。 パーティー慣れしていない日本人で、ホスト役の私も頑張りすぎ…

牛肉をフォンデュ?

日本人が海外の文化や風習を語っているとき、つい「本当なのかな?」と思ってしまう。その国のパルがいる場合、つい「これって本当?」と確認してしまう。私の友人1人が「本当よ」と言っただけで信用するのもどうかと思いつつ、そうか、本当なのか、と納得す…

しんどいホスト

今年のお正月は出歩かず、帰省もせず、畑仕事をしていた。 そんなとき、ママ友から新年会をしないかと誘われた。ただ、夕方以降はなかなか都合がつかないので、それならお昼にどう?という話になり、彼女のおすすめのお酒と私のお気に入りのお酒で試飲会~!…

"The Silent Patient"

"The Silent Patient" The Silent Patient: The record-breaking, multimillion copy Sunday Times bestselling thriller and TikTok sensation (English Edition) 作者:Michaelides, Alex Orion Amazon 夫の殺人容疑で逮捕された画家のアリシアは逮捕以降、…

今年読んだ和書

2023年も残り少なくなり、今年のおすすめの本を紹介する動画が流れるようになってきた。そうか、もう年末なのか…。私も今年の読書冊数を数えてみた。kindleに洋書に和書に…漫画の量に血の気が引いた。。。もう途中で数えるのをやめてしまったけれど、ざっと1…

新しい世界

こどもの発想は面白い!我が家の末っ子は自衛艦が大好きで、艦隊カレンダーを購入したり、自衛隊の雑誌を購入するほどで、自衛艦を上から見るだけで、「これはいま〇〇に停泊中」と言ったりしていた。そんな息子はミサイル迎撃システムを云々と将来の夢を語…

"The Switch"

英語圏で本屋をしている知り合いからもらった本、まさかの私がすでに持っていた本だった!「やっちゃった!!」という顔を彼はしていたけれど、私は”センス、上がった!私の好みの本を合ってきた!”と喜んでいたのだけれど、次の本はサイコっぽかった…あえて…

濡れレタス

いま読んでいる本はイギリス人作家の本。偏見の領域だろうけれど、「そんなことはないぞ!!」と思う人は多くいるだろうけれど…イギリス人作家の本は波に乗るまでに時間がかかる気がする…。耐えて…耐えて…としばらく耐える時間があって、それから怒涛の展開…

先生の呼び方

アイルランドの小学生と会話をした。完璧な日本語で。(両親は日本人とアイルランド人) 「メイちゃんは白い人なのね~」と言われる。いやいや…あなたのほうが白いでしょ?と聞くと、「ううん、私は黄色」と言う。どっからどう見ても、日本人の私が見る限り…

The Mostly True Story of Tanner &Louise

The Mostly True Story of Tanner & Louise (English Edition) 作者:Oakley, Colleen Berkley Amazon 80過ぎのおばあちゃんと21歳の大学をドロップアウトした若い女性とカリフォルニアを目指す世代の違う二人のドライブ旅行! っていうあらすじだと、どこか…

親切を選ぶ

ついに夫も発熱し、満を持してインフルエンザの検査をしたらまさかの陰性だった。3日連続でこどもたち(と私)の検査をした医師は私を見て「ご家族4人インフルエンザでご主人だけ陰性…はないでしょう」ということで”みなし陽性”になった。「ただ、ひとつ確…

猛威

久しぶりのインフルエンザはかなりきつかった。イナビルを吸入して半日程度で解熱したものの、検査を待つまで丸1日ほど、高熱に耐えていた。布団にくるまっても悪寒はあったけれど、関節痛が痛くて眠れないほどでも、のどが痛すぎて眠れないほどでもなくた…

バックハンド

ロンドンのパルに末っ子のオンラインの先生の話をした。過去に何度も話題にしたことのある”職人気質の数学の先生”。我が家では花子と次郎がお世話になっていて、理系の生徒向きの先生で、間違っても文系向きの先生ではないと思うので太郎の数学は別の先生に…

日本語、難しい!!

日本語、難しい!!と思うときが増えてきた。 イギリス人一家が我が家に滞在していたことは実はご近所さんに知られていたらしい。私がロンドンのパルと美容院に行っていたとき、夫はそのほかのメンバーで団地内の公園で遊んでいたので多くの人に目撃されてい…

”The Undomestic Goddess”と食器洗い

”The Undomestic Goddess”を読み終えた。 The Undomestic Goddess: A Novel (English Edition) 作者:Kinsella, Sophie The Dial Press Amazon ロンドンの一流法律事務所でパートナーに昇進間近だったサマンサがまさかのミスを犯してしまい、呆然自失のまま電…

3日連続で

すごい2週間だった…。始まりは高校生の花子のクラスでバタバタと欠席者が出たこと。「私の両隣も前も後ろも欠席。」という状態になったらしく、「花子ちゃん、すごい嫌われている人みたい!」と笑って言ったクラスメートが翌日に欠席…なんだ、その新手の怪…

伴奏

末っ子が合唱のピアノ伴奏をすることになった。5,6年前に花子もピアノ伴奏をしたことがあるけれど、そのときは一定のリズムで弾くことに苦戦した記憶しかない。それに比べて次郎のピアノは一定のリズムで花子が弾いた伴奏レベルまであっという間に到達し…

400万語超え

洋書を読み始めて3年目!こういうときに備忘録のようなブログは便利で、私の初読破の洋書は"The Rosie Project"。 The Rosie Project 作者:Simsion, Graeme Penguin Amazon 最初の1冊目の洋書はこれが読みやすい!というわけでは全くない!これは選んではい…